四つん這いにさせて後ろからオマンコ見たり広げたりw【セックス体験談告白】

3ヵ月ぐらい前の、同僚のgood jobで女子大生と合コンをした。

20歳の子が2人に21歳の子が2人。

そんな中、俺は20歳の子とメアド交換をした。

ハッキリいうと4人の中で1番影の薄い子。

要するにアブれた子がいて可哀想だから俺が・・・みたいな話。

ニコニコしながら周りを見てて、自分からは積極的に会話してこない。

質問したら答えるんだけど、答えたら終わりで話が続かない。

服装も地味目で煙草も吸わず、チビチビとサワーを呑んでたみたい。

俺以外のメンツはノリノリで楽しそうだったが、アブれちゃ可哀想だしね。

カラオケに行っても静かなその子の隣で相手をして過ごしてた。

とりあえず彼女のスペックを。
名前は由香里、20歳で大学2年、155cmぐらいの普通体型、黒髪でいかにも清純系、独り暮らし。

顔の印象は・・・・って感じなので、不細工じゃないけど可愛いわけでもない感じ。

聞いてみたら彼氏は過去に2人いたらしい。

高校の同級生と、合コンで知り合った男と。

ここ半年以上はフリーだって言ってた。

勘違いなんだけど、その日俺が相手してあげた事で「優しい人」って思われたみたい。

いつも合コンとか行くと1人取り残されるから、相手してくれて嬉しかったと。

別に好みでも無かったから軽くあしらってたんだが、日々のメールがマメでね。

短文じゃないし見た目とは違って可愛いデコメとかも使ってくる。

性格はイイんだろうなって思いながら、ダラダラとメールが続いてた。

数週間経った辺りに

「呑みにでも行く?」

みたいな話になり、由香里は喜んでのってきた。

あんまりお酒は呑めないけど、呑んでる雰囲気は好きなんです!だってさ。

「じゃ~俺が潰れたら介抱してね」なんていうと「任せて下さいっ」

とかw

期待もしないで待ち合わせ場所に行くと、既に待ってる由香里の姿。

遠目からも地味なオーラが出まくりで、携帯を弄ってるんだけど景色に同化してるっぽい。

声を掛けるとパッと笑顔になって、その瞬間ちょっと可愛いかもと思ってしまった。

今思えばギャップってやつだろうね。

そのまま居酒屋へ行って呑んだんだが、やっぱり由香里はあんまり呑まなかった。

少し顔を赤くしてるだけで、焼酎を呑みまくる俺をニコニコしてみてるだけ。

見守られてる感じだったが気分良く呑めたのも、やっぱり少し気に入ってきてたのかも。

「どうする?帰る?明日早いんだっけ?」

「明日はバイトも無いから大丈夫ですよぉ」

「じゃカラオケ行く?」

「えぇ~だったら満喫がイイな」

「満喫?マジで?」

「はい・・・1人じゃ行けなくて・・・」

なんで満喫なんだよ!と思ったが、仕方ないので付き合う事にした。

終電まで残り2時間ちょっと。

2時間ぐらい休憩して帰るのも悪くないかとw

行ってみるとちょうどカップルシートみたいな部屋が空いたので、そこに入る事にした。

ぶっちゃけ俺は満喫にはあまり入った事が無い。

だから景色が新鮮でちょっと楽しい気分になってた。

大きめのソファーに靴を脱いで座り、コーヒー呑みながら俺はTVのニュースを見てた。

由香里は何冊か持ってきたマンガを見始めて、お互いに完全に別世界。

そこに入ってから由香里はカーディガンを脱いだんだが、実はその体に少々ムラムラはしてた。

合コンの時も呑んでる時も、薄いカーディガンを脱がなかったんだよね。

だから初めてその時薄着になった姿を見たんです。

なんていうかムッチリ系で谷間ありまくりの巨乳タイプ。

