母が本当に好きだったのは義兄【エッチ体験談】

僕はその頃セックスに興味はあったけど彼女もいない童貞で、一人雑誌やビデオを見て処理をしていた。 
でもあの日まで、母を女として意識したことは無かった。
それが、あの日を境に母を女として見るようになり、自分のものにして最後は修羅場を味わうことになった。 
こんな話を人に聞いてもらっても何にもならないけど、独り言のつもりで書きます。 
書きながら少し脚色も入るかも知れませんが、ご容赦を。
僕が小学校に入学する少し前に母親が再婚した。 
母は当時28歳、義父は20歳くらい年上で、僕より5歳上の義兄もいました。

僕は父親の顔も知らなかったし一人っ子だったので、優しい父や兄が出来て嬉しかったことを憶えています。

それからは本当の家族のように楽しく生活を送り、僕も勉強に部活(水泳)に頑張っていました。 
義兄は大学生になり通学には少し遠過ぎるということでアパート住いになりましたが、ちょくちょく家には帰って来ていました。

僕が高二のある土曜日の事でした。 
一旦部活に行ったのですが、体調があまり良くなかったので部活を途中で切り上げ家に帰ってきた時の事です。
リビングのガラスのドアの向こうで義兄と母がセックスをしているのを見てしまったのです。

お互いが激しく腰を打ちつけ、唇を貪り、上になったり下になったり延々と快楽を求めていました。 
僕はその時の自分の感情を思い出せません。 
初めて見た生のセックス、それも母親のセックス…衝撃的でした。 

暫くして僕はその場を後にして、時間を潰してから家に戻りました。  
その時には義兄はテレビを見て、母は食事の仕度をしており普段と何も変わりませんでした。

その夜、僕は初めて母の裸を思い浮べながらオナリました。 
昼間の母の姿を思い出すと一度では治まりませんでした。  

あれは目の錯覚だったのだろうか、いやそんな事はない、いつから義兄と?、悶々とした一週間を過しました。 

次の土曜日も義父は仕事の日で、僕は義兄と母を置いて部活に出掛ける振りをしてこっそり戻りました。 
家に戻ってバレないか心配していたのですが、その心配はいりませんでした。 
僕が出掛けるとすぐにセックスを始めたようで、僕が引き返した時には二人とも夢中でお互いを愛撫していました。

母は当時40前、女として見ると本当に魅力的に見えました。 
義兄に取られて嫉妬心のようなものが涌いてきました。  
僕はセックスの経験は無かったけど二人の行為を見ていて、二人が愛し合っていること、それもかなり前からだと感じました。

僕は異常なのかも知れないけど、二人の行為の一部始終を見て、携帯写真を撮りながら母を取り返そうと考えていました。

それからの僕は、勉強にも部活にも身が入らず母のことばかり考えていました。 
母の寝室に入り下着や持ち物を物色したり、義兄の部屋を物色したりしましたが、義兄の部屋からはバイブとたくさんのコンドームを見つけました。

そして悶々と過していたある晩、僕は決行しました。 
その日は義父は出張、義兄も帰っていない日でした。 
僕は母にバイブとコンドームを見せて、
「母さん、これ使いたいんだけど」と言いました。
(結構勇気が要って、ドキドキでした)

母は見覚えのあるバイブを見て少し驚きながら、
「ユウ君、母さんに何をおかしなことを言うの?」
と最後は怒ったように言いました。
「僕、知ってるんだよ、見たんだよ、義兄さんとのこと」
母の顔色は変わり、狼狽していたが、
「ユウ君とは親子でしょ、親子の会話じゃないわ」
と言い返してきた。

僕は携帯の写真を見せながら言った。
「義兄さんは親子じゃないの? このままだったら僕は頭がおかしくなってしまう。」
携帯の写真がショックだったのか、それから母は泣くだけだった。
「泣かないで母さん、僕はお母さんが一番好きなんだ、お母さんと一緒の幸せを壊したくないんだ」
と言いながら僕は部屋に戻った。 
僕も泣いていた。

暫くしてから母が僕の部屋に来た。 
シャワーを浴びたようで少し髪が濡れていた、そして手にはさっきのバイブを持っていた。
「悪い母さんでゴメンなさい、これでユウ君本当に幸せになれるの?」
「僕はまだ女を知らないけど、初めてが母さんで嬉しいよ」
母はもう覚悟を決めていたのか、僕の頭を抱きキスをしてきた。

それから母は僕を導き、僕の好きなようにさせてくれた。 
あまりにも興奮する初体験で直ぐ終わったけど、続けて何度も放出した。 
最後は母も感じてくれて、朝まで一緒に寝た。 
朝起きて「一緒に寝たのは何年振りだろう?」と言う吹っ切れたような母を見てると、またしたくなって抱いた。 

