仕事のミスにつけこんで貧乳の女子事務員と中出しSEX 【エロ体験告白】

職場の事務に裕子って女の子がいて、以前俺が裕子に頼んだ仕事で裕子がちょっとハードな失敗をしでかした。そのままいけば客先の信用を失い俺の立場もやばかったし、裕子も社内処罰ものだった。

そこで、俺が客先フォローや社内の事前根回しをして、なんとか俺も裕子も騒ぎにならずに難を切り抜けた事がある。それは自分の保身のためであって別に裕子を助ける目的ではなかった。

でも、それ以来、裕子は俺に感謝していたのか、多少無理な仕事も手伝ってくれた。ある時、急な仕事で夜遅くまで裕子に手伝ってもらった。

俺は車で帰宅するので、「たまには車で送ってあげるよ」と声をかけた。裕子は一旦遠慮したものの、結局俺の車に乗る事になった。

裕子の家は郊外で、地図を見ると遠回りだが高速道を使った方が早そうだったので、奮発して高速を走った。車内での会話で、裕子は彼氏がいない事を知った。

そして、好みのタイプなんかを突っ込んで聞いている内に、彼女の部署のH主任に恋心を抱いている事が分かった。俺は別に裕子を恋愛対象には思っていなかったが、H主任は嫌いだったのでちょっと気に食わなかった。

そんな俺の感情もしらず、裕子はH主任の素晴らしさを語りだす。俺はちょっとムッときていたので「あの時の闇に葬り去ったトラブル、H主任に正直に話そうか?」と、意地悪してみた。

「えー、やめて下さいよ」と裕子が困った顔をするのが面白くて、しばらくそのネタでからかった。インターを出てから裕子の家の近くまでは真っすぐ行ってたぶん20分くらい。

でも俺は裕子をからかう時間を稼ぎたかったので、わざと違う道に入っていった。しばらくして、裕子が道路の案内板の行き先が違う事に気付いた。俺は「ごめん、道を間違えたみたいだ」と言って車を走らせ続けた。

裕子は不安そうな顔をして時計を気にしていた。「地図で確認しよう、トイレも行きたいし」と言って、俺は人気のない薄暗い緑地公園の森の脇に車を停めた。

裕子もトイレに行くというので、二人で車を降りて公園内のトイレに行った帰りに公園の案内板を見た。そこはすげえ不便な場所で、最寄りの駅まで歩くと1時間はかかるだろうと思われた。

もちろん駅に行っても彼女の家とは違う方面だし、もとより終電も終わってる時間だった。「じゃ、あとは自力で帰ってね」といきなり裕子に告げて、俺は走って車に戻った。

後ろから「待ってー」と慌てて裕子が追い掛けてくる。一足先に車に乗った俺はドアの鍵を閉めて裕子を締め出す。「開けてよぉ」と笑いながらドアをノックしていた裕子。

俺がシカトしてエンジンを掛けライトを付けると焦りはじめた。俺が再びエンジンを止めてドアを開けてやると、裕子は膨れっ面で「ひどいひどい」と言いながら乗ってきた。

時間が気になるのか、「さあ、行きましょ」と裕子が偉そうに急かすので、またカチンときた。俺は「ヤダよ。H主任に君の恋心と不祥事をまとめてバラしていいなら送ってやる」と言ってやった。

それは裕子の職場での地位と淡い片思いを一気に失う行為に等しかった。裕子は不快そうな顔をして、「なんでそんな事言うの?やめて下さいよ。早く帰して下さい」と言う。

俺は「バラされたい?」と聞くと彼女はつらそうに首を横に振る。次に「じゃ俺に逆らわない方がいいんじゃない」と言いながら、俺は裕子の顔を覗き込んで服の上から裕子の胸を触ったら固めのブラの感触がした。

裕子は泣きそうな顔をして「お願い、やめて下さい」と呟いた。「じゃH主任にバラすよ」と脅しながらも、俺は裕子の胸を撫で続けた。裕子は「ひどい・・・」と言いながらも抵抗をしなかった。