後で聞いた話なんだけど、男の視線が胸にくるのが分かるので恥ずかしいんだってさ。

小さい貧乳系じゃないのは薄々分かってたけど、こんなに立派な巨乳だとは思って無かった。

だからすぐ隣でマンガを読む由香里の体を、TV見ながらチラ見しまくり。

ノースリーブから伸びる腕を見る限り、肌もモッチリ系の色白。

2~3畳のスペースだからムラムラしまくりでさ。

そんな俺のチラ見に気が付いた由香里は

「何見てるんですかぁ~」

と笑ってた。

「いやぁ、肌が綺麗だなって思ってさ。触ってイイ?」

「ダメですよぉ」

「何で?エロい事考えちゃった?」

「考えてませんけど!」

「じゃ~イイじゃん」

「えぇぇ・・・・」

好みじゃない女の子には強気でいけるもんですね。

イイじゃんイイじゃんとゴリ押しで腕をナデナデしてみました。

これがまた想像通りの綺麗な肌で、ツルツルで全然産毛も無い感じ。

「毛の処理してるの?すげぇ~ツルツルなんだけど」

「してませんよぉ~もともとあんまり無いから」

「へぇ~マジで超綺麗だね」

「ちょっと触り過ぎですよっ!」

「あっゴメンゴメン、舐めてもイイ?」

「ダメに決まってるじゃないですかっ!変な事考えないで下さい」

「変な事って?教えて?」

「もぅイイですっ!」

「じゃ~舐めてもイイ?」

「ちょぉ~~っとぉ~~っ!ホントに舐めないで下さいよっ!!」

小声でこんな小競り合いをしつつ、結局腕にキスまでしちゃいました。

案外由香里は「ダメ」とは言っても嫌がって無い。

むしろ楽しそうな感じだったから、これはもっとイケるか?!と思って行動に出た。

「ちょっとさぁ~横にならない?」

「イイですよぉ~」

「はい、腕枕ね」

「腕枕ですかぁ~?もぉぉ・・・」

文句を言いつつ腕の上に頭を乗せてきた由香里。

それでもマンガを読んでいる。

だから腕枕してる右手で由香里の右腕を掴んでみた。

一瞬俺の方を振り向いたが何も言わないので、そのままプニプニした腕を揉んでみた。

「太ってるからヤメて下さいっ」

「そうか?このぐらいが一番イイと思うけど。ガリガリはダメだぞ」

「そんなもんですかぁ~?もっと痩せて可愛くなりたいのに」

「ガリガリは色気が無いからな。オッチャンはこのぐらいが好きだ」

「あはは、おっちゃんて。まだ若いじゃないですか」

喋りながら腕を揉み揉みしてたんだけど、全く拒否ってもこない。

俺の股間は既にガチガチ状態なので、我慢できなくなった俺は巨乳に手を伸ばしてみた。

ムニュッとした巨乳独特の柔らかい感触。

うわぁ~最高じゃん!と思った瞬間、驚いたような表情で俺を振り返ってきた。

さすがに胸はビックリしたんだろうね。

体をくねらせて逃げるように俺の方を向いてきた。

「ちょっとぉっ!」

「ん?なに?」

「なに?じゃないですよっ!どこ触ってるんですかっ」

「おっぱい」

「おっ・・・だめですよっ!もぉぉ」

俺に触らせたくないような感じで体を俺の方に向けてきてたので、かなりの密着度になってた。

多分もうこの時点で由香里は興奮してたんだと思う。

そんな風にはまったく見えなかったけどね。

「まぁ~まぁ~イイじゃん」

と俺は肩を抱いて由香里の体を抱き寄せてみた。

「ちょっとぉぉ~~」

文句を言いつつ由香里は身を任せてきていたので、俺の胸には由香里の巨乳の感触が。

「こんな事されるの久し振り?」

「はい・・・凄く・・・」

「イイもんでしょ?しかも満喫で」

「ちょっと緊張しますけどね」

「その緊張がイイんじゃん」

「んまぁ・・・そうかも・・・・」

「由香里ちゃんてドMでしょ?」

