淫乱な奥さんたちが生クリームを塗ったチンコを舐めてくれたハーレム体験談【エロ体験】

ある日、友人の妻等総勢5人が我が家に来た。

うちの妻が招待したそうだ。

たまには、女性だけで気晴らしだという事で、

私は遠慮してパチンコに出掛けた。

2時間程うって、トータル1万円程度の儲けを得た。

帰り道、ケーキ屋さんがあったので、

その金でお土産を買って帰った。

[adrotate group=”1″]

自宅に帰るとまだ友人妻たちは楽しそうにおしゃべりを続けていた。

もともと私の友人の妻として接する事も多く、

私は気兼ねなく部屋に入っていった。

すると、うちの妻がいないので

「あれ、うちのは?」と聞くとさっき、

実家から電話があって少し出てくるという事で出て行ったらしい。

「実家?何の用かな?」と私が言うと、友人妻Aが

「まぁ、もうすぐ帰ってくるだろうしいいじゃない。ここでおしゃべりしましょ!」

と言うので買ってきたケーキを振舞っておしゃべりに参加した。
さすがに、女性ばかりなせいか会話の中心は

子供の事や夫との夫婦生活などの暴露話だった。

「うちのは、小さすぎて感じない!」だとか「この前、子供に見られた」など

まぁ、奥さん会の会話と言った感じだった。

と、流れからか友人妻たちは私達の夫婦生活などにも興味を持ち出した。

私も興奮してか私の性癖やプレーの内容などを話してしまった。

その中で、相互鑑賞オナニーについて話したとき、

奥さん連中は興奮し出して詳しく聞き出そうとしてきた。

すると、奥さん連中の一人が見てみたいと言い出した。

わたしは、露出の癖が少しあるが、

さすがにオナニーを見せるのには抵抗があった。

しばらく拒んでいると、私達も見せたらしてくれるか?と聞かれたので、

「それならいいよ」と答えた。

すると、何人かがアイコンタクトで合図し合い本当にオナニーし始めた。

奥さん同士でキスしたりしながら、

こちらにイヤらしい視線で「早くぅ」と促してきた。

ここまでされては、引くにも引けなくなり私もオナニーを始めた。

まぁ、そんな空気では当然ながら何人かがチンコを舐め出した。

初めてのそんな光景に興奮した私は奥さん連中に向かって発射してしまった。

ザーメンを味わった奥さんたちはより興奮しだし、入れて欲しいと懇願しだした。

3人程とセックスし、残りの奥さん2人はクンニと指でイカせてやった。

買ってきたケーキを互いの体に塗ってレズらせたリもして楽しんだ。

終わってからも、奥さんたちは

チンコに生クリームを塗って舐めたりと楽しい時間を過ごした。

事が終わって直に妻が帰ってきた。

「旦那さんの買ってきてくれたケーキが凄くおいしかった」

と妻に話す奥様方。

それからは全員でとはいかないが、

複数でのプレーにはまった奥様方と何回かホテルで楽しんでいる。

後日談

今しがた、奥さん会の一人とセックスしてきた。

私は営業職のため外回りで殆ど会社には居ない。

今日も営業先へ出向き、

用事が早めに済んだので近くのコーヒーショップに立ち寄った。

そこに例の奥さん会の1人が本を読みながらお茶をしていた。

私が近くに行き「どうも」と話しかけると、

「ああ、どうも」と驚いた様子なので、

「仕事の合間の息抜きです」と説明すると、

「じゃあ、一緒にお茶しましょ」ということで

同じ机の向かい側に座った。

最初の5分程たわいもない話をしていたのだが、

例の話になり、「最近、私はお相手してもらってないな」と

甘えて言ってくるので、私はコーヒーを飲みながら

何食わぬ顔で机の下の太ももや陰部を弄ってやった。

負けじと向こうもコーヒーを飲みながら何食わぬ顔で耐えている。

そんな状況にどうにも我慢が効かなくなり、ホテルに誘った。

近くのホテルに移動し、部屋に入るなり激しくキスをした。

そのまま首胸お腹と順に舐め回していくと「先にシャワーを」と言ってきた。

しかし、次の営業先へのアポもあったので、

無視してスカートをまくり上げパンティーの隙間から陰部を舐め始めた。

暑かったせいか、少し汗も混ざって味は塩っぱくヌルヌルがすごかった。

「汚いからだめぇ」と体を捩らしてはいたが、

やめて欲しくはないようでその内激しく声を荒げだした。

「はぁぁぁ~、 んぁぁ」

と声を漏らしながら右手で私の頭を陰部に押し付ける彼女。

少し疲れて顔を放すと愛液でべとべとになった私の唇や

その周りに強引にシャブリつくように舐め回しだした。

そのまま、下半身を脱がされて大きくなったチンコを

ジュブジュブと音を立てて舐めだした。

「このおちんちん大好きぃ~、あれからはこのおちんちんじゃなきゃ満足しないのぉ」

ともはや雌イヌ状態。

私のチンコがでかいのか、友人のが小さいのかよくは分からないが、

彼女は私のがお気に入りのようだ。

そのままベットの端に手をつかせバックで入れた。

狂ったように喘ぐ友人妻に興奮しながら、

後ろ髪を掴んで顔を持ち上げディープキス。

「あぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぁいくぅぅぅぅぅぁぁぁぁああああああああああ」

とあっという間に昇天の様子。

仕事があるのでそのあと私は手早く済ませ中出ししてやった。

仕事があるので私は彼女をホテルに残し、足早にホテルをあとにした。

帰り際、明日もこの時間に会う事を約束し、別れた。

少し前に、その彼女からのメールがあり、

「凄く良かった。あなたの子供が欲しくなってきた。」との事。

なんか私は凄くラッキーなのかな?と今更ながら実感しているところだ。

明日あたりはアナルの開拓でもしてみようかな。



PAGE TOP