俺は泣きそうな裕子の顔の上にのしかかるようにして唇を奪った。そしてそのまま、助手席の椅子を倒した。裕子は頭を振って嫌がったが、頭を抑えて、固く閉じた唇に舌でむりやり押し込んだ。

必死にキッと閉じた歯を舌で舐め回した。裕子は震えながら目をきつく閉じて耐えているようだった。俺は執拗に唇を吸い続けながら、裕子のコートのボタンを外していった。

片手で裕子の胸をセーターの上から撫でながら、もう一方の手をセーターの裾から突っ込んで、セーターを胸まで持ち上げた。裕子がビクッと動いたので俺が唇を離す。

すると、「いやっ、やめてっ」と裕子が懇願しながら必死にセーターを元に戻そうとする。俺は「そんな事してたらいつまで経っても車動かないよ」と微笑んだ。

そして、裕子の手を振り払いつつ、セーターの中のYシャツを引っ張りながらボタンを外した。中からはラクダ色の肌着が見えた。色気も無いババシャツだった。

裕子は寒がりらしく、今日まさか男の前で服を脱ぐとは思わなかったのだろう。「おっ、この歳でもうババシャツかい?皆に教えちゃお、裕子はババシャツ着てるぜって」と俺がからかい。

裕子は顔を真っ赤にして「いやっ!や、やめて下さいっ!勘弁して下さい」って必死になってセーターを引っ張って隠そうとする。俺はそれを抑えつけ、ババシャツも胸の所まで引き上げた。

「やめてーっ」と叫ぶ裕子のむき出しになったお腹が息に合わせて揺れ、ブラが見えた。厚手のワイヤー入りのだった。ブラを上から抑えると、意外な事に弾力がなく少しへこんだ。

ブラを無理矢理引っ張り下ろしてみると、なんと裕子の胸はブラより一回りも小さかった。実際はBカップくらいの胸を、ブラで大きく見せて中身は貧乳おっぱいだった。

「お前、騙してたな!」と俺が言うと、「だめーっ!いやっ見ないでっ。もうやめて。お願いっ」と暴れだした。俺は「黙れこの貧乳女!よーし、皆にお前が貧乳を隠してわざと大きいブラしてたって言ってやる。

明日楽しみにしてろよ!」 と言って裕子を睨み付けた。裕子は「ひどい・・・。だめ、だめっ・・・。お願いです、もう許して下さい。もう会社に行かれない・・・」と顔を真っ赤にして口を震わせていた。

「よし、この貧乳の証拠を写真に撮ってやる」と言うと、裕子はまじでビビってイヤイヤイヤと頭を振った。本当はカメラなんか持ってなかったのだが、カバンからカメラを取り出す素振りを見せてみる。

そうしたら、「やめてーっ!」と必死になって俺の腕を抑えようとしてきた。「明日から一生恥かくのと、今だけ恥ずかしいのとどっちがいいんだい?」と言うと、裕子は目に涙を浮かべたまま俺を睨みながら、手の力を抜いた。

俺は裕子の背中に手をまわしてブラのホックを外し、ブラを首の近くまでずらしで裕子のお椀型の乳房とポチッとした小さめの乳首を拝見した。俺は両手で裕子の乳房をつかんで揉みしだく。

「小せえ胸だなあ、でも小さいなりに柔らかくていいなあ。小さくても感じるんだろ?」と、わざとバカにした言葉を繰り返した。裕子は首を横に振りながら、「いやあっ、見ないでぇ、やめてぇ」と繰り返していた。

裕子の乳首を指で摘んで転がすと、乳首がなんとなく立ってきた。「ほーら、乳首たってるよーどうしたのかな?」と耳元で囁くと、「お願い、もうやめてっ!誰か助けてっ!」と言いながら手で遮ろうとしてきた。

俺は彼女の手を掴んでねじ伏せ、「H主任に助けてもらいたいのかい?」と告げた。H主任という言葉に裕子はハッとして俺を見た。だから俺は「恥ずかしいババシャツの貧乳隠しの不祥事女なんかに」と呟いた。

そして「あの時君を助けたのは誰だったっけ?頭の良い君なら忘れてはいないよね」と畳み掛けて、彼女の手を抑えていた力を強めた。裕子の目から涙が零れて、手の抵抗力がおさまった。