「えっ?何言ってるんですかっ!違いますよっ」

「いやいや完全にドMでしょ」

肩をグイグイ抱き寄せて巨乳を俺に押し付けるようにしても逃げない由香里。

これはもうイクしかない!と思い、会話が途切れた瞬間キスをしてみた。

「むむんっっ!」

と初めは軽い抵抗があったんだけど、舌を入れるとすぐに身を任せてきた。

たどたどしい舌の動きを堪能しつつ、由香里を下にして激しく上からキスをしまくった。

俺の激しいキスにスイッチが入ったのか、

「んはぅっ」

と軽くエロい吐息を洩らし始める由香里。

必死に俺の舌に応えようと、ベロンベロンと舌を動かしてきてた。

我慢できない俺はキスをしながら巨乳に手を伸ばし、まずは右手で揉み始めた。

腕を掴んでヤメさせようとしてきたが、両手で揉み始めるともう抵抗は無くなった。

舌を絡めながら両手で巨乳を揉みまくると、次第にエロい吐息が断続的に漏れまくってきた。

見た目ではエロさの欠片も全く無い由香里が、こんな場所で俺に舌を絡めながら喘ぎ出しちゃってるぞ・・・。

そう思ったら興奮しまくりで、気が付いた時には周りに丸聞こえなぐらい激しくキスしてた。

近くでガサガサッという音が聞こえて我に戻ったが、由香里も無我夢中だったらしい。

「恥ずかしいね」

と2人で笑ってしまった。

座り直して今度は座ったままキスをして、もうキャミの上から巨乳を揉み放題。

由香里の手を持って俺の股間へ誘導すると、恐る恐るチンコをニギニギしてきた。

「こういうのって興奮するでしょ?」

「はい・・・」

「見た目とは違って変態なんだね」

「そんな事無いですぅ・・・ハァハァ・・・」

「何カップあるの?このオッパイ」

「FかGです・・・」

揉みまくりながら時々キスをして舌を絡ませる。

しっかり俺のチンコを握った手は離さず、慣れない手つきながらもニギニギを繰り返してた。

これは興奮しまくりだなと思った俺は、やっぱり下半身に手を伸ばし始めた。

太ももに手を置くと

「そっちはダメ」

と軽く抵抗。

でもそんなもん関係ないとばかりに、強引にキスをして舌を絡ませながら太ももの内側を撫でまくった。

次第に足に力が入らなくなってきたのを見計らって、サッと奥まで手を入れてみた。

それにはビックリしたのか一気に足を閉じてきたが、キスしながら奥へ奥へと指を突っ込んでいった。

ムニッとした柔らかさが指先に伝わり、パンツに指先が到達したのが分かった。

強引に動かしながらやっとクリトリス付近に指先が触れた瞬間、ビクンっと由香里は反応した。

もうここまできたら諦めたらしく、足の力も抜けてきたから俺はクリトリス付近を指先で刺激しまくった。

これにはエロい吐息以上の喘ぎ声が出ちゃうらしく、口を手で押さえて必死に我慢してた。

舌を突き出すとしゃぶりついてくるようになってた由香里。

パンツの横から指を滑り込ませると、もうビックリするほど濡れていた。

「だめっ・・・」

「こんなに濡れてんだ・・・ホント変態だな」

「ちがうっ・・・だめっっ・・・んあっぅ・・・」

「大人しい顔して随分エロいんだね。

ここ気持ちイイんだ?」

「そんな事っ・・・んあっんっ・・・・ホントだめっ・・・だめっ・・・」

クチュクチュと音が鳴るほど濡れていた由香里のオマンコを、指先で弄りまくった。

膣に指先を入れ始めると、由香里はもう必死の形相。

ダメとか言ってるくせに腰を前にズラしてん入れやすくしてるしねw

中指を根元までズッポリ入れ、中を刺激すると由香里は俺に抱き付いてきた。

抱き付いてきた由香里を強く抱き、そのままグチュグチュと音が鳴っても構わず指マンしまくった。

