ベッドで眠っていた女課長にムラムラ名器を堪能したSEX体験【エッチ体験談】

会社の上司がセフレだった話ですが、先にスペック書いておきます。

女上司は仮名で絵美子37歳のバツイチでした。

気が強そうなキリリ顔で、仕事もできるバリバリのキャリアウーマンタイプ。

お○ノ水大卒のお嬢様育ち。

身長は164cmで、体重は分からないけどスレンダー。

タイトスカートから出る脚は生唾モノ。

着痩せするタイプで、脱げばDカップ美乳の持ち主。

入社当時から絵美子は上司でした。

ミスをすると冷たい表情で淡々と説教するので、一緒に仕事するのが本当に嫌だったのを覚えています。

運良く俺は違う上司が直属だったのだけど、27歳の時転勤が決まり絵美子の部下になった。

無難に過ごしていたが、ある時ちょっとした計算間違いが元で大変な事になった。

急遽俺と絵美子の2人で謝罪に行き、初めて2人で接待をした。

当時の絵美子は接待はしない方針だったので、先方もチャンスだと思ったんじゃないかな。

懐石料理を食べに行き、絵美子に飲め飲めと酒を勧めてくる。

俺の失敗だったから見ているわけにもいかず、代わりに呑みます!と凄い飲まされた。

人生であんなに酒を飲んだのは、あの時が最初で最後。

記憶は飛んで歩く事も出来なかったらしく、絵美子が家に送ってくれたみたい。

タクシーで帰る途中、何度も停めては路上に吐いてたと後で聞かされた。

その時は俺だけじゃなく、絵美子も普通以上に酔ってたみたいです。

俺を抱えて何度も転んでは立ち上がり、擦り傷やアザを作ってました。

部屋に辿り着いてスグに俺はトイレへ直行し、声を掛けても反応が無かったみたいです。

心配でそのまま放置するわけにもいかないと思い、絵美子は部屋で待ってたようです。

急性アルコール中毒で意識不明にでもなったら責任問題ですから。

酔ってた絵美子は気が付けばそのままベッドにもたれて爆睡。

俺は数時間後の早朝に復活して、寝ている絵美子を発見しました。

この時の姿がもう堪らないぐらいエロく見えてしまいました。

タイトスカートからスラリとした綺麗な脚。

正座を横にずらした様なスタイルで寄り掛かって寝ていました。

ヒザ辺りからストッキングは伝線していて、それが妙にエロかったのを覚えてる。

風邪引かれたらマズいので、そっと布団を掛けてシャワーを浴びに行きました。

しばらくして戻ってみると、絵美子はベッドの上で丸くなって寝ていたんです。

『課長?課長?』

と声を掛けるも、静かな寝息しか聞こえない。

ムラムラしていた俺は、脚を曲げている所からスカートの中を覗き込んでみました。

白っぽいピンクのパンツが見え、ムラムラは止まりません。

当時の俺は1年半ほど前に彼女と別れ、忙しくて遊びもしてませんでした。

女日照りが続いてた上に、1週間とかヌキもしてなかった。

酒の勢いもあって手を出しちゃったんです。

初めは

『課長?風邪ひきますよ』

とか言いながら脚を撫でまくる。

『うぅ~~ん』

と言いながら壁の方に向いてしまったので、今度はケツを撫で回した。

我慢できなくなってしまい、スカートの中に手を入れて太ももを撫でてみました。

すると

『うぅはぁ~ぅ』

という色っぽい声を出したんです。

いつもキリッとしてて冷たい態度の上司が、そんな声出すのかと興奮しました。

調子に乗った俺はまた声を掛けながら、太ももの内側を執拗に触りました。

するとまたもや色っぽい声を出してくれる。

『もぉ~大丈夫ですかぁ~』

仰向けにさせるような仕草をしながら、スカートの中に手を入れて完全にアソコの上を触りました。

親指全体で押し付けるようにして、そのまま小刻みにブルブルッと数回擦ったんです。

そしたらもう完璧に

『あぁぁ~ぅっ』

と喘ぐわけですよ。

脳ミソがスパークしました。

俺が泥酔したとはいえ、部屋に2人っきりなんだから大丈夫だろ!と。

スカートのホックを外してジッパーも下げ、ゆっくりと脱がせていきました。

大変かなと思いきや、途中で絵美子が腰を上げてくれたのですんなりです。

絵美子はTバックにパンストという姿になりました。

興奮を抑えて今度はシャツのボタンを1つ1つ外していきました。

全部のボタンを外して左右に広げてみると、薄らと乳輪がハミ出たブラ姿。

既にストッキングは伝線しまくりだったので、良いだろうと思い破る事を決意。