俺は「いい心がけだ」と声を掛けて、彼女の両手を抑えたまま、乳首を舌で弄んだ。裕子が声を殺して泣いているのが聞こえた。続いて、俺は裕子のジーンズのベルトに手を掛けた。

「やめてっ!」と裕子が上体を起こして俺を止めようとした。一旦ベルトから手を離し、彼女の両手首をつかんで左右から背に回し、そのまま上体を肩で抑えつけ体重をかけた。

彼女の片手は俺の体重を掛けられた背と椅子の間に挟まり抑えられたが、もう一方の手は抜け出してさらに俺に抵抗してきた。俺はコノヤロウなどと言いながら片手でその手をやっと抑え込んだ。

「痛いっ!おねがい、もうやめてっ」と泣きながらほざく裕子に「暴れると痛いよ」と笑って言ってやった。俺が片手で何とかベルトを外すと腰を揺らして抵抗してきた。

俺は「まさか今度はモモヒキなのかな?裕子さん」と笑って言うと「そんなの履くわけないでしょ!変態!」と言い返してきた。「じゃモモヒキじゃない証拠を見せるんだな、ババシャツ女!」と応酬。

力ずくでホックをとってジーンズのファスナーを下ろした。茶色いパンストと、その中に黄色っぽいパンティが見えた。お腹側からパンストとパンティの中に指を突っ込んだ。指先が彼女の陰毛に触れた。

「あひぃーっ、だめダメッ!やめてぇ」裕子は腰をずらして俺の手を抜こうとした。俺も必死にパンティの中に入れた手を奥へと這わせた。裕子は腰を曲げ両足を必死に閉じて陰毛より先への俺の手の侵入を拒んだ。

俺は必死な顔をしている裕子の唇を再び塞いで舌を割り込ませた。口で息がつけなくなった裕子は鼻息を荒くした。一瞬足の力が抜けた隙に、パンティの中の手を一気に奥へ差し込んだ。

裕子のアソコの端に指が達した。口を塞がれたまま裕子はウーと唸った。俺はさらに指を進めた。クリは分からなかったが、その辺りを人差し指と中指でグニグニと刺激した。

それまで俺の舌を拒み必死に閉じていた裕子の歯が開いた。俺はすかさず舌を割り込ませ、裕子の舌を舐めた。裕子の目がギョッとしていた。パンティの中の手は裕子のアソコの穴らしき深い溝に達していた。

俺は指を折り曲げてその柔らかいヒダヒダの穴の入り口をかき回した。裕子のアソコは全然濡れていなかった。まだ裕子は腰をずらして俺の手を抜こうとしていた。

俺は折り曲げてた指を伸ばして、アソコより奥に指を撫でながら這わせた。パンストの締め付けが邪魔して苦労したが、かろうじて中指の腹が裕子のアヌスに触れた。

お尻の穴に指が達した瞬間、裕子は目を見開いてウーウーと嫌がった。「こっちの穴で勘弁してやろうか?」と俺が唇を離して呟きながら指の腹でアヌスをつつく。

すると、裕子は必死に「だめだめっ!汚いっ!そんなとこ触らないで恥ずかしいっ!」と哀願しながらアヌスをキュッと引き締めた。

「じゃあこっちだ」と言いながら、反動で弛んだ太ももの締め付けを親指で抑えながら、裕子のアソコの穴に指三本を突っ込んだ。裕子は「いやぁっ!あぁぅ!」と悲しい叫び声を上げた。

濡れてないアソコの中で指を乱暴に動かしながら、彼女の首筋に唇を這わせた。続けて耳たぶを舐めながら「濡れてきたんじゃない?いやらしいな」と囁いた。

裕子はビックリして「うそっ!違うっ、違うのっ。いやっ、嫌なの」と泣きながら否定。本当は濡れてなかったが、俺は「何が嫌なんだよ、こんなに濡れて。なんでアソコが濡れるのか、知らないわけじゃないだろ」と嘯いた。

