学生時代の甘い生活…双子の彼女と3P【エッチ体験談】

僕は裕之、現在アラフォー後半、身長173体重64の標準体型、
昔は体育会の部活で毎日運動していたのと電気工事で筋肉質。
大学生の時には高校時代からの彼女が居た。

高校3年生の時に交通事故で4週間入院したあとリハビリに通っていたら
同じ高校の1年生の女子が同じような事故で入院してきた。

リハビリの時間帯が同じだったので、
たまに話すようになったある日、

看護師さんが
「裕之ちゃん、彼女毎日あなたが来るの楽しみに窓の外を見てるわよ。
ちょっとは病室にも行ってあげたら?」とキューピット役になってくれました。

次の日から窓を見上げると確かに僕の方を見ている。
手を振ると嬉しそうにニコニコしながら手を振る顔が何とも可愛い。

彼女の名前は多摩美、
身長が155位しか無いんだけど、
パジャマのボタンがはち切れそうになる位の巨乳で、
ブラが見えるのでパジャマの下にはいつもTシャツを着ていた。

リハビリでは色々な動きをするので、
胸元から乳房だけでなくて乳首まで見えたり、
巨乳なのにくびれたウエストで、
少し小さいめのお尻からは身長に見合った足が魅力的だった。

病室に行こうとすると昨日の看護師さんが
「駄目じゃない!お菓子位持っていきなさい」と
ビスケットとせんべいをくれました。

お菓子は意外に効果が有って、
「わあ、ずっと病院食ばかりだから嬉しい!と凄く喜んでいます。

多摩美には双子の妹が居るんだけど別の学校に行ってることや、
両親が共働きなのでたまにしか見舞いに来てくれない事なんかを聞いていると
妹の亜由美ちゃんがお見舞いに来ました。

確かにそっくりです。
身長も同じ155、違いは亜由美ちゃんの方が少し胸が大きい位で、
多摩美と付き合うようになってからでも胸の大きさで見分けるのが一番簡単でした(笑)

亜由美は小さなホクロが口元に有ったんで
キスする位顔を近づけると解るんですけどね。

さて、多摩美が退院してから暫く喋ったりしてなかったんだけど、
ある日廊下で1年の女子が多摩美の両側から支えてふらふらしながら歩いていました。

走っていって「どうしたの?」と聞くと
「多摩美が調子悪いから保健室に運ぼうとしてるけど
私達じゃ重くてだめです」と言うので
「じゃ僕に任せて」とひょいとお姫様抱っこしたら
「きゃー!王子様みたい。」と騒いでいます。

僕はお姫様抱っこしながらお尻は触れるし、
おっぱいも触れるしでウハウハやったんですけどね。

肝心の保健室に着いたら鍵がかかっていたので
「職員室に行って保険の先生連れてきて」と
先生が来るまでずっとお姫様抱っこしてると
「先輩、重くないですか?下してくれても良いですよ」と
言うので試しに下したらやっぱりフラフラしています。

「全然だめじゃん。僕は大丈夫だから」とまたお姫様抱っこしていると
やっと先生がカギを開けてくれてベッドにゆっくり下した時には
実は腕の力が無くなりかけていてもう少しで落とすとこでした。

先生は「君はなかなか紳士じゃないか。えらいぞ!」と褒めてくれました。

それから多摩美の友達が僕を見るたびに
「王子様!」と何故かニックネームになってしましました。

結局、むち打ちの後遺症が出ていて、僕も同じような後遺症が有ったので、
たまにお弁当を一緒に食べたり、マッサージしてあげたりしていたら
多摩美が「彼女にして下さい」と告白してきました。

