アナルから中出しした精液が漏れて、すごくエロかったw【エッチ体験談】

出会い系で出会った女とは、たいてい中出しで
セックスすることにしてる。

たまには、ぎゃーぎゃーうるさい女もいるけど、
ほとんどは、生で中出しさせてくれることが多い。
避妊より気持ちよさを優先させる女が多いんだ。

セックスは女の方が男より気持ちいいはずなのに、
女ってのは貪欲だよな。

若い男とヤりたがっているような熟女とか熟女予備軍は、
もう勃起する限り何度でもハメたがる。

こっちの精液を全部搾り取らなくちゃ気がすまないみたいな
こってりとしたセックスは、体力の他に気力も必要だ。

いくら相手がフェロモンむんむんの熟女でも、あんまり
積極的に出られすぎると気持ち的に萎えることがある。
ま、デリケートな俺だけかもしれないけどな。

その点、セフレのアイは自分からあまりねだってこない
控えめなところが気に入っていた。
向こうからは要求してこないくせに、こっちがすることは全て受け入れてくれる。

ヤりたいといえば、何度でもヤらせてくれるし、フェラチオを
ねだればフェラチオを、オナニーがみたいといえば、目の前で
オナニーしてくれた。

一体、どこまでがアイの許容範囲なのか試してみたくなって、
半ば冗談でアナルを舐めてくれといったら、本当に舐めてくれたこともある。

さすがに、自分でいっておいて、ちょっと引いたんだけど、
アイは別に俺に惚れてるってわけでもない。

俺の他にもセフレがいるし、彼氏までちゃんといるらしい。
彼氏がいながらセフレのアナルを舐めるような女、かなり微妙だけど。
俺の彼女ではないから、遠慮なくいろいろヤらせてもらっている。

ある日、アイのおまんこにたっぷりと中出しした後、
まだ試してないことを思いついた。
「お前さ、アナルはバージンなわけ?」

感じすぎて俺よりも荒い息をしているアイは、
いぶかしげな表情でこくんと頷いた。
彼氏より先にアナルバージンを奪うっていうのは、愉しいかも。
ま、彼氏がアナルセックスしたいと思うかどうかは別だけどな。

「アナルセックスしてみねえ?」

おまんこからずるりとちんぽを引き抜きながらきくと、

「別にいいけど、痛くないかな?」

あんまりあっさり答えるので、「いいのかよ!」と
ツッコミを入れたくなった。

さっそく、そこらへんにあったローションを
テキトーにアナルにかけて、指を押し込んでみる。
思ったよりも、入れづらくて、全然入らない。

飽きっぽい俺は、すぐに面倒くさくなってしまった。

「なかなか入らないよね。次にトオルとセックス
するときまでに、私が自分でほぐしておくよ。」

アイがやたら協力的なので、実は、アナルセックス
したかったのかと疑いたくなるほどだった。

ただアナルにちんぽを突っ込むだけでいいなら、
こんなに楽チンなことはない。
その日は、もう一度、アイのおまんこに中出しして別れて、
それっきりアナルセックスするっていったことなんか忘れてた。

俺にとってのセフレもアイ一人じゃないし、気まぐれで
いったことなんて、いちいち覚えていられない。

一ヶ月くらいして、アイとラブホテルに行ったときに、

「約束通り、アナルセックスできるようにしておいたよ。」

っていわれて、ようやく思い出した。

せっかくだから、アナルバージンを奪ってやるかと、アイにフェラチオさせて
勃起したちんぽにどっぷりとローションをかけて、アイのアナルに先っちょを押し当てた。

あんなにキツくて、指一本入れるのにも苦労したアナルが
すんなりと俺のちんぽを呑み込んでいく。

それでも、入り口はちょっとキツかったが、根元まで入れてしまえば、
独特の密着感としめつけがなんとも気持ちよかった。

「おおっ、アナルセックス、けっこう気持ちいいな。」

よつんばいになったアイの表情はみえないが、
特に悲鳴もあげないので、大丈夫だろうと勝手に判断した。

ゆっくりとちんぽを抜いてみると、これまた気持ちよくて、
段々、手加減する余裕がなくなってくる。

俺ははじめてのアナルセックスに夢中になって、
気がついたら、激しく腰を振ってしまっていた。

「ああっ・・・お願いっ・・・もっとゆっくり・・・。」

珍しくアイが悲鳴をあげている。

どうにかペースを落とそうと、俺なりにがんばってはみたけど、
射精寸前だったこともあり、ほとんどそのままの勢いで、中出ししてしまった。

息も絶え絶えになったアイがベッドに突っ伏すと、完全には
閉じなくなったアナルから中出しした精液が漏れて、すごくエロかった。

はじめてのアナルセックスが激しすぎたせいで、その日を最後に、
アイは俺をセフレリストからはずしてしまった。

アナルセックスするまでは、アイなんてどうでもよかったのに、
アナルセックスの気持ちよさを知ってしまったせいで、ものすごく
惜しいことをしたような気になる。

いざ、アナルセックスをしたいと思ってみると、アナルセックスを
許してくれる女はそうは転がってなくて、やっと俺は自己中心的な
セックスを反省したのだった。

いや、だからって、おまんこに中出しするのはやめないけどさ、
今度、アナルセックスさせてくれるような女に出会ったら、
もうちょっと大事にしようと思ってるよ。

女はいっぱいいるんだから、そのうち、一人くらいは
アナルセックス好きの女にも出会うだろうしね。

最寄の喫茶店を知らせるだけで、相手は時間を知らせてくれる。
会社の帰り道、ランチのついでに──求め合う男と女…シークレットカフェ。
そこは男女の秘密の交歓場。いつもの喫茶店が、そうでなくなるとき…


PAGE TOP