淡々と行動しているように書いていますが、ずっと心臓はバクバクで緊張していました。

今思っても、なぜあの時あんな風にヤレたのか、自分でも不思議に思います。

後になってこの時の事を尋ねてみましたが、絵美子は

『寝ていて気が付かなかった』

と認めませんでしたが・・・予想では途中から起きてたのでは?!と思っています。

脚の付け根辺りのストッキングに指を入れ、そのままゆっくりと裂いていきました。

何ヶ所か穴を空けて裂いたけど、真ん中の線だけは切れません。

だからそれだけ残して左右にデカデカと穴を開けました。

パンツの上から指を押し込むと、柔らかい感触がした。

何度かゆっくり押し込んだりしていると、パンツに薄らとシミが出来始めてました。

あの課長がマンコを濡らしてる、そう思ったら狂いそうな興奮を覚えました。

パンツの横から指を滑り込ませると、想像以上にグッチョリと濡れてました。

割れ目の左右には陰毛は無く、小さなビラビラがあるかなという感触。

穴付近はベチョベチョになっていたので、汁を指に付けながらクリへ滑らせました。

尿道を超え、クリに指が達した時、腰がグクグクッと小さく動きました。

いつも澄ましてるくせに感じやすいんだなと嬉しくなります。

汁をすくってはクリになすりつけ、優しく円を描くようにクルクルと撫でました。

当初は脚を肩幅ほどしか開いてなかったくせに、気が付けば明らかに開いている。

この時は無意識に開いちゃってエロい女だなとしか思ってませんでした。

クリ弄りで信じられないほど汁が溢れていたので、指は簡単に入って行きました。

入口は狭く中はウネウネとうごめいている感触。

中までヒクヒクとうごめくなんて、相当感じてるなと嬉しくなりました。

まずはGスポットから優しく刺激を始め、左手でクリを圧迫しながらバイブのように震わせて同時に愛撫を続けました。

ゆっくりと指を曲げたまま出し入れをし出すと、腰を浮かせるような体勢になるんです。

気持ち良くて自然に動いちゃったんだと思った俺は、ニヤニヤしながらマンコを凝視。

白濁色の汁が指に付着してました。

人差し指と中指の2本にして、Gから奥の方を中心に刺激していきました。

絵美子は吐息交じりの声を出し、激しく喘ぐ事はありませんでした。

だからまだまだって思っていました。

でもそれは俺の勘違いで、絵美子は相当感じてたようです。

突然でした。

いきなり腰が浮いて俺の腕までが震えるほど腰付近が痙攣し出したんです。

そして

『ぐぁぅぅぅぅーっっ!』

という叫ぶような喘ぎ声までも。

突然過ぎて俺はビックリしました。

だから指の出し入れは止まったんですが、腰が動くから勝手に出し入れが続きます。

最後は呻くというか叫ぶというか、絶叫に近い声を出してました。

それと同時に力が抜け、腰だけがビクビクと痙攣していました。

『何してるのよ・・・』

『駄目よ・・・』

そんなような事を小さな声で言っていたけど、声にならないような感じでした。

ヤバい、起きちゃったぞ、と軽くパニクったんですが、もうここまできたら引けません。

スエットとパンツを一気に脱ぎ、何を思ったのか勃起したチンコを押し当ててました。

亀頭で割れ目を数回なぞって、そのままグイッと穴に挿入しちゃったんです。

さすがにこれには絵美子は

『んやぁぁーっ』

と言っていました。

でも既にカリ首までがズッポリ入っていて、イヤと言いながらも逃げようともしない。

そのまま少し入れて行くと、アソコがギューギュー締め付けてくる感触が走りました。

ズブズブッと中ほどまで挿入した時、起き上ってくる動きがありました。

だから無我夢中で覆い被さり、ひたすら激しく腰を振ってしまいました。

絵美子は喘ぎながらも

『待って!』『駄目!待って!』

を繰り返してました。

俺のチンサイズだと、根元まで入れずとも子宮に亀頭が到達している。

だから子宮に激しく亀頭が刺さりまくってたんだと思います。

激しく腰を振り続けたせいで、そのままじゃイッちゃいそうな感触が襲ってきました。

イクのもイイけど勿体ない。

そう思い、奥まで突き刺したまま絵美子の頭を強く抱き締めました。

荒々しい息遣いの絵美子は抵抗する事も無く、何も言わずに黙ってます。

でも俺のチンコには今まで味わった事の無い感触が伝わってきていました。

出し入れしてないのに、勝手に出し入れされてる感触です。