まあ、顔は普通の子やったんですが
爆乳の魅力に負けてOKしたら友人が
「お前チチに惚れたやろ」と図星を付いて笑っています。

それまでも女の子とは映画に行ったり
キスやペッティングは経験してたけど、実はまだ童貞でした。

多摩美はキスも初めてで、自転車に乗せて僕の家に連れて帰り、
自分の部屋に鍵をかけたら
母親が「悪いことしたらあかんで~」と
お菓子を持ってきながらくぎを刺しに来たり、
姉が「お!やっと裕之にも彼女が出来たか」と見にきたりでなかなかH出来ません。

ファーストキスも僕の部屋に2回目に来た時に
手を握って引き寄せたら目をつむったのでやっとチューすることが出来ました。

この時ギュって抱きしめたら多摩美は気を失ってしまいました。
それから何年も「あの時のキスもう一回して」と言われましたが、無理でしたねえ(笑)

5回目位までは、おっぱいを触ったりしてましたが、ビニ本の時代だったので、
この頃は知識が無くてクンニなんかまったくわかりません。

しかもお互い初めてなので、多摩美は足を閉じたままだし、
一回目は場所も解らずに失敗しました。

悪友に方法を聞いたら、スケッチで
「穴は思ったより下に有るし、処女は上に逃げるから
M字開脚させるか屈曲位じゃないと難しい」とアドバイスを受けて結局、
最初はバックですることにしました。

で、やっと入ったと思ったら「痛~い」と前へ前へ逃げて行きます。

抜けないように肩を押さえたら、
どこに力が有るのか?って思うほど一緒に引っ張られて本棚にあたり、
上から落ちてきた本が僕の後頭部や背中にあたって痛かったなあ。。。

なかなかHするチャンスは無かったけど、
おっぱいは学校の理科室とか非常階段なんかでいつでも触らせてくれました。

僕の手は手袋のサイズがLサイズなんだけど両手でも
片方のおっぱいが収まらない位でした。
多摩美はキスの方が好きみたいでしたけどね。

ある日、双子ならやってそうないたずらをしてきました。

妹の亜由美ちゃんが多摩美の制服を着て学校にやってきたんです。
反対に多摩美は亜由美ちゃんの学校へ行ってました。

僕は気が付かないふりをしていると、
喋ると声は少し違うので亜由美ちゃんもあまり喋りません。

手を引いて非常階段に行き、後ろから抱きしめて
まずは黙ってキスしてから両手でおっぱいを揉み
いつもより一回り大きい弾力のあるおっぱいを楽しんでいると
「NNN...]と何か言おうとします。

今度は左手で頭を持って、右手は制服のボタンをはずして
ブラジャーの中に手を入れて生乳を楽しんでから乳首を転がしていると
「ああ。。気持ち良い」と両手で抱き着いてきました。

「裕之さん、私亜由美だよ」と言うのでわざとらしく
「ええ!?御免ぜんぜんわからんかった」と驚いたふりをしてると
「もう、いまの私のファーストキスやったんやからね。お姉ちゃんに言いつけようかな?」と言うので

「いや、ホンマに解れへんかってん。ごめんごめん!」と言うと
「じゃあ、お姉ちゃんに内緒にしといたるから今度お姉ちゃんに内緒でデートして」
と条件を出してきました。

もちろん、OKして次の日曜に一緒に映画に行ってから
御飯に連れて行く約束をしました。

映画に連れて行ってから食事に行くと
「少しだけお酒が飲みたい」って言うので
ウエイターのお兄さんに「一杯だけ頼めませんか?」と
軽めのコークハイを2杯作ってもらいました。
パッと見はコーラを飲んでいるようにしか見えませんからね。

食事が終わったら「酔っちゃった」と腕を組んで爆乳を押しつけてきました。

僕のチンコはビンビンでどうしようかなと思っていたら
「まだ帰りたくない。」と言ってきました。

当時は温泉マークの旅館が今のラブホテルで、女中さんが中に案内してくれます。

お風呂にお湯を張ってもらい、
女中さんが出て行くと亜由美の方からキスしてきました。

「こないだみたいにおっぱい触って。。。」と言うので
服を順番に脱がせてブラジャーを取り、巨乳とご対面しました。

片方の乳首を指で転がしながらもう片方の乳首を吸うと
「ああん」と立っていられなくなってしゃがみこんでしまいました。
多摩美はあまりHが好きじゃなくてまだキス以外はあまり感じないのに
亜由美はすごく敏感なおっぱいでした。