裕子は「もう許して。お願いです。許してください。もう家に帰らないと、家族に叱られる・・・」としゃくり声で許しを請うてきた。だから「じゃ、終わらすか」と俺は手の動きを止めて、のしかかってた体を起こした。

裕子は安心して強ばらせていた体の力を抜いた。俺はパンティの中から手を取るためにもう一方の手をジーンズに添え、手を抜くと同時に彼女のジーンズとパンスト、そしてパンティを一気に膝まで引き下ろしてやった。

不意を突かれた裕子が「きゃあ!なにすんの」と悲鳴をあげる。「終わらすんだよ!」と怒鳴って裕子のむき出しになった股間に手を突っ込んだ。「いやっやめて!うそつき!終わらすって言ったじゃない」と裕子は焦る。

「だから、早く終わらせないと。じゃないとママが心配するよ。」と俺は笑って言いはなった。「ひどい・・・。サギ!ペテン師!」と裕子は言いながらジーンズを上げようとする。

俺は裕子の首を抑え「サギはひどいな。終わったらちゃんと家に帰してあげるって。親御さんも待ってるんだろ、家に。早く終わらせて帰ってあげなよ。それともH主任に全てを話す?」と脅した。

裕子の全身の力が抜けた。ジーンズを引っ張っていた手が離れた。肩が震えていた。「・・・これで、もう終わりにして下さい・・・」裕子は泣きながら俺に告げた。

「なんだよ、泣くなよ。これからが気持ち良くなるんだからさ」と言うとますます泣く。俺は車のエアコンを付け暖房をかけてから、顔を手で抑えて泣きじゃくる裕子の靴を脱がし、ジーンズとパンスト、そしてパンティを脱がした。

それから上体を持ち上げて皺くちゃになったコートをどかし、セーターからブラまでを無造作にはぎ取った。俺は裕子を横に倒された助手席の上で、靴下以外は一糸纏わぬ姿で横たわってシクシクと泣き続けていた。

まだ恥ずかしいのか、腰をくの字に曲げて股間を隠し、片腕で胸を抑え、もう一方の手を顔に当てていた。裕子にとっては屈辱だったろうが、そんな腰付きで嗚咽する仕草が男の征服欲をかき立てた。

裕子は羞恥と屈辱に嗚咽しながら、これからされるおぞましい行為への恐怖に震えていた。俺はわざと「震えてるな、寒いのかい?」と尋ねた。「お願いこんな格好、早く、終わらせて下さい」裕子は吐き捨てるように言った。

俺はわざとゆっくり上着を脱ぎながら裕子の両足を持ち上げて左右に広げ「ああ、ここだと外から丸見えだよな」と聞こえよがしに言った。裕子は「ひっ」と叫んで腰を捻り、姿勢を変えようとした。

「早く終わらせたくないの?」と言うと、裕子は諦めた。「そのまま待ってろ」と股を開いた姿勢で待つように裕子に命じた俺は泣きじゃくりながら股を開いたまま耐える裕子を眺めながら、靴とズボンとパンツを脱いだ。

俺のナニはもうビンビンだった。俺は無抵抗の裕子の股間に手を添えてゆっくり観察した。小陰唇は控えめで、開くとまだそんなに経験してないような感じがした。マジで嫌だったのだろう。全然濡れてなかった。

時折しゃくりあげるのに呼応して、アヌスとアソコがひくつくのがイヤラシかった。俺は彼女のアソコに舌を延ばした。触れた瞬間、「イッ!」と叫んだ気がした。俺はしばらく裕子のアソコをクンニした。

濡れてない上にさっきトイレに寄ったせいか、少し小便臭かった。「ションベン臭えな」と言うと、「いやっ言わないで・・・」と嫌がって泣き声のトーンが上がった。

俺はクンニをやめ、手マンをしてやりながら乳房を撫で、乳首を吸った。時々「あふっ」という声が出るが、全体的には無言で泣いているマグロ状態だった。舌を胸から首筋に這わせながら腰のくびれやお尻を撫で回した。

柔らかい肌だったが、不快なのか寒いのか鳥肌を立たせていた。「お前ダッチワイフじゃないんだから、もっと腰振ったり喘いだりしてみせな」と強い口調で言って指をアソコに突っ突っ込んだ。

