元カレに仕込まれたのか女性上位が好きな女でした【セックス体験談告白】

妻が年末の大晦日前だというのに、午前様になって帰ってきた。
どうしても中学時代の同窓会に行きたいと言い、家のすぐ近くだし女子だけでの飲み会だとのことなので、自宅で自営業の私は「忙しいのに・・・」と思いながらも許可したわけだが、これがとんでもないうそだとわかった。
妻は5時に出発し、私(夫)が子供2人と食事をしているとき、仕事での友人が携帯をくれた。
「いま、奥さんが男女8人 個室で飲み会をしているよ。」と・・・
しかも、なんか妖しい様子だと言うのだ。
個室といっても仕切りの格子があるだけで出入り口が別なだけの居酒屋チェーンにあるパターンなので、妻の声が聞こえて気付いたのだが、隣の話を聞いていたらしい。
男女がそれぞれ隣同士で坐りはじめ、淫靡な雰囲気だと言う。

すべて既婚者の妻たち女性陣(全員40才)が、同級生の男たちに口説かれているようなのだ。
「もう、旦那とはキスもしていない」だの男からは「冷め切った夫婦生活でストレスが溜まっている」など、そして「また会えてうれしい」と言い出し、とても普通の飲み会には見えないと・・・
私はすぐにその居酒屋に行き、友人の席にかくれて坐った。

するとどうだろう、男たちは話もそこそこに女性陣のスカートに手を入れ、ふとももを撫でまわしたり、なかにはディープキスをしている奴もいるのだ。
「なんてこった・・・」
格子ごしに妻をあわてて探してみると、目がトローンとしているのが見えた。
妻のとなりの男は、会話によると元カレのようだ。
見た感じでは普通に話しているようだが・・・   
手は?・・・
掘りごたつの部分を見てみると・・・

いつもは着ないミニスカートがずり上がって大きく拡げられ、黒いパンティーがまる見えになっていた。
その中心に男の手がかぶさり、パンティーのクロッチが横にずらされ、陰毛と生のおまんこが見えている。
出かけるときはストッキングを履いていかなかったのか?
パンティーの前部分をつまんでくい込ませたり、親指で妻のクリトリス回りをなぞったり、中指を奥深くまで突き刺したりして妻は男の侵入を許しているのだ。

表向きではそしらぬ顔をしている妻が、テーブルの下ではなんてことを・・・
妻が「トイレに行く」と席を立つと、その男もあとをついていった。
もう私もいてもたってもいられず席をたつと、トイレ横ににある非常口通路にかくれて、2人は舌を絡め合っているのが見えた。

「きれいだよ」と言われ、妻は身ぶるいしている。
そしてその手は、同級生の元カレのちんぽをしっかりとにぎっていた。
私は友人との席に戻ると、友人はもう帰っていた。バツが悪かったのでしょう。
私も帰ることにしましたが、家に帰る気持ちになれず、外でかくれて様子を見ていました。
7時ごろ飲み会は終了し、みんな出てきました。
それぞれの男女は、名残惜しそうに帰宅の途につくようでした。
女性陣もちょっとした浮気心はあっても、最後まではためらったのでしょうか?
電車の駅に向かうなかで、妻は住まいが近くなので最後まで見送っていました。
しかし、その後あの男が現われたのです。

妻だけが他の女友達(同級生)とちがい、浮気をしようと決めた瞬間でした。
家の近くの場所だと言うのに、妻は男と肩を寄せキスしながら歩いていきます。
ラブホテルが数件あるここの立地は、男にとっても好都合だったでしょう。
ホテルの門をくぐってからは、私は後を追うのをあきらめました。これ以上は追いかけられない。
でも、その後の姿は想像できる・・・

部屋に入ったら、もう2人だけの時間
居酒屋での前戯もあいまって、妻のおまんこはグチョグチョでしょう。
肉付きもよくなり、太ももも尻もむちむちで豊満ないやらしい体になり、あの男は喜んでもてあそんでいました。

少し垂れてきたおっぱいも、ブラを着けているときの胸の谷間は圧到的な迫力です。
そのブラを取るときのおっぱいのブルンとゆれる様をこれからあの男は体験するのです。

乳首に吸い付いて舐めまわすと、乳首がボッキしてコリコリになることを奴も知っているんだろうか?
熟女になった妻を、若い時何万回も突き刺してきたにもかかわらず、またあわよくば食ってやろうと思っていたにちがいない。
そしてそれに乗った妻は、今頃熟れすぎた体で、あの頃とは違ったやり方で男を逝かせるのだろう。

妻は私と付き合い始めの頃から、元カレに仕込まれたのか女性上位が好きな女でした。
あの男の上にまたがって、しかも鏡越しにおまんこに出入りするちんぽを見ると、異常に興奮する女なので、その行為を必ずしているはずです。

そして私との性生活のなかで覚えた乳首舐めとフェラを今度は奴にしているかと思うと、口惜しさと興奮がおさえられません。

1時ごろ妻が帰ってきて、私が先に寝ているのを見て、ほっとしたように妻は着替えてすぐ寝てしまいました。

真夜中、そっと起きて妻のパンティーを覗いてみます。
履きかえられた様子なので脱衣所の洗濯物入れをのぞくと、服にくるまれながら黒のパンティーが・・・・
股下のクロッチ部分は延びきり、ガビガビの透明な乾いた汚れ以外に白い液体がねっとりと・・・

私はその男のにおいを嗅ぎ、めまいがしました。
もう妻を信じられない。これからどうしよう・・・・
その後、気付いたら私のちんぽは触ってもいないのに射精をしていたのです。


PAGE TOP