恥ずかしそうに両手で顔を隠しているので、
自分はさっさと裸になって亜由美のスカートとパンティーを脱がせて全裸にしました。

おっぱい以外は殆んどうち二つなので多摩美を抱いている感じもするんだけど、
声と感じ方で「やっぱり別の女の子だな」と認識できる位です。

お風呂に抱っこして行ってお互いにお湯を浴びて
バスタオルで拭きっこしてから布団迄抱っこしていきました。

「私お姫様抱っこにあこがれていたんだ」と言うので
「いつでもしてあげるよ」「また会ってくれる?」
「うん、でもばれないようにね」と釘をさしておきました。

なにせバストが大きい(今のカップならGカップかHカップ位有った)んだけど
まだ16歳なんで上も向いてもバストの形は変わらない位張りが有ります。

多摩美も陥没気味の乳首だったけど、亜由美も同じような感じです。

でも、感度が全然違っていて、
僕もそれまでに多摩美と20回以上Hしていたので、
それなりにやり方が解って来ていました。

亜由美に覆いかぶさるとまずキスして
おっぱいを堪能するために片方づつおっぱいを舐めまわして、
乳首を吸うと「あ~ん。。気持ち良い」と僕の頭を掴んで
おっぱいに押し付けるので息が出来ません。

「ブワー!」と息を吸い直し、
おっぱいを寄せて両方の乳首を一緒に舐めると
足を突っ張って両手で布団を掴んでいます。

だんだんしての方へ移動して足を開かせてまだ固い割れ目を見ると
うっすらと透明な液が流れ出していました。

すくい取るように舐め上げてクリトリスも舐めると
「あ!そこはダメ~~。。」とビックリするくらいに愛液が溢れ出してきました。

もういいかなと思って左手を首に回して
右手で足をM字に開脚させてチンポを処女オメコにしばらくこすり付けてから
徐々に入れていくと亀頭がぜぬ入った所で
「痛~~い!!」と言いながら処女のずり上がりを始めました。

前に懲りていたので、左手の力を緩めずに
キスをしながら根元まで押し込むことが出来ました。
亜由美は肩でフウフウと息をしています。

「痛かった?でもこれで処女卒業だよ」と言うと
「嬉しい!」と抱きついてきました。

「もう少し遺体の我慢してな」
「うん、でも痛いから早く終わって」と言うので
2~3分のスラストで亜由美の膣の中でいっぱい精子を出しました。

ゴムが外れないように気をつけて抜くと愛液と一緒に血が付いていました。
見ると直径15センチほど愛液で薄まった血がシーツを染めていました。

それから何回か逢っているうちに
亜由美はチンチンでちゃんと逝けるようになって
「裕之さん、多摩美と別れて私と付き合って」と言い出しました。

「それはできない」と断っていると、
「解った」と言いながら何か企んでいそうな目をしています。

それから1週間後、
学校を昼からサボって多摩美の家でHしていました。

多摩美ももうすぐ逝ける所まで成長してたんだけど
亜由美に比べるとまだまだ性長が足りません。

多摩美と2回目のセックスをしてたら
「ただいまー」と亜由美が帰って来ちゃいました。

「もう、学校サボって昼間っからHしてたら大学落ちるわよ~(笑)」と言うので
「そういう亜由美もサボったんじゃないの?」と聞くと
「うん、裕之さんが来そうな気がしたんだ」

「ねえ、多摩美、私裕之さんが好きなの。いつもみたいに半分こしようよ」

多摩美は「うん、二人がHしてるのは感じてたよ。じゃあ、お互いに独り占めしないって事で半分こしようか。子供のころから何でも同じものを欲しがるからこうなるんじゃないかって思ってたんだ」

