高校の女先輩に筆おろしされたエッチ体験談【セックス体験談告白】

俺が高1の時に同中だった高2の先輩とHした話。
同じ中学だった一年上のA先輩は、優しい先輩だった。
バレー部の練習場が隣(男女)だったので、そんなに話したわけではないけど、A先輩も俺の名前ぐらいは知っていた。

A先輩が卒業して、俺もA先輩と同じ学校を受験した。理由は先輩の事もあったけど、あんまり厳しくないという話をネットの掲示板や実際にその高校の生徒を見て判断した。

厳しいと言われる学校も受験したが、そっちは嫌だったので頑張って第一志望の高校に受かった。入った高校は部活が強制だった。
できるだけ楽な部活がいいし、勧誘している場所でもしかして先輩いないかなと思ったら、逆にあっちから声をかけられた。後ろからだったのでびっくりした。

一年ぶりに見た先輩は、前より可愛くなっている感じだった。髪を染めていないし、スカートも膝上でも10センチぐらいなのでそんなに下品な感じではなかった。

一番代わったのは、髪がセーラー服の襟ぐらいまでに伸びていた事だった。
文芸部に入った。A先輩いわく、楽だから入った方がいいよだった。

文芸部は・三年(男1女1)二年(男2女1)・一年(男1女3)の構成。

何を読んでいいのか分からなかったので、A先輩に、中学の国語でやったのの本を読んでみるといいと言われて読んだ。

それはそれで面白く、普通に文芸部として入部して衣替えをして期末テストも終わり、久しぶりの部活にやってきた。

誰もいなかったので、鍵を貰い、中で本を読んでいるとドアが空いて先輩が入ってきた。一週間ぶりに見る先輩をみて、俺はびっくりした。

髪を染めていなかったA先輩が髪をかなり明るい茶髪染まりスカート丈も前より明らかに短くなっていて、靴下もルーズソックスになり、前のおっとりで優しい先輩の印象が一変した。

A先輩は、俺に対して、思い切って明るい色にしたけどどうかな?と聞いていた。

俺はショックだったのだが、そんな事は言えないので「前より明るい感じでいいと思いますよ」と心にもない事をいうしかなかった。

俺はA先輩にどうして髪染めようと思ったのか聞いたら、リョウタが髪染めた方が可愛いと思うっていうからと答えた。

この時、俺はA先輩が五月からリョウタという三年の先輩と付き合っている事を初めて知った。

他の女子部員で知っている人はいたみたい。隠してたわけじゃないけど、特にいう事でもないと思ったというのが
A先輩のいい分だった。(まあ、そうだと思うけど)

別にA先輩が外見以外で変わったわけではなかったのだが、後輩女子三人をコンパにつれていくなど、リョウタ先輩の影響でA先輩は変わっていき、高1女子三年にも彼氏ができたようで、二学期になるとみんな髪を染めたり、更に明るくなったりいかにも彼氏ができたというような感じになっていた。

三年が引退?し、二年の男の先輩が転校で、二年(男1女1)一年(男1女3)になり男女バランスが崩れた感じになった。

一学期の時も本を読んでいるけど、雑談している事も多かったのだが、二学期に入ってからの女子は本を読まなくなり、代わりにそれがファッション雑誌になり、化粧したり、男の話ばかりになっていた。

正直、彼氏がいたというショックと代わってしまったショックもあったが、この部室の雰囲気も好きだったので、A先輩に彼氏ができた事で結果としてこんな有様になってしまったのは悲しかった。

リョウタ先輩はいかにももてそうな感じだった。二学期になると数回、部室に顔を見せて、A先輩を向かいに来た事があったが、

女子が「どこまでいってるんですか?」と聞いた時にリョウタ先輩は「このおっぱい見たら分かるでしょ? エッチしないとこんなに大きくならないでしょ?」といい放った。

A先輩は怒っていたけど、Hしているのをみんなに知ってほしかったけどそんな事を自分の口でいうのも恥ずかしいから怒っておこう、という風に見えた。

A先輩は、俺に「リョウタが変な事言ってごめんね」と謝った。

しかし、セーラー服の胸当ても外した先輩は、角度によって胸の谷間が見えて、赤色のブラが見えたり、臍チラも人前にさらしてしまうA先輩は完全に異性にこういう姿を見られてもいい、男を誘ってる女に変わり果てたという風にみえた。

そして、時間が経って、俺が二年生になった。
二年になると、A先輩はリョウタ先輩と別れた事が分かった。

あっちは大学生になってから疎遠になって、いろいろあって別れたという事だった。リョウタ先輩と別れても先輩は前の先輩には戻らなかった。

それどころか、携帯で合コンとかの話をする事が多く、男を知ってしまった女だと思った。そんな中、A先輩が俺を合コンに誘ってきた。

理由は、いろいろ面子集めたら、女子が二名セットでないと駄目という話で、女子が一名多くなり、男子が一名必要という事だった。

A先輩は「私がお金出すし、適当に話合わすだけでいいから」と言われたのと、先輩の話を断れなかったので合コンに行く事した。

先輩の話を断れなかったので合コンに行く事した。合コンは初めてだったので辛かった。 あっちが話を振ってくれても、「はい」「そうですね」ぐらいしか言えない。

A先輩と、女子側の幹事の人が気を使ってくれていたのが逆に分かってすごい辛かった。合コンが終わり、A先輩は俺に謝ってきた。

俺は「楽しかったですよ」と答えたが、俺の声のトーンからすると、A先輩からしたら、私に気を使っているんだろうなと気付かれていたと思う。

そして、A先輩の家まで来て別れようとしたが、A先輩が、ケーキ余ってるから、さっきの埋め合わせで食べてかない?と言った。

ケーキーを食べると、A先輩は引き続き謝ってきた。
俺は再び、「そんなことないですよ」と言い続けた。

A先輩は「俺君は部員の女の子とも話すし、私とも普通に話すしあんなに緊張するとは思わなかった」といわれ、「もしかして、今まで女の子と付き合った事ないのかな?」と言われて、返事をするとかなり驚かれた。

