彼氏でもない年上の人と…大学時代の不倫【エロ体験告白】

大学生の時、生まれてはじめての浮気をしました。初めての浮気は、初めての不倫でもありました。
 彼氏のことは本当に好きだと思っていましたし、何の不満もありませんでした。ただちょっと「ドキドキ感」が欲しかったのかもしれません。

 相手の人(Aさん)は私より二まわりくらい上の人です。お互い同じ会に所属していました。とっても尊敬する人でした。Aさんに認めてもらえるような人間になりたいとずっと思っていました。
 そんな人と男女の関係になったきっかけは飲み会でした。
 酔っ払ったAさんが私に、「キスしたい…」と独り言のようにつぶやきました。今まで酔っ払っても、そんなことを冗談でも言ったことのない人だったのでびっくりしました。

 わたしは酔っ払いのたわごとだと思いつつ、ちょっとドキドキしながら、「いいですよ♪」と軽く答えていました。
二次会でカラオケに行きました。私はAさんの隣の席に座りました。みんながカラオケに夢中になっている間に、Aさんの小指が私の小指に当たりました。きっと、偶然じゃなかったと思います。
 私は離れることなくそのままでいました。お酒が入ると人にくっつきたくなるという性分も手伝って、私は逆に自分から、自分の小指をAさんの小指に絡めていました。

 その日は何もなく終わりました。その後たびたびAさんと会うことはありましたが、お互いにまるで何もなかったかのように過ごしていました。
 私はずっとAさんの事が気になっていました。キスしたいといったのは冗談だったのか、それとも本気なのか…。ちゃんと記憶にあるのか…。
 確かめられないままに時間がすぎていきました。

 そして、また飲み会がありました。解散した後、私とAさんだけが電車で帰る事になりました。でも方向は逆だったので、改札口を入ったあと、反対方向に分かれました。私は、とても離れがたくて、その場から動けませんでした。
 私に背をむけて階段の方へ歩いていきました。帰ってしまうんだ…と私はとても切ない思いでみつめていました。
 Aさんがふと立ち止まりふりかえりました。私はもう、考えるより先に走り出していました。何を言えばいいのかも分からず、ただ、Aさんにかけよって、目を見つめました。
 Aさんは「どないしてん…」と言って、私の手を握りました。
 私はAさんの大きな手を強く握って、照れ隠しで笑いました。

 その後Aさんは私をホームまで送ってくれました。ずっと手を握ったままで。緊張のあまりわたしは関係のないことをしゃべりまくっていたと思います。
 階段を上がりきる前にAさんは立ち止まりました。そして、私を階段の壁に押し付けました。Aさんの目がとっても切なかったのははっきり覚えています。
 そして、私たちはキスをしました。

 小鳥がついばむような軽いキス。
 私は、自分がAさんにはまってしまいそうだと感じていました。これはヤバイと思っていました。
「Aさん、これで約束ははたしましたよ!」といいました。これで終わりにしようという、小さな抵抗でした。

 その日はそのまま帰宅しました。ですが好意を持っている男女がキスだけで終わるはずがありません。それから私はなんだかんだ口実を作ってAさんにメールをしました。お互いにしらじらしいメールのやり取りをしていました。二人とも本当は会いたくてしかたがないのに、すぐに「二人で会おう」なんてことはしませんでした。
 口実が必要だったのです。堂々と会うための。それはまるで危うい綱渡りのようでした。一歩でも間違えれば落ちるのが目に見えています。でも、わたしはそんな危険なシチュエーションに興奮していました。

 私の就職祝いという口実を得て、とうとう私達は一線を越えてしまいました。
 私達の関係は、期限付きの関係でした。「私が卒業するまで」でした。ちょうど半年ほどでした。Aさんは家庭を大切にしていました。わたしはそんなAさんに惹かれていました。家庭を壊すことは望んでいませんでしたし、私も彼氏と別れるつもりもありませんでした。
 こんな風にいうと、「遊び」のように思われるかもしれません。でもAさんは確かに私を愛してくれていました。

 Aさんの愛し方は、彼氏とは全く違っていました。正直に言って、大人なAさんはどんな風にエッチするんだろう、という興味と期待がありました。
 Aさんは本当に「激しい」人でした。
 初めてのエッチをする前から「ツバキを抱きたい…」とストレートに言ってきました。
「今までどんなやつに抱かれたん? 今までツバキを抱いたやつを許されへん…。」
「ツバキの彼氏がうらやましい…」
 その言葉に私はとても苦しくなりました。

