職場の近くの役員の家で会社の同僚としたエッチな体験談【エロ体験告白】

社会人1年目の頃、某公共施設で働いていました。休みも少なく、1日13時間労働とか普通で、家が遠い人達は、よく職場近くの役員さんの自宅に泊まったりしました。

ある時、数名で飲みに行き、私と、2つ下の女の子Sと、5つ上の主任F(男)の3人で役員の家に行きました。
 
ここでは、男性は1階、女性は2階で寝ることになってます。
 
玄関が2階で、1階からも入れるのですが、鍵が閉まっていたので、Fは『中から開けてくれ』と言うので、入ってすぐに私は1階に下り、鍵を開けました。


 
そして布団を敷いてあげていると、Fが、飲んでいた時にしていた仕事の話の続きをし始めました。
 
どれだけ話していたかわかりませんが、たぶんけっこう話してて、もう寝よう、ということになり、Fは横になりました。
 
私も面倒だったので、そこで寝ることにしました。

しばらくすると、背を向けていたFが寝返りを打ったかと思うと、私に抱きついてきて、『もう寝るの? まだ寝ないでしょ?』と言ってきました。
 
私はびっくりして何も言えずにいると、Fは胸を揉んできました。

『えっ…?』と言うと、服の中に手が入ってきて、ブラを簡単に外され、生で揉まれました。 

私は気持ちよくて『あぁ…うぅん…』と小さく声を出してしまい、するとFはキスをしてきました。とろけるようなキス…。気持ちよくて舌を絡めました。

Fの手は下に伸びてきて、クリトリスをやさしく刺激します。

『濡れてるよ? 気持ちいいの?』

『あん、気持ち…いい…』

 
私は裸にされ、Fは『いいおっぱいしてるね』といって乳首に吸い付きました。
 
Fの指はもう私の中に入っています。

『ふぅん、あん、あん、あ〜ん…』

『入れていい?』と言うので、『うん』と言いました。
 
もうびちょびちょだったので、Fのモノはするりと入りました。
 
Fは激しく動き、突いてくるので、思わず『ああ〜ん!』と大きな声を出してしまい、Fに『聞こえたらどうすんの』と言われ、口を押さえられました。
 
Fも『お前の中、すっげー気持ちいい』と言ってくれたので、嬉しくて、動いたり中を締めたりしました。
 
で、Fがイって終了したのですが、すっごく気持ちよかった♪

 
朝方、少し早い時間に目が覚めたので、寝ているFにくっつきました。Fの手を私のおっぱいにあたるようにしたり足を絡めたり。
 
しばらくするとFの手がおっぱいを触り始め、私は寝ているふりをしながら、小さく『んん…』などど声を漏らすと、Fは興奮して責め始めました。

 
そして2回戦。

 
汗だくになったので2人で勝手にシャワーを浴びました。
 
Fは後ろから私に抱きつき、『まじでいいおっぱいだよなー』といい、また揉んできました。鏡に映るその姿がとてもいやらしかったです。
 
そして立ちバックで入れてもらいました♪
 
すっごく気持ちよくて、長いキスをして、『内緒ね』と言って、服を着ました。

 
そしてSには、『下で寝ちゃった〜』と何事もなかったように言い、3人で出勤しました。
 
その後もFとは、Hしまくりで、職場が変わった今でも、時々やっています。もう4年になります。


PAGE TOP