A先輩いわく、数人と付き合った事があると思われていて、俺が恥ずかしがり屋なので、隠していると思ったらしい。

男友達のメールでも、内容が女子に見られると軽蔑される内容で隠していた事もあり、それも彼女がいて隠している根拠として思っていたみたいだった。

A先輩は「じゃあ、キスした事ないんだ…」というと俺の隣によってきて、体を密着させてきた。

A先輩は、「さすがに俺君に分かるよね?」と言い、俺とキスをした。舌を絡めてきて、一度口を離すと、今度は俺の上に乗り、再度舌を絡めてくる。

A先輩は、キスをしていると同時に体を動かす。
制服ごしでも、胸の柔らかい感触が分かる。

先輩がこんな行為をする事に興奮しつつも、リョウタ先輩に仕込まれた事を考えると、なんともいえない気持ちにもなった。

キスが終わると、俺にベットの上に座るように言っていた。

「今度は口でしてあげるね」といい、俺のファスナーを下ろして俺のおちんちんを見るなり「結構、おおきいね。しゃぶりがりがあるなぁ」といい、フェラチオを始めた。

リョウタ先輩が仕込んだと思われるフェラチオだと嫌でも分かった。
普通に舐めたり、裏をなめたり、わざわざ上目使いまでしてくる。

完全に男の好みが分かってやっているようだった。
もちろん初めてなので、数分しないうちに先輩の口に出してしまった。

A先輩は、俺の出した精液を口を開いて俺に見せて、それを飲み込んだ。

これもリョウタ先輩仕込みなのは分かっているが、先輩が俺の精液を飲み込むという行為に対して、征服感を覚えたのも確かだった。

俺が放心状態になっている横に先輩が来て、「まだ、これで終わりじゃないよね?」といい、俺のおちんちんをしごいた。

悲しい事に数分も立つとに復活して、先輩は俺にベットに横になるように言った。

ベットの上で横になると、先輩は服を全部脱いで俺の上に乗っかり、騎乗位の体勢にして、俺のおちんちんに、先輩のアソコを入れてきた。

入った瞬間に電撃が流れたような感じがした。
感じとしては、体に快感が駆け巡り、どうにでもなってしまえという気分。

もちろん、こっちも全然もたなかった。
先輩は「中に出していいよ」と言ってきた。

中に出したらまずいと言う気持ちがありつつも、この快感の中では、そんなことさえどうでもいい事に思えた。ものの15分ぐらいで二回も出したので、休憩した。

その間も先輩は俺と体を密着させてきたりして、女として奉仕する自分に酔っているようだった。

俺は放心状態の中でも、Hの気持ちよさとともにリョウタ先輩に仕込まれたという事実が離れずにいて、涙が出てきた。

そんな俺を見て、A先輩はびっくりして「痛かった?」と聞いてきた。
俺は「今まで感じた事がない感覚に驚いて、涙が出たのかも」と誤魔化した。

この日はこれで終わったが、この日以降、俺とA先輩は頻繁にHをするようになった。付き合うという形は無かった。

ただ、A先輩がH大好きな女になってしまった事は分かった。
それはそれでショックでも、Hするのは気持ちいい。

更にA先輩はどう仕込まれたのかは知らないけど完全にM。基本的に嫌がっても、その場で完全に強く駄目と言わないのはOKという事だった。

なので、俺はリョウタ先輩以上の事をしたいと思うようになっていた。

校内でHだけでは物足りないというか、もうやっているだろうから女子トイレの中で俺が見ている前でおしっこをさせたり、校舎の校庭でさせたりもした。

アナルまではしていないと言ったので、それも開発する。
ネット通販で、そういうおもちゃもかなり買った。

A先輩との関係は卒業まで続いた。大学は関東なので、ここまでというのはお互いに分かっていた。

卒業式の前に、A先輩は俺に家にいた。そこで最後のHをした。何回したかは覚えてないほどした。ハメ取りもして、デジカメに写真も撮ってある。

「やめて」と言われても本気で無いのは分かる。こんな私の嫌らしい所を取られて快感で変態だと言いだせないだけだったのだろう。

こうして、先輩は俺の前から去って行った。今も家は知っているので(自転車で行ける距離)行こうと思えば行けるし、結婚でもして家を出てない限りは会えるはず。(26才なので、微妙な所だが)

それでも、行けないのは8年以上経っているのと、あれから、他の男として変わってしまったかもしれない先輩を見るのが怖いから。

そんなHばかりしていた高2の思い出でした。


PAGE TOP