 いつもホテルに入るとすぐに私を強く強く、痛いくらいに抱きしめて、キスをします。余計な言葉はありません。私もAさんが欲しくて欲しくて仕方がない状態になっています。二人で会ったときから、恥ずかしいくらい濡れてしまっているんです。
 キスしながら、Aさんの手は私の胸をわしづかみにしてきます。激しくもまれて、私は気持ちよくなって「あっ…」と声が出てしまいます。
 今までは胸をもまれてもあんまり感じなかったのに…。

 服の上から触られていたのが、いつの間にかAさんの手が服の中に入ってきています。そして、ブラをずらして、今度は私の固くなった乳首をいじくりだします…。
 早くベッドに押し倒してほしいのに、Aさんはぴたっとやめて、「シャワー浴びておいで」と言い出します。私はお預けを食らったような気持ちになって、一人でシャワーを浴びに行きます。
 するとAさんが後から入ってきます。
「もうっ!Aさん!」怒ったように言いながら、裸を見られるのが恥ずかしくてあわてて後ろを向きますが、Aさんと向き合うようにされます。そしてボディーソープを手に付けて私の身体を撫で回して行きます。ぬるぬるしていて、とても気持ちよくなってまた声が出てしまいます。腰砕けになりそうで、Aさんの首に手をまわします。
 胸を撫でられ、おなかを撫でられ、そしてそのまま手が下に伸びてゆきます。
 思わず太ももをきゅっとしめて、ガードしますが、ボディーソープでぬるぬるとした手は、そんなガードをものともせずに、私のあそこに触れてきます…。

 今度は私の手をAさんのあそこに導きます。
「さわって」といわれて、最初はおそるおそる手を伸ばします。Aさんのびっくりするくらい固くて大きくなったものに触れ、私は思い切って強く握ります。
 私の手もボディーソープでぬるぬるしています。ゆっくりと上下に手を動かします。

 Aさんが「ツバキ…気持ちいい…」と言ってくれると私はもっと気持ちよくしてあげたくなります。でもAさんは私の手を止め、先にシャワーを浴びて浴室をでます。
 そして後から出てくる私をベッドで待っています。

 わたしはドキドキしながら、そっとベッドの端っこに腰掛けます。近づきたいけれど、緊張していつも自分からは近づけません。
「ツバキ、こっちきて」
 そういわれてからやっと私はそばに寄ります。私はベッドに押し倒されるときが一番ドキドキします。これから起こるであろうことに、いやらしい妄想が膨らみます。

 Aさんは私をベッドに押し倒し、キスをします。Aさんのくちびるは、私のくちびるから離れ、首筋をなぞってゆき、そして私の胸までおりてきます。そして私の乳首を激しく吸い始めます。
 片方の胸を激しく揉みしだきながら、もう片方の胸に吸い付いてきます。
 あんまりに荒々しく、激しいAさんに私はますます感じて声が出てしまいます。

 そしてとうとう手があそこに触れてきます。閉じていた太ももをぐいっと開かれ、指が割れ目をすうっと撫でます。
「はあぁんっ!」
 一瞬の快感にびくんと身体が震えます。

 大きな指が私のあそこをいじくりまわします。私が気持ちいいと感じるところを何でも知っているかのように、執拗にいじめてきます。
 Aさんは枕を取り、私の腰の下に差し込んできます。あそこがAさんに丸見えになってしまい、ますます恥ずかしくなってしまいます。

 Aさんの顔があそこに近づいてきます。
「Aさん、だめっ! やめてください!」
 私のお願いなど聞いてくれるわけもありません。Aさんの舌が私のあそこの割れ目をなぞります。
「ああっ!!やだぁっ…」
 私はビクッと身体が勝手に動いてしまいます。

 今度は指を使ってきます。今まで黙っていたAさんが、私の気持ちいいところを聞いてきます。
「ツバキ、ここは? 気持ちいい?」
 とっても気持ちいいのですが、恥ずかしくて答えられません。
「ここは? ツバキ、ちゃんと答えて。」
「はぁっ…そんなの…答えられません…」
「あかん。ちゃんと答えてくれなわからへんやろ」
「だって…恥ずかしい…」
「ゆってくれなやめるで」
「Aさん、いじわるっ…んんっ、はぁん…Aさん、そこ、気持ちいい…」

 だんだん私の頭は真っ白になってきます。もうちょっとしてほしいのに、Aさんは手を止めてしまいます。
「ツバキ、舐めて」
 今度はバトンタッチです。私がAさんを気持ちよくする番です。
 場所を移動して、Aさんの股間に顔を近づけ、上目遣いでAさんの顔をちらりと見ます。手はAさんのモノを握ってはいますがまだ舐めません。
 まずはキス。いとしいAさんのモノにたくさんキスをします。

