「俺&セフレの友達♀vsセフレ」っていう変則3Pした体験【セックス体験談】

当時、オレとセフレは出会ってすぐってのもあって、

毎日2~3回はセックルしてたんだ。

そのセフレA子がメチャメチャエロい女で、

見た目は、顔はぶっちゃけブスカワな感じだが、

身体が大柄で適度な肉付きでオレ好みの水泳選手体型。

[adrotate group=”1″]

コイツは「どうせセックルするならいろんなことやってみたい」って女で、

オレもノリノリでコスプレしたり、

設定決めたり、外でやったり、

たまに中出しさせてくれたり(コレが一番ドキドキしたw)

と充実したセックルライフを送っていたわけですよ。

オレもA子もそのころは特定の相手がいなかったから、

お互いの家によく泊まりあってたんだ。

ある日A子の家に行ったら、A子の友達のB子が来てたんだ。

オレもB子も初対面ではなかったから、

三人で楽しく酒飲んでワイワイやってた。

で、そろそろ寝ようって事になって、

壁際からB子、A子、オレの並びで横になった。
オレはいつも寝付きが悪く、

布団に入っても30分くらい寝れない人間なんで、

一人で携帯いじったりしてたんだ。

気付くと、A子もB子も壁を向いて寝息を立てている。

そこでオレは「さぁ、オレも寝るか」

なんて空気嫁ない人間じゃないんで、

もちろんA子にイタズラをはじめたんだ。

A子はすぐに気付いて「ヤメてよ」なんて言ってたが、

いつも濡れやすいマンコがさらにビチャビチャになっていた。

ガマンできなくなったオレは

A子の頭をつかんでイラマチオさせた。

足の指でマンコをいじりながら

自分でもビックリするくらいの量をA子の口の中に出した。

いつもは一回出したらしばらく使い物にならないオレの息子も、

この日は大興奮らしく、

まだガッチンガッチンになっていた。

すぐさまA子をB子の方に向かせて、

ねながらバックで挿入した。

A子もかなり興奮していたらしく、

まるでエロマンガみたいにオレのふとももまでビショビショにしながら、

声を殺してイキまくっていた。

正常位の体勢になり、オレはA子のお腹に2発目を発射した。

と、いきなりB子がガバっと起き上がり、

「お前ら!セックスしやがったな!」

とこっちをにらみつけた。

オレもA子も、顔を真っ赤にしながら

「ゴメン」としか言えなかった。

しかし、B子は意外なことを口走った。

B子は「なんでアタシも混ぜてくれないんだよ」といい、

オレのチンコとA子のマンコをいじり出した。

A子はテンパっていたが、

オレはすっかりテンションが上がっていたので、

B子と一緒にA子を攻めはじめた。

B子がキスしながらA子の左乳首を攻め、

オレは右乳首をナメながら手マンした。

「こうするとメチャメチャ気持ちいいんだよ」

B子はそう言いながら、A子の下っ腹を手のひらで押した。

A子はいままで出した事のないくらい

でかい喘ぎ声を出しながら潮を吹きまくった。

B子もかなりテンションが上がった様子で、

A子に「四つん這いでフェラしなよ」と指示した。

根っからのドMのA子は逆らうわけも無く、

いつもより激しくフェラしてきた。

B子はA子にクンニしながら

「気持ちイイんでしょ?ホラ、もっとイキなよ!」

とA子を攻め続けた。

何回イったかわからないくらいA子はイキまくった。

「そろそろチンコ欲しくなったでしょ?」とB子が言うと、

A子は「ハイ、オチンチンください」とオレに言った。

オレは正常位で挿入しながら、

B子はA子の下っ腹を押さえたり、

乳首をつねったり、クリを攻めたりした。

A子はめちゃめちゃ敏感になっていたので、

トータルで軽く2~30回はイッたと思う。

バックや騎乗位でもB子はA子を攻め続けた。

いままで見た事ないくらいイキまくるA子と、

楽しそうに攻めるB子を見て興奮がピークに達したオレは、

B子に「もうイキそうなんだけど…」と言った。

「A子、中に出して欲しいでしょ?」とB子が言うと

「ウン、ウン!」と声にならない声でA子は言った。

それと同時に子の夜3発目をA子の中に出した。

B子は、「キモチよかったでしょ?」とA子に言うと、

A子のマンコからオレの精子を吸い出しA子に口移しした。

「さあ、もう寝るよ」とB子は布団に入った。

オレとA子はシャワーを浴びに言ったが、

まだ興奮していたので風呂でもう一回やりました。

翌朝、B子は起きるなり

「お前らあの後、風呂でもやってたろ?」と言いました。

おしまい



PAGE TOP