グイッと押し込んでいるのに、中で出し入れされてる感じでした。

これがまた最高に気持ち良く、休憩のつもりだったのに余裕も無くなるぐらいです。

それでも奥に押し込んでいると、これまた初めての感触を味わいました。

亀頭が子宮のコリコリした所を、プルプルップルプルッと動くんです。

これが最高に駄目でした。

竿の部分もムギュムギュと圧迫されるし、亀頭はコリコリした突起物が刺激してくる。

このまま腰を振らないでもイッちゃいそうだ・・・絵美子を抱き締めながらそう感じました。

今まで俺の体を押し退けるように触っていた手に、急に力が入ってきました。

あれ?っと思っているとそのまま強くしがみ付いてきて、逆に抱き付かれました。

そしてそのまま猛烈な力で抱き締められたかと思ったら、またしても激しい痙攣です。

膣内までも痙攣し始め、それが最高に気持ち良過ぎました。

慌てて腰を引いて抜きましたが、危うく中に出しちゃうとこでした。

強く抱き締められていたので、腰だけ引いて抜いて下っ腹にドクドク射精しました。

もう2人のお腹は精子まみれ状態です。

でも絵美子は痙攣を続けて離してくれませんでした。

俺は余韻に浸りつつも、絵美子の豹変ぶりを冷静に感じてました。

途中からは絵美子の方から求めてきていたという事実を。

痙攣が収まると同時に、絵美子は脱力していきました。

体を離すとシーツにまで精子が流れていて最悪な状態です。

慌ててティッシュで精子を拭きましたが、絵美子はその間もグッタリしてました。

ついでにマンコも見ましたが、割れ目周辺には泡だった汁がベットリついてました。

一応それもティッシュで拭いてあげて、何も言わずに添い寝しました。

セックスが終わると頭がグラグラしてきて、無意識にそのまま寝てしまいました。

絵美子はどうだったかは分かりませんが、朝目覚めると隣で静かな寝息を立ててました。

あのまま2人して力尽きて寝てしまったようです。

起きてから事の重大さに気が付き、頭を抱えそうな勢いでした。

だって相手は上司だし10歳の年上だし、しかもバツイチだし。

やべぇ~なぁ~と思いながらシャワーを浴び、出てくると絵美子はいませんでした。

これにはかなりビックリして、速攻で服を着て外に出て探したぐらい焦りました。

絵美子の姿は無く、部屋には痕跡さえない状態でした。

土曜日だったので最悪な気分のまま週末を過ごし、月曜の出社は史上最悪な気分でした。

絵美子に会った時、自分でも分かるほどキョドりながら挨拶をした記憶があります。

それは絵美子も同じで

『あっ・・おはよう・・』

とすぐに目線を反らしてましたし。

探り探りでしたが、何事も無かったかのようにしようとしている感出まくりです。

だから俺も忘れようとして、無理やり普段通りに過ごしました。

やっと普通に過ごせそうな感じになり始めた2週間後、またもやあの接待がありました。

絵美子も気を使ったんだと思います。

俺に

『他の人行かせようか』

と言ってきました。

でも明らかに俺のミスなので俺が行かないと駄目です。

しかも相手は絵美子に会えるのを楽しみにしている。

今までにないぐらい気まずい雰囲気の中、2人でまた接待に向かいました。

そしてやっぱり飲まされました。

絵美子は前回の事を警戒しているのか、慎重な飲み方でした。

だから当然矛先は俺へとなり、またしても泥酔という情けなさです。

ただ前回よりも記憶はありました。

絵美子に抱き抱えられてタクシーに乗り込んだ時

『一人で平気よね?大丈夫よね?』

とかなりしつこく質問されたんです。

どうやら送るのを躊躇っていたのか嫌がっていたのか。

『あぁ~~』

とか

『うぅ~~』

とかわざと答えていると、絵美子は同乗してくれた。

記憶は飛び飛びだが、うちに到着した時に、絵美子は玄関先で帰ろうとしたんです。

俺は玄関先でヘタリ込み、

『風邪引くから、中に入りなさいよ?』

みたいな感じです。

グラグラ回る頭で

『気にしてて中に入らないんだなぁ』

と思ってました。

というわけでまたもやわざとその場に寝て、絵美子を部屋に入れました。

いきなり両腕を掴まれて、バンザイする感じで引っ張られたんです。

さすがにこれは痛いし、というか引っ張れるわけもありません。

やっぱり肩を貸すしかないと分からせてやりましたw

この時点で、まだ意識は朦朧。

エロい事を考えながらも、体は思うように動きません。

