男のプライドをかけた罰ゲームで包茎ピンチのエッチ体験談【エロ体験】

大学のいわゆるゆるさーに入ってた俺。

それまでそんなにエロい体験とかなかったんだけど、
ある日男2女3で宅飲みあって、ひょんなことから王様ゲームすることになった。

A男はさわやかイケメンで、こいつは何を言っても許されるってかんじの得なやつ。
女からの支持も高い。

俺はフツメンだが比較的いじられタイプかも。

それで最初は酒イッキとか好きな人いるかとかそんなカンジだったけど、
俺が王様になるとその権力を生かして、ブラ見せるとかそんなんばっかやってた。

あ、なんか男女で分けてやってたかんじなんで、
男子用の指示とか女子用の指示とかあった。

調子のってやってたら、女子も反撃に出始めた。

酒も入ってて、とうとう指示が、
「男子の1番がパンツを脱ぐ」ってとんでもないものになった。

その時の1番はA男だったため、俺は一安心。
何せイチモツには自身がなかったから…。

A男はためらいながらも、女子の勢いに負けて脱いでた。

こいつのイチモツはそのとき初めて見たが、
立ってないのに俺の勃起時弱くらいあって、もちろんズル剥け。

女の子たちも、でかーとか言いながらびっくりしてた。

そして恐れていた事態が…。A男の次の矛先は当然俺に。

お前らA男の見れたんだからもういいだろ!とはいったものの、
そんな意見が認められるわけなく、イチモツを見せることになってしまった。

俺は観念してパンツを下ろし始めたが、ここで男のプライド発動。

直前に一瞬手を入れて、スッと皮を剥いておいた。
女に包茎見せるのは恥でしかない。

普段銭湯とかでも結構やることあるし、みんなにばれてなかったと思う。

出てきた俺のイチモツは大きさこそ並だが、頭は見えていた。

しかし、一安心する俺に、そのときA女が一言。

「なんかA男のと違う笑」

「ちゃんと剥けてなくなーい?笑」

確かに俺のは手で剥いただけあって、A男のように綺麗に剥けていない。
段差のところで皮が余ってしまっている。

それをめざとく見つけたA女は、痛烈な一言

「もしかして包茎くん?笑」
「んなわけねえだろ」とあわてながらも反論するおれ。

「じゃあ被せてみてよ」
「あ、命令しちゃおうよ!」
「そっか。じゃあ2番の人はちんちんの皮を被せる!」
「ムリ、絶対ムリ!」
「王様の命令はぜったーい笑」

もはや俺にはどうしようもなかった。

その後も何度か抵抗したものの、結局俺は命令に従わざるをえなくなった。

そこでも男としての小さなプライドが発動。

なんとしてでも少しでも剥けてるイチモツを見せたい。
せめて半剥けくらいの…。

ということで、なんとかほんの少しだけ皮を被せようとする俺。

「もっとちゃんとだよ」ともはや女子全員を敵にした状態。

もう少しだけ被せてなんとかごまかそうとしたものの…

そもそも俺のイチモツにそんな力は残ってなかった。
少し動かしただけでツルッと一気に被ってしまったところを完全にみんなに見られ、
全員爆笑。

被り方の勢いが凄かったらしい。

「よく剥けたのキープできてたね」
「途中で止まるかと思ったのに」

さんざんな言われようで、俺のプライドは完全に崩壊した。


PAGE TOP