周りでガサガサという音が聞こえ始め、コレはさすがにヤバいか・・・という状況。

出ようか?と由香里に言うと気まずそうに頷いた。

由香里の手を掴んで駅とは反対方向へ歩き始めたが、何も言わずについてきてくれた。

ラブホに入る時も無言だったが、部屋に入ってすぐにキスをすると今度は積極的に舌を絡めてきた。

見た目からは想像できないエロさだな・・・と思えば思うほど興奮するわけですw

ベッドに押し倒してからキスしまくり、キャミを脱がせてビックリだった。

真っ白な巨乳でしかも形が綺麗過ぎる。

FとかGとかあったら垂れてても普通でしょ?!

若いからなのか経験があまりないからなのか、ほとんど垂れても無くて乳輪も薄ピンク。

「こんな綺麗な巨乳初めて見たよ」

と俺は乳首にむしゃぶりついた。

もう由香里は我慢する事無く喘ぎ出し、その喘ぎ方もまたエロい。

「んやっ・・・だめっっ・・・んあんっ・・・んあっ・・・だめっん・・・」

ダメじゃないくせに「ダメ」を連発。

トランクスの上から握らせてると、しっかりチンコを握ったりシゴいたりしてくるんだからね。

しばらく巨乳を攻めまくったので、パンツの上から触ってみるとビチョ濡れ。

パンツの中に手を入れて容赦ない手マン。

あれ?毛の感触があんまり無いな・・・

そう思いながら手マンをしまくって、指を入れるとこれまた喘ぎまくりの由香里。

締まりも良く指2本はキツ過ぎなので、中指1本で膣内を攻撃しまくった。

感じながら俺の顔をジッと見てるし、キスすると夢中でしゃぶりついてくるわけ。

もう入れたくて入れたくて仕方が無いからパンツを脱がせようとしたんだよね。

「シャワー浴びたい」

「じゃ一緒に入る?」

「恥ずかしから嫌っ」

「分かったよ・・・」

パンツ1枚で小走りに風呂場へ消えていく姿を見て、これはもしかして相当な掘り出し物か?!と思い始めてた。

ムッチリした体型なんだけど腰のクビレはあるし、なぜか太ももとか足はそんな太くも無いし。

交代でシャワーを浴びてエッチ再開。

ラブホのガウンみたいのを脱がせてみると、やっぱり陰毛がかなり薄いのが分かった。

恥骨付近にチョビチョビと生えてはいるけど、最近生えてきたの?ってぐらいの薄さ。

クンニしやすいほど割れ目の両サイドには全く毛は無いし、全身の体毛が薄いみたい。

恥ずかしいから嫌とか言ってたくせに、強引にクンニしたらヨガリまくり。

エロい汁もアナルにまで垂れ流れるほど出てたし、小刻みに腰をヒクつかせるのがエロかった。

手マンしながら顔の近くにチンコをもっていくと、心得ているのかまずは舌で亀頭や竿を舐めてきた。

俺の顔を見てくるから俺が恥ずかしくなっちゃったけど、まぁ~まぁ~フェラは上手い方。

四つん這いにさせてフェラしてもらったが、ねっとり系で激しさは無いフェラだった。

なんつ~かね、言いなりなんだよね。

騎乗位やらせても文句も無く上にまたがるし、腰振って?と言ったらちゃんと振ってくれるしさ。

バックで激しく突きまくりながらケツを叩いたりもしたんだけど、それでさえ喘いで受け入れる感じで。

「俺のクビとか耳舐めて」

正常位で抱き締めながら言ったら、ちゃんと忠実に実行してくるしさ。

言ったら何でもしてくれる感じのセックスだった。

「腰動かせる?」

正常位の時に聞いたんだけど、無理だろうなぁ~って思ってたわけ。

なのに

「うんっ・・・・」

て言って下から腰をグリングリン振るんだからビックリでしたよ。

見た目が地味で清楚系で、遊びまくってるタイプじゃないくせに、20歳やそこらで正常位でも腰振るんだぜ?

