私の初体験は19歳で、アルバイト先の年下の男の子でした【セックス体験談】

私の初体験を告白します。

わたしが、セックスをはじめて経験したのは、

大学1年生(19歳)のときでした。

わたしは、小学校時代から、

まじめですこしおとなしい性格でしたから、

女子校生になっても、

男の人とデートしたこともありませんでした。

[adrotate group=”1″]

もちろん中学校時代、

クラスでセックスをしていた子もたくさんいましたし、

セックスのやり方も知っていました。

でもなぜかしら、

そんなことをするのはいけないことだ、

破廉恥なことだとおもっていました。

ところがです。

以下私の初体験を聞いてください。

大学1年の夏、私は、家庭教師のアルバイト先で、

あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、

すぐに

「先生、もう終わろうよ。」

と言い出すのです。

私が、

「この問題がとき終わったら、

なんでも言うこときくから。」

と言ったとき、彼は急に真剣にやり始めたのです。

ほとんどはその子の実力では、

ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、

たまたまうまく解くことができたときがありました。

わたしは、

「よくできたから今日はここで終わろうか。」

というとその教え子は、

「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。

今度来るとノーブラ、ノーパンで来て。」

といいました。

当然、私は、冗談かと思い聞き流して、

次回もそのままいつもの服で教えに行きましたが、

そのとき、男の子が、私のおっぱい、

そしてアソコの付近を執拗にもじろじろ見ていました。

その時、私は初めて、先週男の子が言ったことが

まじめに言ったことであることに気がつきました。

2時間の指導時間のうち、最初の1時間は、普通に教えました。

その時も、視線が私の胸やアソコにいっていたのを覚えています。

当然、勉強のやる気などみじんも見当たりません。

仕方なく、わたしは、休憩時間のとき、

トイレでブラをはずしパンティを脱ぎ、

再び1時間指導することになりました。

男の子は、はじめは特に何も口には出しませんでしたが、

以前にもまして、私の胸やアソコを覗き込むように見ていることが多くなりました。

そのとき、私のアソコが急に濡れてくるのを感じました。

1時間が終わりのころには、アソコがびっしょりでした。

ようやく勉強がおわり、最後の雑談のとき、私は、

「先生、君が言ったとおり、ノーブラ・ノーパンできたよ。」

というとその子は、恥ずかしそうに、

「見せて、触らせてください。」

といいました。

私の心臓もどきどきの状態でした。

なにせ、今まで男の人と手をつないだこともないのに、

おっぱいを触られるんです。

ちなみに、私は、Dカップだったので見せても

、触られても、はずかしいサイズではありませんでしたが。

でも、なぜか、私は

「いいよ。」

と軽く返事をしてしまったのです。

たぶん「年上の女」としての強がりだったんだと思います。

はじめは、服の上から胸をもまれ、

その後タンクトップのシャツの中に手を突っ込まれて激しく胸をもまれました。

何も抵抗はしませんでした。

手が乳首に触れるたびに、エッチな気分になっていく私と、

はやく、女の人の「あそこ」が見たい中学3年生でした。

男の子は私の裸を

「見たい。」

と言いました。

たぶん自分からスカート脱いで全裸になったと思います。

私は毛深い方ですが、

「先生、ヘアーがすごく濃いね。」

という言葉は今でも覚えています。

その後、私がM字開脚していると、クリトリスを触られ、

その気持のよさに自分から、

ここをもっとさわってくれと頼んだような気がします。

何度か「いって」しまいました。

その子は私がいった後も舐めたりしていたので、

何回も何回も「いって」しまいました。

ついに、男の子の固いペニスが、

私のあそこに押し付けられてくるのを感じた瞬間、

(ここで私は、処女を失うのか、また、

失ってもいいやと思いました。)

すっと入ったときに鋭い痛みが走り、

すぐに生暖かいものが、私の中に出されたのを感じました。

前からだったのでよくわかりませんが、

私の中にすぐに発射してしまったようなのです。

そのあと、再び固くなったペニスを挿入され、

その子が激しく腰を動かして、私は再び「いって」しまい、

気を失ったのか、それとも疲れか、

その子のベットで寝てしまいました。

それからが悪夢でした。

私が寝ている間に「処女喪失記念」と言って、

いつのまにか私の恥ずかしい姿

(全裸やあそこ、お尻、出血したシーツなど)

をデジカメですべて撮られてしまったのです。

すると、その子はパソコンに取り込んだデータを

スライドショーで見せた上に、

「これをばらまかれたくなかったら、

これからもやらせてね。

先生はこれから僕の肉便器だ」

と笑いました。

次の授業からは本当の悪夢が始まりました。

授業の2時間のうち、

5分もしないうちにすっぽんぽんになった男の子が

私に飛び掛ってきて、

1時間55分たっぷりと攻められるのです。

彼がビデオや本で学んだ知識を全部試されました。

もうどうでもいいやとなり、

2回目からは妊娠したらこんなこともできなくなると言い聞かせて、

私が買ってきたコンドームをつけ避妊だけは

してもらってからはもう彼のいいなりでした。

夏休みなどは彼が親に言って授業を週4回にしてもらったので、

バイト代は4倍となりましたが、

その代わり彼から朝から来るように言われ、

すっぱだかの彼がいて、私が家に着くとすぐに服を脱がされて、

着ることを許されず、朝から親が帰ってくる夕方まで

二人ともすっぽんぽんでHばかりしていました。

2人は夏休み中ずっとエッチばかりしていました。

もうそのころになると、

私も生理の時などはフェラチオを進んでするようになっていたし、

私からも69を求めたりもするようになっていました。

お互いに何度も何度もいくようになっていました。

彼が卒業するまでに彼のテクニックが向上してきて、

体の相性はぴったりで完全に彼のおんなでした。

教え子の前つはいつも全裸で、

二人でSEXばっかりしていました。



PAGE TOP