同級生の彼女に中出しした寝取りSEX体験【エッチ体験談】

クラスで気になる女Aがいて彼氏Bは他のクラスにいたが、そいつと俺は特に話をする事も無かった。
良く、一緒に帰宅する姿を見てた。

ある日、学校からの帰りにがメシ奢れって声かけてきて、彼氏に悪いと言うとBとは喧嘩別れしたと言うので最近買ったDVDとかの話をしながら、俺の自宅に遊びに来た。

俺は彼女と分かれて一年以上経過してて、彼女が欲しいと思っていた矢先のラッキーだった。

おれの部屋で、カップラーメンすすりながら映画を見てた時、肩に腕回してキス。抵抗無し。
制服の上から胸を触ると、思った通りに大きかった。

「優しくして・・」

という事はOKかな?といきなりパンツの中に手を入れるとヌレヌレ。

長年の羨望のAのマンコをどうしても見たかったのでパンツをさっさと脱がしたが、ここからが抵抗されてなかなか足を広げてくれない。

Aが「そっちも脱いで」というので、引き出しからゴムを出してズボンとパンツを脱いでいると、それを見てAは電気を消して自分でベットの上に横になった。電気を消しても外が明るいので、結構室内は明るかった。

俺が横に寝ると「ゴム付けてね」と言うので、ゴムを付けた。
クリをいじりながら
(俺)「経験人数は?」
(A)「Bとだけ」
(俺)「初体験は?」
(A)「去年の今頃」
もう最高に興奮していたので、Aの足の間に移動し足を広げた。

憧れのAのマ○コは、毛が濃く小さなビラの外側が少し濃いめに色がついていた。そのビラを左手で広げながら、グイッと俺を入れると、狭い。

とにかく締まる。

処女の時からユルユルのスカスカだった元彼とが次元が違う。

ズズっと入れると(A)「ううっ おっきい」。ズズっ(A)「おっきい」
俺はでかくない。Bはどんだけ短小なんだよと思った。

俺は制服にパンツを脱いだだけのAの姿に興奮し、奥までギュッと締まる名器に、かなり早めに出してしまった。横になった俺のゴムを外して、ティッシュで拭きながらAは俺のを色々と観察していた。

(A)「へぇ~しゅう(俺)のって大きいんだね」
(俺)「いや至って普通」
(A)「そうだったんだ」
(俺)「ちょっとはネットで色々と見てみろよ」
(A){そうだね。でも、ちょっとキモくて」

段々勃起して来て、(A)「まだ出来そうだね」と言うのは、やっぱOKという事だろうと、今度は全裸にして、騎乗位でスタート。

はじめは痛がっていたAが「いっちゃいます!」と急に敬語になり、ビクッとイッタのを見てから、猛然と突いて2回目終了。

しばらくして「もう一回しよう」とAからフェラしてきた。これが良く仕込まれてて上手かった。ゴムが無いと言うと、じゃと向こうから69の体制で乗っかってきた。

しばらく俺は、ケツやあそこを広げてただ眺めていたが、Aに怒られて舐めたおし、ヤバイなぁと思いながら、バックで中出し。
それから、数日。とうぜん付き合いだせると思ったがAは、遊びだったからとその後の俺の誘いを断り続け、結局、元彼Bとまた付き合い出した。

数日後Bは俺の元に現れて、「人の彼女に勘弁しろよ」と言ってきた。俺は分かれたと聞いていたからと説明するも、そんな筈は無いと熱くなっていた。

Bは、何回したんだとかやたらと聞いていたが、俺はそんなの彼女に聞けの一点張りで殴り合いの一歩手前まで行った。嫉妬に苦しむ気持ちもわかるが、俺にも、Aにもプライドや知られたくない事もあるので言えなかった。

<後日談>

卒業までの、およそ10ヶ月。クラスの可愛いあの子Aの、色々な事を知っていると言うのは、俺にとって大きな優越感だった。
あんなに可愛く遊んでいるあの子の、あそこを知っているというのは、興奮で授業中に勃起することが多く、本当に困った。

Bが、周りに愚痴を言ったらしく、クラスの友人に、色々と悪く言われたりしたが、我慢して黙った。

その中にも、やはりAに気がある奴がいて、何人かはどんな体だった?とか胸大きかった?とか写メあると色々聞かれたりもしたが、ひたすら耐えて黙った。親友にも聞かれたのが辛かった。

他クラスの元彼女には、さすが最低な人間は、やることが違うねぇと言ってやがった。

「このユルマン」
と言いかけて言わなかったのが、いまだに後悔。

Aを連れ込んだとき、途中から姉ちゃんが帰って来ていた。姉ちゃんは自分の義妹になるのかな?と期待していたと、両親の前でぶちかましてくれて大変な騒ぎに。

Aには、卒業が近くなってから「色々と悪かったね。辛い思いをしたかな?」と言って来たので、「いや、気持ちいい思いしかして無い」と言い返し、軽く引っぱたかれた。


PAGE TOP