服飾デザインを専攻してる2つ年上のバイト先の先輩【エロ体験】

大学1年の7月、夏休みを利用して生まれて初めてバイトした。

小さな洋食屋で内容はファミレスみたいな感じ。

皿洗いに掃除、ウェイター、調理補助、何でもやった。

ホールの仕事はA子さんという先輩バイトに教えてもらった。

服飾デザインの専門学校に通う2つ上、細身で胸デカくスタイルメチャいい。

艶のある黒髪のポニーテール、小さい肩やくびれた腰とスラリと伸びた細い足、いつも後ろ姿に見とれてた。

小顔にあまり似合ってない眼鏡、少し唇が厚く美人ではないが可愛い印象はある。

ある日大雨でヒマな時があり、ホールは2人きり。

店長から閉店を2時間早めると言われた。

自分は電車通勤なので店長が車で駅に送ってくれる事になり、A子さんは徒歩通勤なので自宅まで乗せて行くと言ってたが

「駅でお茶して帰る」

という事で一緒に駅で降りた。

それでは、とA子さんと別れたが、3分ほどしてA子さんから電話。

「お店が閉まってた。雨も酷いので一緒に時間潰し出来ない?」

とのお誘い。

これが夢の世界の入り口でした。

食事してないので駅構内の小さな居酒屋でしばらく飲んだり食べたり。

話の内容はバイトの人間関係や給与、私生活、お互いの学校の事をA子さんペース。

女性とはほとんどプライベートな話をした事がないので新鮮で楽しかった。

そんな中で

「A子さんのスタイルはプロ級ですよね」

と酔った勢いで言ってしまったら、A子さんの顔が真っ赤になってとても照れてる様子だった。

その姿が可愛らしく、自分の意思は決まってしまった。

外に出たら小降りになってたので

「自宅まで送ります」

と申し出たらA子さんは喜んでいた。

徒歩5分でA子さんのアパート。

暗黙の了解で、

「遅いから泊まって行く?」

「いいんですか?」

「いいに決まってるでしょw」

部屋に上がり、濡れた上着を脱いでハンガーを借りて干して寛いだ。

綺麗に片付いた女の子らしい部屋。

しっかりしてる人なんだなぁと感心した。

「汗かいたからシャワーを使うね」

と言い、続けてA子さんが

「一緒に浴びる?w」

と言ってきた。

「いいんですか!」

と返事すると、急に真顔になり

「あはは、やっぱり別々に入ろうね」

心臓の鼓動が高鳴り、鼻息が荒くなった自分に気づいた。

A子さんがシャワーから出るまでずっと同じ所に立ち尽くしていた。

A子さんがシャワー室からキャミを長くしたような部屋着で出てきた。

眼鏡外した化粧っけがない素顔。

眼鏡とは全然ん違う可愛いらしさ。

それにとても女の子っぽいし、身体のラインが薄い部屋着を通して眩しいぐらいだ。

興奮というか萎縮してしまった。

「次の人、どうぞ」

と言われて慌ててシャワー室に入る。

借りたタオルにボディーシャンプを擦りつけて一所懸命色んなとこを洗う。

浴び終わって濡れた身体を拭いてるうちに「着替えがない!」事に気づいた。

すると

「私の短パンと寝間着使って」

と声が隣の部屋から掛かった。

この時ほど貧弱な痩せ気味でよかったと思った事はない。

リビングには冷たいウーロン茶が用意されていた。

自分は心臓バクバクでキョドってるのに、A子さんは気を遣う余裕。

出来るなぁ。

小さな1.5人掛けぐらいのソファでお喋りしてるうちに、だんだん距離が近くなり、肩と肩が密着し左手をA子さんの肩に回した。

身を預けてくるA子さん・・・しかし童貞の自分には次の一手が分からない。

すると、

「こっちをちゃんと向いて」

と言われてキスされた。

完全にA子さんがリード。

舌が絡むので真似をする。

自分もA子さんも息遣いが荒くなる。

右手を取られ、A子さんの豊かな胸に当てられる。

オッパイをおっかなびっくり揉んだ。

さすが巨乳!