「ツバキ、早く」
 典型的なSのAさんはじらされるのが嫌いです。でもいつもじらされる私は、時にいじわるしたくなります。
 舌全体でベロンと根元から舐め上げ、さきっぽをツンツン。また舐め上げてツンツン。
 まだ咥えません。全体を舐めまわします。手はタマを優しくもみます。

 今度はタマを口に含んで吸い上げます。
「ツバキ、早くして」
 Aさんのじれったそうな声に私はますます興奮します。
 Aさんのモノをゆっくりと口に含んでゆきます。
 吸うようにしながら、ゆっくりと、口全体で包み込みます。密着させながら、根元とさきっぽを行ったりきたり。含みながら舌はサオをちろちろ。少しずつスピードを上げてゆきます。徐々に激しく、激しく…。
 手はしっかりとAさんのモノを握り、上下にピストン。口の動きも手の動きにあわせます。あごが苦しくなってきますがやめません。

「あぁっ…ツバキ、もっと激しく!!」
 もっと早く、早く…。
 そこでAさんに手を止められます。Aさんにイって欲しいのに、口ではさせてくれません。

 この後のAさんはまるで自分の欲望を制御できない少年のようです。がばっと私を押し倒し、脚を開かせます。そして、もう濡れて濡れてどうしようもない私のあそこに、Aさんのモノをうずめてくるのです。
 ゴムは付けません。最初の頃は「付けて」といっていたのですが、Aさんがどうしても付けてくれないので、ピルを飲むようにしたのです。そのことをAさんは知らなかったと思います。

 ナマのAさんのモノを受け入れます。
 いままで以上の快感が身体全体に広がります。ぬるんと一気に入ってきます。
「あぁぁっん!! Aさんっ!!」
 ゆっくりとAさんが動き出します。Aさんの動きにあわせて勝手に声が漏れてしまいます。
「はぁん、あぁっ、あんっ、あんっ!」
 正常位でしばらく動いたあと、Aさんは私を抱き起こし、騎乗位にします。最初の頃は恥ずかしいし、動き方も分からないといって嫌がっていたのですが、Aさんに教えられて騎乗位が好きになってしまいました。

 Aさんの上で腰をぐるぐると円をかくように動かします。気持ちいいところに当たるように動きます。だんだん乱れてくる私をAさんはずっと見つめています。その視線にますます興奮し、私はもっと乱れてしまいます。

 しばらく動くと疲れてしまってAさんの胸に倒れこみます。すると今度はバックです。私がイチバン好きな体位です。
 それを知ってか知らずかAさんは激しく突いてきます。とても信じられないような激しさで。
 ぺたん、ぺたんっという音とぐちゅぐちゅという音がいやらしく部屋に響きます。
 彼氏とは大違いの激しさに私はもうAさんのとりこになっています。

 四つんばいで手をついて自分を支えていたのに、力がはいらずベッドに突っ伏します。
 お尻をAさんに向けて高くあげたまま。Aさんの動きに合わせて自分も腰を動かします。
「あんっ、あっ、あっ、あっ、あんっ!! だめっ! おかしくなっちゃう! Aさん!!」
 バックだと、今までとは違うところに当たって、声がますます大きくなります。気持ちよくって、おかしくなりそうです。

「ああっ、ツバキ!!」
 Aさんの動きがますます激しくなって…さっとモノを私の中からだして、私を上向きにし、お腹にむかって放出します。Aさんの大きなモノから白い液体がぴゅうっっと飛び出します。
 ぐったりとしている私。
 Aさんはいつも私のおなかについた白い液体を指ですくいとり、私に舐めさせます。Aさんの精液はねっとりとして、とっても濃いくて、おいしいです。

 Aさんとの関係は、最初の約束通り私の卒業と共に終了しました。
 途中、私は心のバランスを保てなくなり、彼氏と別れようかと本気で考えていました。不思議なことに罪悪感は全くありませんでした。AさんはAさんで自分に家庭があることに苦悩しているようでした。そして私が彼氏にも抱かれていることに、割り切れない気持ちがあるようでした。
 まっすぐすぎる人でした。独占欲が強くて、私の全てを自分の物にしたいと願いながら、自分には家庭があって、そんなことをする権利がないことをよくわかっていたのです。
 ただの浮気と割り切るには、お互いに気持ちが入りすぎてしまっていました。

 今でもAさんと同じ会に属しているので、顔を合わせることはあります。飲み会に参加することもあります。
 でも、もう、二人の間には何にもありません。私は再び彼氏だけを見つめて、そんな自分に満足していました。
 …が、彼氏と半年間遠距離恋愛をしなければならなくなり、私は寂しさのあまり、再びAさんに…


PAGE TOP