私の中に義兄の存在を感じられました【セックス体験談告白】

私は女子高に通ってまして通学の都合で姉夫婦の家に同居しています。
姉は多忙なライター、義兄は画家の真似事をしています。
ほとんど家に戻れない姉と違って、家から出ない義兄とは一緒の時間が自然と多くなります。

高校一年生から暮らし始めて2ヶ月ほど経った頃でしょうか、いつの間にか義兄に惹かれている自分に気がつきました。
そしてある夜、義兄と二人きりになったとき、ずっと抑えていた想いが私の口を滑らせました。
姉に後ろめたさを感じながらも我慢できなかったのです。

「好きです・・・。」
義兄ではなく、男として。
99%無理な夢だと、いえ100%無理だと思っていました。

ですが、義兄から返事は以外にも、「初めて会ったときから気になっていた。」と言ううれしい言葉でした。
初めて会ったときから・・・姉が結婚する前からと言う事です。
思わず、涙がこぼれました。

立ち尽くす私を見て、義兄が抱きしめてきました。暖かくて、ふと体の力が抜けました。
ゆっくり見上げて、義兄と見つめ合いました。
激しいキスをしながら、胸やお尻、大事なところを義兄に撫で回されて、私の体は熱くなっていきました。

されるがまま、ソファに倒れこんで、義兄の手が直接胸に触れようとした瞬間、玄関の扉の開く音がして、姉が「ただいま。」と帰ってきました。
私は慌てて自分の部屋に戻りました。
義兄も何もなかったように姉と話していました。
残念な気持ちと姉への後ろめたさが込み上げました。
あれから2週間何事もなく過ぎていきました。
しかしチャンスはやって来ました。
夕食を作っているとき、姉から今日は戻れないとの電話。
振り返るとソファに座る義兄が見えます。
私はドキドキしました・・・。

姉の事を義兄に伝えて、また夕食を作り始めます。
突然後ろから、義兄が抱きしめてきました。
もう止められません、私たちは一線を越えてしまいました。
義兄にリードされて、募りに募った想いをぶつけ合いました。

私は初めてではなかったのですが、義兄のが大きくて、少し痛かったです。
それが返って私の中に義兄の存在を感じられました。

義兄と結ばれたこの日からもうすぐ一年。今では二人きりになれる時間を大切に、わずか10分でも、お互い満たされるようになりました。
姉との暮らしを壊したいわけではないので、これからもこの「隠し事」は続くと思います。


PAGE TOP