久し振りの逸材を見つけた気分になって、その日は朝まで2回もしちゃったぜw

付き合うとか言わなかったけど、その日から週に1~2回会う様になった。

2回目は由香里の部屋に行ったんだけど、もうこの時はお互い求め合う感じで弄りまくってた。

久し振りにエッチしたから一気に思い出しちゃったらしく、エロさ全開!てなってたみたい。

洗って無いチンコを舐めまくるし、2回目にして生で入れてOKだったし。

部屋に通うようになってヤリまくりでした。

でね、ある時由香里が全裸でネットをやってた時の事。

レポートの情報を集めてたみたいで真面目にやってたんだよね。

だけど全裸だったからエロくて、四つん這いにさせて後ろからオマンコ見たり広げたりしてたんよ。

「やめてよぉ~」

とか言いながらケツをクネクネさせるもんだから、俺のチンコも元気になっちゃって。

まぁ~入れるつもりは無かったんだけど、バックで亀頭を割れ目に押し当てたりしてたわけさ。

そしたら中が濡れまくりだったみたいで、ニュルンと亀頭が入っちゃったわけ。

「んあっっ!だめっっ!」

とか言われたんだけど、入っちゃったもんは仕方が無い。

そのまま奥まで挿入してゆっくり出し入れしてみたんだよね。

ネット見てるんだけど膣内は濡れまくりなんですよ。

お勉強の情報だからかなり真面目な内容なのに、それでも濡れまくるって・・・

俺に前戯もされないでいきなり入れられた事に、由香里は異常に興奮したみたい。

だからそれからは隙があればいきなり入れる事にしたんだけど、毎回オマンコの中は濡れまくり。

指をいきなり入れた時も中はグチョグチョだしさ。

「お前いつでも濡れてんの?」

「えぇ~~分かんないよぉ~~」

「ホントに変態だな、いつでもオマンコ濡らしてて」

「そんな事言わないでぇ・・・」

今となっては由香里が変態でドスケベだってのが分かってるから、アナル舐めまでさせてます。

遊びから戻ってきて玄関入ってスグ、俺の前にしゃがませてのフェラ。

洗って無いから少し臭うとか笑顔で言うんだけど、喜んでしゃぶるんだよね。

我慢できない時はそのままドアに手を付かせて立ちバック。

フェラしてるだけで濡れまくりだから、そのまま押し当てるとスグに入っちゃうというね。

ちょっと仕事で忙しくて遊びに行けなかった週は、携帯にたくさん送ってもらいましたよ。

先月プレゼントしたローターを使ってのオナニーしてる動画とか。

会った時にもフェラ動画とか撮らせてくれるし、もう完全に俺に心を許してるっぽい。

まだ付き合うとか好きとかも言った事無いけどw

そんな俺だけど、最近ちょっと面白い事を考えています。

大学の時の友達で、6年以上彼女がいないほぼ童貞君がいるんです。

でもコイツがまた巨根の持ち主でしてね。

ヤリたくてヤリたくてウズウズしまくりだから、毎日2~3回はぶっこいてるらしい。

この友達に由香里を抱かせてみようかなってw

ちらっと由香里に探り入れてみたんですよ。

「今までオナる時ってどんな妄想してた?」

「えぇ~なんだろぉ・・・」

「複数にヤラれるとか?」

「うぅ~ん・・・それもあるけど・・・・・」

「犯され系?」

「うん・・・・」

「知らない男にデカチンで犯されちゃうとか?」

「うんw」

「それを俺が隣で見てたら?」

「えぇぇ~~~おかしくなるかも」

これはイケるだろ!と思えたので、ちょっとマジで考えてます。

実行にうつしたら報告しますので、今回はこのへんで終わります。


PAGE TOP