出会いの形は痴漢から・・【エッチ体験談】

この間… 俺は電車の中で痴漢をしました。

中学生だった…
中2か中3ぐらいのちょいポチャ、少し丸い感じの子。
 
成人女性やキレイな人には痴漢する勇気なかったから…
何か騒がれそうで…

その中学生は制服でミニ、ミニだから見た目女子高生な感じ、でも中学生。
なぜ中学生だと解るかと言うと俺の卒業した中学の女子の制服だから。

顔を見ないようにただ欲求不満、欲求発散の為に…

最初はスカートの上からお尻を触って反応見る…

(あれ? 反応ない、無反応… 気付いてないのかな? どう考えても触ってるの解るはずなのに… )

その中学生はほとんど動かない…
今度はスカートの上からではなくスカートの中に手を入れパンツの上から触ってみた。

女『・・・・・・・・・・・・・・』

(マジかよ! 嫌がんないの?)

何も抵抗しないのを確かめた後、今度はパンツの上からマンコを触ってみる事にした。

後ろからだから最初は尻の穴部分にも触れたかな。
だが、それから先は太ももが太くて足を閉じてるから後数センチ先のマンコのとこまで指が入って行かない…

(太ももデカいからキツイな~、指が先に進めねえじゃん!)

と思ってたら…

女『んっ・・・・』

その中学生がかすかに声を出した。
驚いた!
その中学生、足を開き触りやすくしてくれたのだ。

遠慮なくパンツの上からマンコを触る、擦る。

女『んっ… あっ… んんっ… 』

ほんとに小さく息を漏らしてた。

今度は前からパンツをずらし指を直接マンコへ。
少し湿った毛をかき分け、クリトリスを探す…
そこにはヌルヌルしたクリちゃんが!
円を書くようにクリを刺激するとピクリ!と動く。
しばらくクリを刺激していると

女『はあっ… ぁん… んふっ… あっあっ… あん… 』

声を殺しながら喘ぎ出した。
さらにヌルヌルしたマンコに指を入れて出し入れする。
ヌチャ… ヌチャ…
かすかに聞こえるエロいマンコの音!
指の動きを早くする。

女『あぁ… んっ… あん… あん… はぅ… あぁぁぁん… あっあっあぁぁ… んんっ… 』

声が少し大きくなってきた。
その時、電車が駅に着いた…

その中学生が俺の顔を見る…
ブスではなかった…
ドアが開いて、その中学生は人をかき分けホームに降りる。
ホームに降りて、その中学生はこっちに振り向き俺を見続けた。
だが見続けたまま動かない。

(これはどうゆう事なんだ? 逃げたと見るべきか? 俺に降りろって事か?)

俺はついて来いとゆう合図だと受け取った。
俺がホームに降りると、直後にドアが閉まり電車は行った。
俺とその中学生は向かい合ったまま動かない…
やがてホームに人が居なくなった。
ホームに人が居なくなると、その中学生はさっさと歩きだした…
当然俺はついて行く…

小さな駅…
歩きだして気付いた…

改札口を抜け駅の外へ…
やがて駅の外のトイレの前に来るとその中学生は振り返って俺を見た後トイレに入った。
その中学生はすぐにトイレから出ると、俺に合図をするかのように俺を見続ける…
俺がその中学生に近づくと、その中学生は誘導するかのようにまたトイレに入り個室のトイレに入ると俺を招き入れた…
その中学生が最初にトイレに入りすぐ出て来たのは他に人が居ないかの確認だったのだ。

狭いがトイレだから仕方ない…
俺は迷わず個室トイレに入るとカギを掛け、その中学生を抱き寄せると熱いディープキス…

女『我慢できない… オチンチン欲しい… 入れてください… 』

その中学生は挿入する為に場所を変えたのだ。

スカートを捲るとその中学生は自らパンツをずらして濡れ濡れのマンコを見せつける。
俺はズボンとトランクスを下げチンポを出すと、その中学生の片足を持ち向かい合って立ったままパンツをずらしてのマンコにチンポを擦りつけながらゆっくり挿入した。

女『あぁん… はぁっ… あっ… 大きい… オチンチンかた~い 』

俺のチンポは電車の中からずっと勃起したまんまだったんでかなりカチカチビンビンだった…

ゆっくり腰を振るとその中学生は気持ち良さそうに喘ぐ。
濡れまくってるマンコに俺のチンポはマンコの中でまた少し大きくなった気がした…
えぐるように円を書くように腰を動かすと

女『ひゃぁ… あん… あっあっ… いゃぁぁん… ひゃぁぁぁぁん… 』

エロい声を出しながらその中学生はマンコをきつく締め付けたり緩くしたりを繰り返す!
中学生なのに、まるでマンコが生きてるみたい…
そんな中学生のマンコに俺は今にも逝きそうになった。

だが俺はその中学生を先に逝かせようと早く腰を動かす。
ヌチャヌチャ…
グチュグチュ…
エロい音が激しく聞こえるようになった。

女『あっあっあっ… あうぅぅぅ… はぅっ… ふぁっ… あんあんあっ… ひゃぁぁぁぁん… 』

その中学生のマンコの中はずっと締め付けたり緩くなったりを繰り返し、声と音はさらにエロくなった。

ヌチャ… グチュ… クチュ…
グジュ… クチュ… クチュ…
ヌチャ… ヌチャ… ヌチャ… グチュ… グチュ… グチュ…

女『あぁぁ…ん …気持ち…いい… はあぁぁぁ… い…逝きそぉぉぉ… あぁぁぁん… ひゃぁぁぁぁん… あぅぅ… い…逝くぅぅぅ… あぅぅぅぅ… あぁぁぁぁ… ああっ… 』

くうぅぅぅぅぅ!っとマンコの中がさらにきつくなりチンポがちぎれそうなくらいマンコが締め付けた!

俺『出そう! …もうダメ! 出る! 出る! うぅ…』

女『出るの? …出すの? あぁん… 中に… 中に出してぇぇぇ… はぁぁん… いっぱい… いっぱい奥に… ひゃぁぁん… 中にいっぱい出してぇぇぇぇ… あぅぅぅぅ… 』

叫びと同時に中学生のマンコの中に射精!

射精し始めると、その中学生のマンコは俺の射精に合わせるかのようにマンコが緩くなり、またきつく締め付けたり、また緩くなり、またきつく締め付けるを繰り返した。
まるでマンコが生きてて、膣をきつく締め付けながら俺の精液を子宮でひと飲み、緩くなってまた膣をきつく締め付けて、ふた飲み目の精液を飲み込む!
精液がドビュッ!
マンコがゴクッ!
また精液がドビュッ!
またマンコがゴクッ!
とゆう感じでマンコがきつく締め付けたり緩くなったり。
とにかく凄いマンコ!

(この中学生… すげえマンコ持ってんな~、まるでマンコが生きてるよ~、すげえ!)

全部精液が出し終わるまでその中学生はマンコの締め付けを繰り返してた…当然2発目もヤッた!
今度はバックで中出し!

事が終わるとメアドと携帯番号交換してその日は別れた。

妊娠の不安もあったのだが、その中学生は大丈夫との事。

俺は一人暮らしなので今度その中学生は俺の部屋に来る事になってる…
その日のプレイが今から楽しみだ…





PAGE TOP