絵美子に手伝われて部屋の中に入り、ベッドへと運ばれました。

ここがチャンスだ!そう思いました。

わざと体勢を崩し、絵美子もろともベッドへ倒れ込みました。

俺が下で絵美子に抱き付きながらバタン!という感じです。

「キャッ!」

という小さくて短い悲鳴の後、

「ちょっと?大丈夫?ちょっと??」

と俺から離れようとしながら声をかけてきてました。

でも俺は手を離さずそのまま抱き付いて次の行動を考えていました。

しばらくもがいていた絵美子でしたが、次第に諦めていったようです。

力が抜けていって脱力していきました。

そして俺に抱き締められるがままになり、抵抗は全くなくなりました。

そのまま5分以上はそうしてたかと思います。

どうしようと悩んだ挙句、結局何も思い浮かばなかった俺は強硬手段を取りました。

グルリと一気に体勢を入れ替えると、上に乗ってすぐに首筋へと吸いつきました。

当たり前ですがそうなると少し強めの抵抗が始りました。

ただ強引にキスをすると、少し抵抗が弱くなった気がします。

そのままなし崩しになっていきました。

キスをしても舌を受け入れようとはせず、私自身には積極性が無いというアピールを続けているような態度でしたが、でも嫌がって俺を跳ね除けようとはしませんでした。

胸を揉み、舌をねじ込み、パンストの上からアソコを触ると、少し嫌がるように腰を引きました。

でも強引に触っていると力も抜け、あとはもう横を向いて静かにしていました。

まあパンストとパンツを逃せる時は、1番の抵抗を見せたかもしれません。

強引に脱がせて、頭を押さえられましたが、強引にクンニをしてやりましたw

抵抗なんてほんの少し。

初めこそ汚いマンコを舐められる恥ずかしさの方が強かったんだと思う。

でも途中からは気持ち良さに負けて、悶えまくりの声出まくりでした。

俺も酔っ払っていましたが、絵美子も酔っていたんだと思います。

途中からは声出すぎで、シラフになるほどうるさかったです。

しかもまたもや我慢の限界になり、生挿入しちゃってガムシャラに腰を振っちゃったんです。

前回と同じように悶えまくり~の、喘ぎまくり~の、ラストは正上位からの激しい腰振りにあい、中出し寸前で腹の上に発射w

今度は酔いに勝てなかったので、そのまま精子まみれで爆睡しちゃいました。

起きた時の最悪な状況ったらありません。

でも今回は俺の方が早く目が覚めたので、半裸で寝てる絵美子にムラムラし始め、唾つけて勝手に入れちゃいました。

途中で目を覚ました絵美子は、もう普通にセックスを楽しんでました。

ただ名器過ぎるので、気持ち良さに負けて腰振りペースを乱すと早漏君になります。

このペースを掴むまでに何度セックスした事かw

土曜の朝だった為、昼近くまで今度は互いに全裸になってセックスに励んでました。

バックで挿入中に意地悪で聞いてみたんですが、絵美子はセックス自体がもう数年ぶりで、自分でも認めるほど性欲が強いらしい。

俺のチンコサイズを初めて経験した日、ヤバいと思ったそうです。

気持ち良すぎると。

昔初めてセックスの良さを教えてくれた男を思い出したそうです。

数回目のピロートークで、初めて絵美子の過去を知りました。

離婚した原因は「セックスレス」。

なのに旦那の浮気が発覚…相手は10代のキャバ嬢w

怒りが限界に達して離婚したが、性欲は増すばかりの日々だったらしい。

元々お嬢育ちのくせに、なんと経験人数は20人以上みたい。

その原因は大学生時代にセックスの良さを教えられた40代の不倫相手。

頭が狂うほどの快楽を知り、昔のカップル喫茶で複数プレイもしたんだって。

その後別れてから同じサークルだけど他大学の同級生3人と経験。

みんな下手過ぎて、出会い系にて30代~40代の男達と不倫しまくり。

まぁ見た目はバリバリのキャリアウーマン系のくせに、実は好き者ビッチだったというオチw

フェラも格別だったし、今までこんなに濃厚なセックスをした経験も無かったです。

しかも職場では互いに知らん顔してるわけだから、軽い変態プレーみたいなノリでした。

2年半ぐらいした辺りで、俺に彼女ができ、続いて絵美子にも彼氏ができ、次第にフェードアウトしていきました。

いまだにあの頃の思い出は格別で、嫁さんにも絶対バレないようハメ撮り動画&画像は隠しています。

用心には用心をして、複数のコピーまで作っちゃってw


PAGE TOP