幼馴染の恋愛相談に乗っている最中に彼女の浮気現場を目撃【エロ体験】

もう2年半前の話。

当時、俺26歳、亜貴子26歳。(いわゆる幼馴染)

幼稚園→小→中と一緒で、高校は別。

亜貴子は頭良かったから地元でも有数の進学校へ。

俺は不良の道まっしぐらで工業高校へ。

それでも亜貴子とは、良く飲んだり遊びに行ったりしてたな。

当然2人きりとかじゃなくて、他の友達も一緒になんだけど。

亜貴子にも俺にも、彼氏、彼女が居た。

よく遊んでた時は

「亜貴子の結婚式の余興は任せろよ!」

とか話してた。

そんな関係が壊れた。

キッカケは亜貴子の相談だった。

「彼氏が浮気してるかもしれないの…」

聞けば、常に携帯片手にメールしてる、とか、最近仕事理由にドタキャンが多くなった、とかありがちな話だった。

俺は

「もうちょっと、彼氏を信じたら?」

と言った。

しかし、亜貴子は暗い。

何だか不憫に思い、

「飲みでも行って、愚痴をこぼしてスッキリしよう!」

と提案。

こうして、俺と亜貴子はチェーン居酒屋へ行ったんだけど、そこで事件が起きた。

店に入って飲み始める俺と亜貴子。

亜貴子の愚痴をダラダラと聞きながら飲んでた。

酒を飲んでると、トイレは近い。

俺がトイレに行き、席へ戻ろうとすると………あれ?

あそこに見えるのは……?俺の彼女の…祐子?何故?

祐子は今日、会社の女友達グループで一泊温泉に行ってるはず。

しかも、向かいに座ってるのは……?だ?誰?

祐子の向かいは、なかなか格好良いあんちゃん1人。

俺はかなりパニックになった。

実際、席に戻った時、顔が青いと亜貴子に指摘を食らった。

さっき見た事を亜貴子に話す。

亜貴子は、

「見間違えだよ。なんなら、その人達が店出たらさ、うちらで尾行しよ?で、静かな場所になったら、あなたが彼女に電話するの。本人なら電話出るし、出なければ間違い」

そうして、尾行を決行した。

祐子らしい女と男は店を出るなり、手を繋いで歩き始めた。

歩く先は、ラブホ。

外だとすぐに解る雰囲気でいちゃつきながら歩く2人をじーっと見つめてた…。

2人がラブホの入り口をくぐった時、祐子に電話した。

目の前の女が立ち止まる。

隣の男に何か言い、電話に出る。

俺の携帯から

「もしもし?」

「ねぇ、祐子さぁ今、何してる?」

「今ねぇ温泉街歩いてたよ?何で?……え?…な、何で?ち!ちがっ!」

祐子の前に姿を表す俺。

浮気の相談されてた俺が、実は浮気されていた。

亜貴子は俺を不憫に思ったらしく、朝まで付き合うよと言ってくれた。

本当に朝まで付き合ってくれた。

亜貴子俺は今までに無い位にグデングデンに酔っ払い、最後は亜貴子が亜貴子の住むアパートまで連れていき、俺を泊めてくれた。

昼に目が覚める俺。

亜貴子は俺の為に味噌汁を作ってくれてる。

嬉しくて、悲しくて泣いた。

この後、亜貴子の彼氏が亜貴子の家を訪ね、俺が居る事で2人が喧嘩。

亜貴子の彼氏も浮気を認めると言う流れになる。

俺は亜貴子に尋ねた。

「彼女や彼氏以外のセックスって……好きとか愛してるって感情なくて、それでもセックスってしたいもんかな?」

「私には理解出来ない!私、浮気経験とか一切経験ないし」

「行きずりのセックスか……今から俺とするか?」

「…したいの?」

「セックスしたい欲望より、何も考えたく無いんだけど、この訳分かんない衝動を、何かにぶつけて、壊したいな」

「それは……私もある……私達…する?」

「友達の関係が壊れるかもしれんが…する」

「うん……壊れるかも…けど、ケン(俺の名前)となら……私もする」

囁きながら、少しずつ、少しずつ顔を近づけ、キスして見つめ合い、

「俺、むちゃくちゃ、セックスするから」

もう亜貴子は何も言わないで、俺に身を任せ始めた。

長くキスをし、ギュッと抱き締める。

亜貴子も俺をキュッと抱き締める。

俺は先に服を脱ぐ。

一気に全裸。

全裸姿で、亜貴子の服もゆっくり脱がし一気に全裸にさせる。

「何か恥ずかしいなぁ…」

と照れ笑いした亜貴子が、凄く可愛いく見えた。

また抱き締めあい、長く長くキスをする。

俺の手は亜貴子の背中を中心にサワサワと撫で回す。

「ン…ン……ハァハァ」

少し、息を荒める。

AVのセックスと言うより、なんかの映画のベッドシーンのようなセックスだった。

クンニするわけじゃなく、手で栗や穴付近を撫でて濡らす。

亜貴子も俺のをしゃぶる事は無く、手コキを少々言葉を交わす事すら無く、ただ、肉体の繋がりを求めあった。

体位は正常位、松葉崩しをした。

松葉崩しの時、亜貴子は大きな声で感じるようになって来た。

「アッ…ンッ…アッ、ケン…ンッ…ンッ」

耳元で

「亜貴子、気持ち良くなって来た?」

と聞くと、

「うん…気持ちいいよ…ケン…気持ちいい…あっあっあっ!」

感じてる亜貴子が凄く、本当に凄く可愛い。

俺は亜貴子を上にした。

いわゆる騎乗位だけど、亜貴子はゆっくりと立てに動いていると

「ケンのが……ケンのが……アァァ…アァァ」

とよがる。

亜貴子の形の良い、CかDの胸を激しく揉みまくる。

「亜貴子の胸って綺麗な形してるな。全然知らなかった」

やっとまともな声をかけたのが、確かこれ。

亜貴子は人差し指で俺の胸や腹を、ツツ~となぞりながら

「んっ…ありがと。ケンも結構な筋肉質だったんだね、知らなかった」

正常位に戻り、俺と亜貴子は激しいキスをしつつ、俺は激しいピストンを繰り返した。

「アッアッアッアッ、ダメ、そんなしたらそんなしたらうぁっ!あっだめ!いくいくだめだめあぁぁぁぁ…!」

亜貴子は汗をびっしょりかいて、体をビクッ…ビクッと数回痙攣させた。

俺もビクッとしながら、亜貴子の中で射精した。(勿論、ゴム付きでした)

終わってまったりとしてると、亜貴子から

「愛とか関係なくてもさぁ…セックスって気持ちいいんだよね。こんなの、当たり前に知ってる話なんだけど、さ…やっぱり、私は……」

亜貴子の言葉が止まる。

俺は

「だな。男も女も気持ちいいんだよな。ただな、やってみて、今この時間に発見あったぞ」

「発見?なに?」

「んと…やり終わった後な、虚しい」

「私も……それ思った…」

この日を境に俺と亜貴子はお互いの、彼氏彼女ときっちりと別れた。

そして、2人で色々と話してるうちにきちんと付き合う事となり、来月に結婚します。


PAGE TOP