「じゃあ、今から3人でHしようよ」と亜由美も裸になってしまいました。

亜由美が「裕之さん、どっちも平等に愛してね。片方だけの時は順番だよ」と言うと

「多摩美おいで」と二人で僕の顔を埋め尽くすように
おっぱい攻撃してきました。

僕がいまだにパフパフが好きなのは
この二人のせいなのは間違いありません(笑)

「今まで多摩美がHしてたから今度は私ね」と亜由美がチンポを咥えて来ました。

多摩美はビックリした顔で
「裕之さん、チンポ咥えたら気持ち良いの?」と聞くので

「うん、多摩美もオメコ舐めたら気持ち良いだろ?」と言うと
「今度からしてあげるね」

亜由美の口の中で行きそうになってきたので
歩みを寝かせてチンポをあてがい一気に突っ込みました。

「あん、裕之好き!もっと突いて。おっぱいも舐めて」と言うので
おっぱいを舐めながらピストンしていると
「今日は安全日だから中に出して」と中田氏を要求してきました。

多摩美にも中田氏したことが無かったので
僕にとって生まれて初めての中だしです。

ザーメンがいつまでも絞り出されるように
亜由美のオメコが収縮運動していました。

次に多摩美が「私達同じ日に生理来るから私にも生でして」と言ってきます。

今度は多摩美にフェラチオさせましたが初めてなのでなかなか上手くできません。

亜由美が「こうするのよ」とチンポを咥えてすぐに立たせてくれました。

多摩美にチンポを突っ込むと
「ああ。。いつもより気持ち良い!」とすぐに逝きそうな顔になってきました。

5分程Hしている間に亜由美が多摩美のおっぱいをいじったり
舐めたりしていると、「ああ。。。。NN」と足を突っ張って逝ってしまいました。

僕は多摩美の中にまだこんなに残っていたのかと思うほど精子を流し込むと
亜由美と同じような収縮を繰り返しています。
双子ってオメコの中まで似てるんですねえ。

それから両親が帰って来る時間迄あと一回づつHして
最後に服を着て部屋をチェックしたら絨毯に愛液と精子が結構染みていました。

掃除は二人に任せて帰ったけど、母親が
「イカでも食べた?」と聞いていたそうです。
ヤバイヤバイ!

二人とは僕が大学4年の終わりくらいまで続きましたが、
家庭教師のバイトで年上のHにハマってクラブと勉強も忙しくて
(特に教職は昼では足りずに二部の授業も受けていた)
卒業研究も忙しくて「どっちか選んで」と言ってくるようになってしまいました。

最初の2年は3Pも仲良くしてたんだけど、
二人とも高校を卒業して働き出すと独占欲が出てきて
3人でデートすることは無くなり余計に逢う頻度が減ったのもあるんです。

そのうち、多摩美が妊娠してしまいました。
両方の親が反対する中で多摩美と駆け落ちみたいに4畳半を借りて、
幸い大型免許を取ったばかりでしたので
土日はトラックに乗って残りは学校に行く毎日でした。

多摩美が妊娠したあとつわりがひどいので
「裕之、亜由美を呼ぶから亜由美とHして。他の女とはしないでね」
と亜由美を呼んでくれました。

暫く3人で同棲ごっこみたいな生活をしていましたが
ある日アパートに帰ると二人の荷物が無くなって
涙で字がかすんだ手紙が置いてありました。
亜由美が居場所を両親に教えちゃったんですね。

「裕之さん、ごめんなさい。。やっぱり両親捨てられません。
赤ちゃんは今日の午前中におろしてきました。いままで有難う」

後輩からの情報では、
二人ともすぐに見合い結婚させられたようです。

アパートの荷物は全部捨てて、元の生活に戻って
落第しかけましたが何とか卒業できました。


PAGE TOP