すると、いやいやながら「あうぅ・・・」と言って腰を少し動かした。頭にきたので「そんなに嫌ならこっちの穴にするぞ!」と脅してアヌスに人差し指を突き立てた。「ひぃっ!だめだめっ!そこはだめっ!」とバタバタしはじめた。

「こっちの方が感じるのかよ?」とからかうと、「ちっ違います!いやなんです。そこは勘弁して下さい」と言ってきた。「じゃ本気になれよ」俺は指をまたアソコに移動して抜き差しした。

裕子は必死に腰を振り、アウアウと悶えた。俺も彼女の全身を撫で回し愛撫し髪を掴んで、「しゃぶれ」と告げた。従順に体を起こして、惨めそうな表情をしてくわえ、舌を出し入れしながら必死にしゃぶった。

すごいエロい泣き顔だった。俺はその顔を見ながら、すぐに絶頂に達した。達する時、俺は彼女の頭を押さえ込み、ナニを喉奥に突き刺した。そして喉奥でエロ汁をプッシャーしてやった。

ウゲェッ!と収縮した彼女の喉の粘膜がナニを包み、その瞬間、俺は裕子の喉にドクドクと放出した。裕子はナニを口から抜いてケホケホむせた。目が涙で真っ赤に腫れていた。

吐き出そうとするので「飲めよ!」 と命じた。裕子は顔をしかめながら俺の精液をむりくり飲み込むと、「さあ、もういいでしょ?帰して下さい」と言う。

俺は「何いってんの?まだ一回もハメてないじゃない。そうしなきゃ終わらないんだよ」と諭すように告げた。裕子は唖然として俺を見つめた。口が震え、また目から涙が溢れてきた。

何か言おうとした裕子の頭を抑えて、「頑張ってしゃぶって大きくしてくれないと終わらないよ」と言って萎えたナニをまたくわえさせた。しゃぶらせたまま、彼女の下に潜り込んで、シックスナインの態勢にした。

ナニをくわえて必死に体を揺らす彼女の動きは卑猥だったが、相変わらず濡れていなかった。しばらく舐めたり指でいじってみたが、あまり効果はない。

そこで、俺は裕子のフェラを止めさせ、「オナニーして自分で濡らしてみせなよ、いつもやってんだろ」と提案した。裕子は「やってないです、そんな、オナニなんて」なんて嘯く。

「うそつけ!やらないとケツの穴犯してから今までの事ばらすぞ」と脅すと、さすがに黙り込んだ。「いつもやってるようにすればいいんだよ」と睨むと、裕子は諦めたようにスゴスゴと助手席に座り直す。

「あの、あまり見ないで下さい」と言って震える右手を股間に持っていった。右手がゆっくり動きだすと、今度は左手が自分の乳房をやさしく包み込んで揉み始めた。とてもデリケートな所作だった。

俺が見ているのが気になるのか、目をつぶり無心に両手を動かし始めた。「おーいいねえ、やらしい手つきだねえ。H主任の事を考えてオナってるのか?」と冷やかすと、ビクリとして手が止まり我に返ったように俺を睨んだ。

「だめっ!やっぱりこんな所じゃできない。もう許して下さい」裕子は哀願した。裕子の股間に手を当てると、少しは湿ってきた。そんなにH主任が好きなんだな、と嫉妬心にかられた。

「いいからやれ!H主任に抱かれてる事を想像しながらイッてみせろ!」と俺は怒鳴った。「あぁ・・・」裕子は涙をポロポロ零しながら、再び手を動かし始めた。しばらくして裕子の息が激しくなってきた。

「ピチャピチャ音がしてるぜ」と耳元でささやいてやると、「ああっ、恥ずかしぃ・・・」と震えながら淫らな声を返すようになった。「はぅっ」と小声で叫びながら裕子の体がビクッと一回大きく震え、それから数回小刻みに震えた。

肩で息していたリズムがゆっくりになった。裕子はイッたみたいだった。ハァハァと口を開き余韻に浸りながら、ゆっくりと目をあけた。すかさず「おとなしそうな顔して激しくいやらしいオナニーするんだね」と言って唇を重ね舌をねじ込んだ。

