是非、女王様の下僕として【エロ体験告白】

これは私自身の経験では無いです。友人のメグちゃん(仮名)の経験談。

メグちゃんは20代後半。
身長168cmで細身ではないけどスタイルが良くって美脚。

顔は内田有紀とか加藤夏希とかのきっつい系美人。
目元がきついけど、視力が極端に弱いんで、いつも潤んだ瞳が超いろっぽい。

お得意先のオヤヂの接待後、オヤヂがキモくって精神的に疲れたんで、帰宅途中のスナックへ軽く1杯だけ飲もうと立ち寄った。

そこで初めて会う40代後半くらいの紳士。高身長でガッチリした体型。
オジサマ好きのメグちゃんメロメロ。

アルコールは好きだけどあまり強くはないんで、いつもは気をつけているメグちゃんだけど、話し上手で笑顔が優しいオジサマにのめり込み、気がつけば立てないほど酔っぱらっていた。

「送るよ」と肩を抱かれ店外へ。
近くの駐車場にドドーンと停められたベンツ。

助手席に乗せられても頭はぼんやり、体はぐったり。「お水、飲むかな?」
飲み物買ってきてくれたオジサマ。やさしい。

「ぼくもちょっと飲み過ぎたからね」
と車内で缶ジュース飲みながら話すオジサマ。

「さすがベンツ、座り心地がいいなぁ…」と朦朧とした頭で考える。
オジサマ、どんどん喋る。

話の内容はよくわからないけど、とりあえず頷くメグちゃん。

「やっぱり、君にはその気があると思っていたんだ!」と嬉しそうに言ってたのは覚えてるけど、その前後がよく思い出せない。

次の記憶はどっかのホテルのベッド。
起きて自分の服を見ると乱れてない。まだ何もされてないみたい。

お風呂場のほうからシャワーを使っている音がする。

「ここ、どこだよ?ラブホに間違いないよね?」と応接セットのテーブルを見ると見るからにヤバそうな物体が並んでいる。

ムチ、真っ赤なロープ、凶悪なサイズの大人の玩具、猿ぐつわ(?)セット。や、やばい!絶対やばい!に、逃げなきゃ!

外へ出るドアノブに手をかける。
ノブをガチャガチャやっても開かない!

しつこくガチャガチャやってると、背後で扉の開く音。
「おい!何やってんだ!」

さっきのオジサマが腰にバスタオル巻いて仁王立ち。
「こっちに来い!」と威圧するような、優しいような怪しい手招き。

あっちを向いたオジサマ、背中に鯉背負ってらっしゃる!
も、もしかして、ご職業は数字で言うと893ですか?!

「ああ、もう逃げられない。今夜で堅気の世界ともお別れ。ヤクの注射だけは断らなくっちゃ。それよりもここで殺されたりしない??ああ、調子に乗って飲み過ぎるんじゃなかった…お母さんごめんなさい…」

次々に色んな事が頭を巡る。
グスグスと半泣きになりながらオジサマのもとへ。

「おいっ!もうガタガタ泣くんじゃねえ!とっとと始めるぞっ!」
と、怒鳴られ、おびえつつも腹を決めたメグちゃん。

「とりあえず言う事聞いて、無事に家に帰る事だけを考えよう」と黒いジャケットを自ら脱ごうとすると

「いや、そのままでいい」
「?」

バスタオルを取って全裸になるとオジサマ、メグちゃんの足元に土下座して
「本日はよろしくお願いいたします、女王様!」

鯉を背負ったオジサマ、超ハードなマゾでしたとさ。

「こ、こ、こ、このヤローびびらせやがってー!」と怒髪天をついたメグちゃん、その美脚で殺すんじゃないかという勢いで土下座しているオジサマに蹴り入れたそうです。

細かいプレイの内容は(かなりエグいんで)省きますが、最後はオジサマのお尻に凶悪な大人の玩具をブッ刺して半失神させてしまったそうだ。

さすが、公私に渡って完璧主義な仕事人メグちゃんです。
別れる際、御礼と称して20枚のピン札を頂いたそうです。

「今後も是非、女王様の下僕として御仕えさせて下さいませ」と懇願されたそうですが、さすがに断ったそうです。

「勿体ないー!」と言ったら、「だって、あたしがMなのは知ってるでしょー?キャハハ!」と豪快に笑ってました。

以上でおしまいです。


PAGE TOP