定年前だけど出張や宴会の多い義父、普段は家にいない義兄、僕が母を求める時間は充分あった。 

母には女の身体やセックスの事を色々教えてもらった、
僕も回数を積む毎に余裕も出来て母を何度も逝かすことが出来るようになっていた。
お互いに絶頂を感じ合えるようになると何でも隠さず話せるようになって、僕は普段の出来事や思っていることを母に挿入したまま話していた。 
母からも色々聞いた。

母か本当に愛しているのは僕だということ。
でも親子でセックスできないと思い、つい義兄と関係してしまったこと。
(義父は仕事ばかりで少しもかまってもらえず、母は悶々としていたそうです)
そんなことまで打ち明けてくれた母…

僕は母は完全に自分のものになったと思っていました。 
僕に抱かれて恥かしいほど何度も登りつめるし、義兄としたことを僕にもやってくれるし。

問題は母と義兄の関係でした。 
母には義兄との関係を止めるよう頼んでいましたが、ここまで深い関係を急に止めると、逆に義兄に何か不審に思われたり変な事を起こされたりしても困るのと言うのです。 

仕方なく出来るだけ断るように言い、義兄が家に来るときは出来るだけ僕が家にいるようにしていました。 
でも平日高校を休む訳にもいかず、そんな時は必ずあとで母に確認しました。 

母は義兄に抱かれた事は正直に言ってくれますが、
「やっぱり少し感じてしまうけどユウ君ほどじゃ無い、就職したら他の女に目が行って忘れてくれると思う」
と、フォロー?してくれます。

それから暫くして義兄は就職、僕は高三に。 
勉強はそこそこやっていたけど、部活は完全にセックス部状態。 
ほぼ毎日夕方にセックスするのが習慣的になって、母も若さって凄いねと感心していました。

義兄の就職先は少し遠くなって会社の寮に入っており、母との関係は暫く空いていました。
でも何か不審だったのか、ある日の夕方こっそり家に様子を見にきました。

僕が義兄と母のセックスを見たのと逆に、今度は僕と母のセックスを見られてしまったのです。 
但し義兄は僕と母の前に出てきました。

「清美(母の名)、僕がどれだけ愛しているか知ってるだろう」
「あなた(義兄)ごめんなさい、訳があるの」
「訳は後で良い、清美行こう」
それから母は僕に目もくれず、急いで服を着て二人で出て行きました。

僕はあっけにとられ、暫く裸のままそこにいました、どうして良いかも分かりませんでした。

夜、義父が帰ってきても母から連絡は無く、僕は「母がどこに行ったか知らない」とだけ伝えました。 
僕は部屋で一睡もせず朝を迎えましたが、6時過ぎに義兄と母が帰ってきて、義父と話を始めました。

「申し訳ないけど、清美さんと愛し合っている。就職したら一緒に住みたいと思っていた。」
「何を言ってるんだ、義理でも親子だぞ、15も6も年上の女だぞ、それにユウはまだ高校生だぞ」
「悪いのは全て俺です、清美サンを愛してしまった。どんな責任も負います」
「どんな責任を取るんだ、結婚も出来んぞ、お父さんやユウをどうするつもりだ」
「結婚出来なくても清美を幸せにする、お父さんやユウの面倒も見る」
「新入社員に何が出来る、それより清美はどうなんだ」
「・・・・ゴメンナサイ、私は悪い女です。 これまで家族を守ろうと暮らしてきましたが、私はやっぱり義之さん(義兄)を愛しています。 ゴメンナサイ」
「ウルサイ! 嫁と息子が、そんな恥かしい話は聞いたことが無い、許せる筈がない」

僕はその場に居た堪れなくなった。 
僕と母の関係がその場で出るのも嫌だったし、母が本当に好きだったのは義兄だと分かったから。

「母さんと義兄さんが本当に愛し合ってるなら、僕は認めるよ。僕のことは何も心配要らないよ。」 
僕は泣きながら、その場を飛び出した。

少し脚色もあるけど以上が大体のストーリーです。

その後の話ですが、僕は1年近く住み込みで働き翌年から義父の家に戻り、高校に復学しました。 
僕の連絡先は母と義父には連絡していたので、捜索願いも出さず休学届けを出してくれていました。 

高校の学資は義父が出してくれました、大学は申し訳ないので奨学金とバイトで卒業しました。 
今は役所勤めで結婚もしています。

余談ですが、結婚式の時だけは義父と母は夫婦として出席してもらいました。

義兄と母は相変わらず熱々です。 
母はあの修羅場の翌年の1月に女の子を40歳で産み、二年後に男の子を産みました。 
義兄は母と僕の関係をどこまで聞いているのか知りませんが、全くその事には触れません。 
一人目を妊娠した時期は、僕と母は毎日のようにセックスしていた頃(コンドームはしていましたが・・)で義兄とは暫く空いていたので、もしかしたらとも思いましたが、どちらでも良いです。

義父はあれから暫くして定年退職。 
結局母の戸籍はそのままで、二人の子供は義父と母との子供として届けられています。 
戸籍上は孫では無いのですが、孫の守を楽しんでいます。


PAGE TOP