揉み応えがハンパない。

自分の固くなった股間にA子さんの左手が伸びる。

短パンの上から握られパンツの中に細い指が入ってきた。

亀頭に触れた途端ピクッとしたが、掴まれてゆっくり動かされると気が遠くなり、溶け出しそうだった。

短パンを脱がされ、寝間着も取られる。

全裸の僕の股間をゆっくりと触りながら

「口に入れてもいい?」

と聞かれ、返事する間もなくフェラ。

気持ちいいどころではなく、感じすぎて気を失いそうになる。

身体が硬直して、出そうになる直前A子さんが離れる。

そして

「身体をよく見せてくれる?」

と思いがけない事を言われた。

蛍光灯のスイッチが入り、170cm53kgの全身に彼女の眼差しが注がれる。

A子さんは微笑んでいる。

屹立した股間が痛いぐらいに感じる。

しばらくしてまた股間を口に含んだ。

ダメだ、ホントにもう逝ってしまう。

そしてA子さんの口一杯に放出した。

凄く長い時間ドクドクと流れている。

彼女が口を離すと、近くにあったティッシュにゆっくりと吐き出した。

でもまだコチンコチンに固いまま。

彼女は僕の右手を部屋着の下に持っていった。

下着を穿いてない!

初めて触れる女性に戸惑う。

A子さんは丁寧に、

「ここを触って、中指で。そうそうあっーあぁぁ」

と悶え出した。

可愛いし妖艶で艶かしい。

喘ぎながら部屋着を自分で脱ぎ出す。

悶え合う全裸の男と女・・・

「ちょっとストップ」

と言って、ゴムを取り出し装着された。

そしていよいよ自分が覆い被さり、彼女に誘導されて初めての経験。

この日2度目の放出。

夢のようであり、堕ちたようでもあり、不思議な感覚を今も思い出す。

激しい息遣いで仰向けになっていると、A子さんは僕の萎えだしたモノを綺麗にティッシュで拭いてくれた。

そしてまたお喋り。

僕は痩せててタイプだったし、まだ童貞だなって思った事。

お付き合いが出来ないかなぁといつも考えてたんだそうだ。

でも自分の容姿、特に顔立ちがコンプレックスで男性に対して積極的になれない、でも今日は駅で2人になれたのはまたとないチャンスだと思って決心して連絡した事。

デザインを勉強したかったのは、どんな人でも似合う服装は必ずあるから、そんな夢を与える仕事をしてみたいから、など色んな事を話してくれた。

男性用のセクシーなスポーツウェアも考えているんだ、と画帳を開いてくれた。

数十枚の克明で写真のように綺麗なスケッチ。

どうしてこんなに機能的で芸術的でカッコいい絵が描けるんだろう?と驚いた。

1ページずつじっくり見ていると

「どう?変でしょ」

と聞かれたが、凄くドキドキしてしまい

「僕がモデルになりたいぐらいです」

と鼻息荒く答えた。

「ありがとう」

と言われて

「じゃあいつかショーには出てもらわないとね」

と笑う。

そして裸同士で真面目な顔で見つめ合った。

僕の股間はまたムクムクと起き上がってくる。

「今度スケッチ描かせてね」

と僕の胸に寄り添って、そしてキスをした。

その日はA子さんの家に泊まり、翌日昼まで合計5回ぐらい繋がった。

夕方近くに家に着替えを取りに帰り、バイト先でまた一緒に働いた。

バイトが終わって夜食を食べ終え、

「今日も来る?」

とA子さんに聞かれる。

もちろんです、と即答したいところだったが、ガッツイてると思われたくない見栄で

「うーん、今日はレポートもあるし。少しだけなら?」

とタメを作って答えてしまう。

思い返せばガキだなぁw

そんな夏休みのある日、A子さんにスケッチさせてほしいとお願いされた。

裸になって寝転んでていいから、と凄く早い時間で書き上げた。

次に立ち上がって胸を張ったボーズを要求される。

それもサッと書き上げた後に、信じられない言葉を耳にした。

「剃ってしまってもいいかな?」

とポソッと呟いたA子さん。

彼女自身は綺麗にラインに合わせて剃っていて、ちょこっと残していた。

でもそれは女性だから嗜(たしな)みたいなものなのかな、と思っていた。

男性が剃ったら何だか危ない人に思われないか?と抵抗があった。

でも、A子さんにお願いされたらやっぱり

「いいよ」

と言ってしまう。

「ありがとう。勝手なお願いでごめんなさい」

僕は裸のままシャワー室に行き、湯船の縁に腰掛けて足を開いた。

彼女の細い指が下腹部に添えられて、女性用の安全カミソリを当てる。

でもなかなか剃りづらいようだ。

悪戦苦闘した後、一度シャワー室を出てハサミで短く切ってからカミソリを使う事にした。

新聞紙を敷いてその上に足を開げる。

丁寧にチョキチョキ切っていく。

