21歳の女の子が中出しおねだりするからいっぱい出してあげた話 【エロ体験告白】

恵子(21)と出会ったのは出会い系サイトであった。

援助を求めての書き込みであったので、

最初の1回は援助であったため、

これは普通サポートで終わった。

しかし、携帯番号を交換してあったため、

それから数日してからまた携帯が鳴る。

[adrotate group=”1″]

今度は普通に会いたいということであった。

夜9時頃に恵子と待ち合わせをする。

恵子は小柄でわりとすらっとした体型である。

着ている服はやや野暮ったい感じもするが、

まだ女●高生でも通るような幼さも持ち合わせた、

いわゆるかわいい系である。

おれは36で、まず、お世辞にもハンサムとは言えない

ダサイ感じがするのであるが、

優しさだけは持ち合わせていると自負しており、

そのおかげか、会った子たちのリピーター度は非常に高い。
一緒に焼き肉やで食事をして、そのあとはおきまりの通りホテルへ。

郊外のこざっぱりしたホテルに入ると、TVをつける。

恵子はお風呂にお湯を張る。

TVでいろいろとやっている番組を見ながら、ちょっといちゃいちゃ。

ベッドの上でキスをして、服の下に手を入れて胸をもむ。

Bカップのバストであるが、弾力もほどよく、

感度もいいため、すぐにうっとりとしてくる。

恵子「お風呂に入ろう」

おれ「そうだね。」

二人で服を脱いでお風呂へと直行。

バスタブの中でいちゃついたあと、ベッドへ。

恵子を腕枕の中で引き寄せると、

彼女はそのままおれの胸へ舌をはわせ、下の方へ。

おれのやや大きくなったものをしゃぶり始める。

強く・弱く、裏筋を舐め、さきっちょを舐め、

もう俺のものもすっかりと固くなっている。

おれは恵子の胸を軽くもみ、吸う。

彼女の切ない息づかいが聞こえる。

おなかから下へとおれの下をはわせると、

もう恵子はあえぎ声をあげている。

前回と同じようにゴムをつけずに生で挿入。

体位を入れ替えながら彼女を攻める。

正常位、上にのせて、後ろから・・・。と攻めまくる。

やがて正常位へもどし、ピストン運動を繰り返す。

恵子の絶頂がやってきそうである。

「恵子、どこに出して欲しい?」

「おなかの上に・・・」

「中に出しちゃだめかい」

あえぎながらの会話。

「だめ、それはだめ。」

「いいだろう。」

ちょっと恵子は黙る。

「中でいいだろう。」

「うん。いいよ。」

おれは「しめた」と思った。

「恵子、どこに出して欲しい。」

「中に出して。」

「中に出していいんだね。」

「うん。奥の方に出して。」

「いいね。子供できちゃうかも・・・」

「大丈夫。大丈夫だから・・・。奥の方にいっぱい出して・・・」

その声と共に射精。

どくどくと出る感覚、

中に出したその瞬間、恵子の軽い悲鳴。

軽いピストンで絞り出す。

どくどくという感覚。

そのたびに恵子はぴくぴく動く。

おれはそっと抜く。すると、恵子は

「中から出ちゃう」

と言って、ティッシュを取ると、

自分のあそこに栓をするように軽くティッシュをつめる。

そのあと、しばらくおれの腕の中で猫のようにじゃれる。

小1時間くらいする。

また、恵子はおれの唇を求めてくる。

今度はおれのをしゃぶったあとにそく挿入。

中にはおれの精液が・・・。

その中にさらに追加する。

そして、お風呂へ入り、バスタブの中で3回戦。

これもまた中へ。

「あなたの精液が体の中にいる。感じる」

と言うと、膣内を特に洗浄するわけでもなく、

表面だけシャワーでながし、室内へ。

「また会ってくれるでしょう? 絶対ね。」

そのあと、彼女とは何回か会っている。

その関係はまだ続いている。

ちょっぴり妊娠が怖い36、独身の俺・・・。

いざとなったら結婚か?

と考えつつも中出しの誘惑に負けてしまう。



PAGE TOP