部下へのご褒美は、美魔女な妻の体【セックス体験談告白】

私の勤めている会社は、なかなかのブラック企業で、
毎月激しいノルマがあります。

そして課の今期の目標数値の目処が立ち、
打上をする事にしました。

辛い日々を乗り越えた部下達へのサービスをしたいと私は考え、
妻に昨夜相談しました。

二次会に独身社員を何人か家に連れてきたいけど、
いいかと妻に話しましたが、妻は了解してくれました。

もう一つ、言いにくかったのですが、
酔って寝たふりをして部下達に体を触らせて貰えないかと妻に頼みました。

打上の後、何人かの独身社員は、
キャバクラに行ったりヘルスなど風俗に行ったりして
日頃の憂さを晴すのが普通なんです。

しかし賞与前で資金不足な事を妻に伝え、
最初はそんなセクハラ行為は嫌だと言っていた妻も何とか了解してくれました。

私の妻は6歳年下の妻は37歳ですが、
三十路後半にしては、若々しく、美人で、
おばさんという雰囲気はありません。

どちからというと美魔女系の美人な嫁なんです。

私はそんな美人な妻の体を部下達に自慢したい!

意識を失った妻の体に部下達が群がる光景を想像しただけで
興奮する自分を抑えられない気持ちになってしまいました。

居酒屋で10人で飲んだ後、
独身者の部下5人を家につれて来ました。

妻はちょっと恥ずかしそうに、玄関から迎え入れました。

風呂上がりの妻は、ノーブラのTシャツ姿で、
形のいいおっぱいをゆらゆら揺らして、シャンプーの香りを漂わせています。

夜の普段と同じ姿ですが、
私も思わずドキッとしていまいました。

テープルにつまみを運ぶ時やビールを注ぐ時に、
前屈みになった妻の胸元が奥までチラ見え。

部下達の視線を妻も分かっているかの様でした。

若い社員とのたわいのない会話を妻も楽しんでいました。

AKB48、ピカルの定義などなど芸能話で盛り上がり
妻もビールを飲んで顔が赤らんできています。

これから自分の体を触られる事を想像し
少し興奮してきている様です。

部下達には妻が了解している事は言っていませんが、
酔った私がソファに座った妻のスカートの中に、
手を入れて妻の股を触り、部下達に

「キャバクラに来た気分でいいよ、皆んな仕事頑張ったから。
お触り有りのキャバかな?一人しか女いなけどね!」

と言うと、妻は「ヤダ― 高いわよ!」と言って
一応場を盛上げくれています。

さすがに妻にお触りする部下はいませんが、
私が妻のスカートを捲ってパンティーを見せると、
部下達も興奮を抑えられない様子になって来ました。

暫くして妻も酔ってきて、
ソファに横になり、寝息を立て始めました。

本当に寝てしまったのか、振りをしているのか分かりません。

私は部下達に

「こいつ酔いつぶれて寝てしまったらしい。
酔って寝たときは絶対に起きないから、
皆んな今日は目標達成の感謝で、女房の体を触りたかったら、
自由に触っていいぞ!」

と言いました。

「こんな綺麗な奥さんを本当に触っていいんですか?」

と部下達が言った為、私は妻のTシャツを捲りおっぱいを出し、
スカートを捲り、パンティーをずらし、クロッチのシミ付き部分や、
妻のおまんこを見せると、
興奮した部下達は歓声を上げ、漸く妻の周りに集まりました、

直ぐに全裸にされた妻は、
若い5人に部下達に囲まれました。

おっぱいは揉まれ、おまんこは開かれ、
何本もの指が入れられています。

「課長、奥さんの体、本当に綺麗で気持ちいいですね!
口に入れてもいいですが?」

「いいよ!今日は特別サービスだから。口に出すのはいいよ!
但しまんこに中出しは勘弁して、ここにスキンを置いて置くから、
後は好きにしていいよ!」

妻のまんこからは快感で大量のおしっこが噴出し、
妻は「う~ん!」とため息を出しています。

おそらく起きているのでしょうが、
目を閉じてあくまで眠ったフリをしています。

私はビールを飲みながら、
妻が目の前で5人から自由にされている姿を見ていました。

口とおまんこに同時に若い部下のものが挿入され、
おっぱいと太腿も同時に揉まれています。

1時間しても若い部下達は、代わる代わる妻のおまんこに挿入し、
妻の口に精液を大量に出しています。

私は、「風呂に入って来るから、好きにしていていいぞ!」
と言って部屋を出ました。

戻って来ると、まだ5人は妻に群がっています。

何回出したのか分かりませんが、妻の口は精液だらけて、
おまんこを見ると、開かれたままになって赤く腫れ上がっています。

妻は既に意識を失って失神している様です。

「先に寝ているから、終わったら、タクシー呼んで帰っていいよ!
鍵はココにおいて置くから、閉めたらドアーのポストから中に入れておいて。
やりたければ、朝まででもやってていいよ。
だだ帰るときは女房に下着付けて、ベットまで運んで寝かせてくれよな」

と私は部下に行って退散しました。

私は興奮してなかなか寝付けませんでしたが、
合計5時間位、妻は部下達から自由にされ、寝取られていた様です。
若いから何回でも出せる様です。

翌日は休日でしが、流石に妻は朝起きて来なくて、
ぐったりと寝ていました。

私は部下達に仕事を頑張ったいいお礼ができたと思います。

妻には感謝しています。

そして、部下達とは前より一体感が出てきて、
チームワークは抜群です。

今月の激しいノルマも早々にクリア出来そうですし、
また妻の体で部下達を労ってやろうと思います。




PAGE TOP