みるみる短くなった陰毛。

チクチクして堪らない。

そしてシャワー室にもどりまた同じ格好で剃る。

しかし、安全カミソリがまだ上手く使えない。

それで僕の3枚歯のひげ剃りを使ってみると、今度はスーッと歯が走る。

下腹部はあっという間にツルツルになる。

玉も念入りに伸ばしてひげ剃りを当て、萎えて剃りにくくなった竿の根元は泡をつけてしごかれてコチコチに反り立たされて剃られた。

剃り跡がプツプツして痛々しい感じでとても変。

鏡に映ると無毛の勃起したペニスがとてもいやらしい。

僕はA子さんに抱きついて早く刺激してもらいたかったが、彼女はしばらくそのまま見つめるとデジカメで僕の裸身を撮り出した。

ペニスのアップ、股を広げて鼠蹊部を写したり色々撮られパソコンに取り込んだ。

そして彼女は真面目な顔でモニター上の僕の裸身の画像を見続けている。

その日から、A子さんは僕を裸にするとシャワー室で毎日のように毛を剃り、ソファの上に立たせスケッチしたり身体やペニスのサイズをメジャーで計測したりした。

大きくしたり萎えさせたり、輪ゴムやひもを巻いてみたり。

そして、型紙を書いたりミシンで即席のパンツを作ったりととても熱心。

普段一緒にいる時、僕はTシャツを着てA子さんの小さなパンツを穿いて過ごすようになった。

時々、A子さんは僕の股間を刺激して膨らんだりはみ出たりするペニスを観察する。

パンストやタイツを下着なしに穿かせて膨らみを見たり、紐をペニスに縛りつけて引っ張ったり、色んな事をして試している。

しかし、剃毛は始めこそ興奮したけれどだんだん慣れてしまい、1ヶ月も経つと

「剃るね」

と言われても(あーまたか)というような気分で気乗りしなくなっていった。

それに、惨めさばかりが増長して嫌気も差していた。

女性のパンツを穿くのもA子さんに指示されたから穿いてただけで、普段着けて興奮してる男性の話をネットで読んでもそういう趣味みたいなものはついに芽生えなかった。

僕は、A子さんと普通の恋人同士のようなお付き合いがしたかった。

デートして映画や買い物、腕を組んで公園を散歩したり食事をしたり、夜恥ずかしがりながら一緒にベッドで抱き合ったりしたかった。

2人で、普通に彼氏彼女の同棲生活を送りたかった。

でも、A子さんは卒業制作も迫っているし就職が決まった企業へもしょっちゅう出かけたりと忙しく、家に帰ると課題をこなした後、僕の股間を剃り、僕を脇に置いてウェアを考案するのが唯一の2人の時間。

夜寝るのも僕が先にベッドに入り、夜中の3時過ぎぐらいにやっとA子さんが入ってきて求めてくるのだが、その時僕はぐっすり眠っているから起こされる感じで不機嫌になる。

それに、Mのような扱いを受ける事が自分の男としてのプライドが許さなかった。

だんだんすれ違いが鬱陶しくなってきたある日、僕はA子さんのアパートには戻らず自分のアパートで暮らしたくなった。

もちろんA子さんへの当てつけの意味もあった。

3日間で100回ぐらいのメールや着信があったが、返事をしなかった。

でも、4日目になって彼女のアパートへなぜか足が向いていた。

A子さんは僕を見ると抱きつき泣きだした。

何も言わなかったし、僕も何も言わなかった。

しばらく泣いた後

「ごめん、写真撮ったり剃ったりしたのが嫌だったのは分かってた。それでも分かってくれると思ってたのは自分の身勝手だった」

と、自分が悪いんだと一所懸命謝っていた。

でも、僕は彼女を抱き締めてもなぜか淡白にしかなれず、股間も反応しなかった。

白々しさや嫌気が勝っていたんだろう。

その晩、食事をして

「一緒にお風呂に入りたい」

という申し出を断って帰宅した。

そして、自分のアパートに戻ったままA子さんの部屋にはついに行かなくなった。

今度は3日ほどは何度も着信があったが、日が経つに連れて減り、2週間ほどで全くなくなった。

それからしばらくして、A子さんから分厚い封書が届いた。

お詫びの言葉がたくさん書いてあった。

今でも僕の事が本当に大好きだから、毎日が寂しくとても悲しい。

戻って来て欲しい。

そして2人で一緒に生活したいというような内容がびっしりと表現してあった。

正直言って、読んでるうちに悲しく涙ぐんだ。

僕はとても酷い事をしてしまったという反省が胸を行ったり来たりした。

でも、変なモデル扱いされて数々の嫌な事を思い出すと、嫌悪感が甦って優しい気持ちを打ち消してしまうのだ。

これは恨みのようなものかも知れない。

自分自身が思い出すのも恥ずかしい変態みたいで、本当にイヤでイヤで堪らない気持ち。

そして返事も連絡もせず、着信を拒否して終わった。


PAGE TOP