「いやっこないでっ」と裕子はH主任の夢から現実に引き戻されるのに怯えた。「君が気持ち良くイッたんだから、今度は俺がイク番だよ」と俺は勝ったように告げた。

俺はオナニー直後の上気した裕子の上にまたがり、まだ股間にあった彼女の手を除けて、濡れているアソコにナニを当てがった。

「あっだめっ!」と叫ぶ裕子の顔に微笑みかけながら、「H主任じゃなくて悪かったな!」と叫んで、俺のナニを一気に突き刺した。ナニは濡れた裕子のアソコにズボっと滑り込んだ。「ああぁぁぁっっ!」と裕子が悲鳴を上げた。

「だめっだめっ!あっはあっ!お願い、中には出さないでぇ!」裕子は悶えながら懇願してきた。俺は腰を振りながら裕子の両肩を抑え、顔を近付けて「それは君次第だよ」と囁いた。

小柄な裕子はアソコも小さめで気持ち良かった。「お願い、中には出さないで・・・」裕子は上気しながらも怯えていた。「じゃあもっと腰ふれ」と言うと、一生懸命腰を揺り動かしてきた。

「気持ちイイって言えよ」と言うと、「はぅっ、き、気持ちイイです・・・」と必死に答えた。「どこが気持ちいいんだ?え?」と問うと、「いやっそんな・・・恥ずかしい」と言葉を濁す。

「ちゃんと答えないとこのまま中に出しちゃうぞ」と脅すと、泣きべそをかきながら「あ、アソコです」と力なく答える。「アソコじゃわかんないぞ、ちゃんと言えよ。このまま出すぞ」と急かす。

すると、裕子は必死に「お願い、出さないで!お、オマ○コですっ!オマ○コが気持ちイイんですっ!あぁっ!いやーっ!」と叫んだ。「いやらしい娘だな、誰に体を預けて気持ち良くなってんだ?言ってみろ」と畳み掛ける。

裕子はさすがに即答しなかった。「あぁっ!イキそうだ!」と脅してみた。「やめてぇっ!」裕子は首を必死に振った。「私、H主任が好きなのっ、もういやっ!H主任助けてっ!」裕子の悲痛な悲鳴が響いた。

「残念だがお前を抱いているのはH主任じゃなくてこの俺だ!目を開けて俺の顔を見ろ!」俺はムッとしながら激しく裕子を突き上げた。「いやっいやっ!」裕子は目を閉じたまま目尻から涙を垂らした。

裕子が必死に目をさかめるたびに、裕子の気持ちとは裏腹にアソコがキュッと締まって俺を気持ち良くさせた。イキそうになった俺は「裕子。お前最高だぜ」と言い顔を近付け、「お前は今日から俺の女だ!」と耳打ちした。

裕子は「いやぁぁぁっ!」金切り声をあけだ。その瞬間、俺は絶頂に達した。裕子の肩をがっしり抑え、腰を深く押し込んで、耳元に「孕め!」と叫んで、彼女の膣の奥深くに生臭い欲望をドクドクと注ぎ込んだ。

裕子はすぐには俺の言葉を理解できなかった。充血した目を開いて口をポカンと開けていた。やがて、自分がなにをされたかを理解した。裕子は「いやっ、いやっ」と呟きながら声を出して泣き始めた。

俺は裕子のアソコからナニを抜いて、「最高だったよ。またやろうな」と告げて服を着た。裕子は俺に犯された姿のままで泣きじゃくっていた。裕子が少し落ち着いてから服を着せ、彼女の家の最寄駅まで送った。

裕子はその間、終始無言だった。駅に停めてあった自転車を漕いで裕子は帰った。髪はボサボサのままだったし、コートもシワが付いてたけど特に注意しなかった。

翌日、裕子は会社を休んだ。風邪だとの事だったが真相は知らない。翌々日、裕子は普通に出勤してきた。明らかに俺をこわがっているが、何もなかったかの様に振る舞っていた。


PAGE TOP