私の上にまたがり腰をグリグリ押し当てて感じまくる奥さんw 【エロ体験告白】

「性」というものに対して、次第に疎遠になっている自分に気が付く。
休みのたびに、TCやヘルスに行くのがバカらしく思えてきた。
(どちらもとっくに引退しているが)

それは肉体の衰えから来るものなのだろうか?
いや、日頃の節制のおかげからか、少なくとも体力は20歳のころと
さして変わらない。

ならば、精神的なものによるのか?
そうかもしれない。
SWやテレ特とのセックスに対して、わくわくドキドキしなくなったのは
確かだ。

最近は、有酸素運動やヨガのポーズ、ミニ断食、粗食、それなりのウェイトトレーニング
こういったものに、よりいっそうの興味がでてきた。

アーチのポーズを知っているだろうか?
あっさりと言ってしまえばブリッジなのだが、体の固い人はまずできない。
正確にいうと、10代ならストレッチをやっていなくても、難なくできるだろうが
25歳を過ぎ、30歳を過ぎるともう駄目だ。

肩や腰がカチンカチンになっており、とてもできないはずだ。
しかし、地道に努力していれば、必ずできるようになる。
1時間程度、軽く走り、ゆったりと風呂に入る。最後は冷たい水を浴び
そしてストレッチ。
アーチのポーズをやったあとは実に爽快だ。
そのまま30分ほど仮眠すれば、疲れも吹き飛んでしまう。

しかし、運命とは皮肉なもので、
性から遠ざかりつつある私の前にある女が現れた。

私は、福岡市の某所に引っ越しをした。
ご近所に引っ越しの挨拶回りをしていたときのこと。
ある家のチャイムを鳴らした。

20代半ばくらいのきれいな奥さんらしき人がでてきた。
リスのようなはっきりとした目、分厚い唇。ぬけるように白い肌。
いかにも好きそうな顔立ち
Dカップはあるであろう乳房。くびれたウェスト
ほんの少しだけ出ている下腹。筋肉質なふくらはぎ。。。

気を取り直し、
「このたび、同じマンションに越してきました服部です。」

少しだけの会話でわかったのは、旦那が大阪に単身赴任しているということ。
子供がいないということ、専業主婦をやっていることなどがわかった。

(子供がいないのに、単身赴任とは、、、、
もしかして、冷めた関係なのかな。
ということは、、、、、、、ヒッヒッヒッ!!!)

数日後、近くのスーパーで彼女と会った。
ご近所の目を気にしながら、少しだけ話した。
やはり、何かと「たまっている」ようだ。
精神的にも、肉体的にも。。。。。

彼女とスーパーで出会ってから、私は彼女とのファックをイメージして
オナニーすることが多くなった。

(もう我慢できない。どうせ彼女は一人暮らしなのだ。
もしかして、私の押しに合意するかもしれないし、レイプになったとしても
最後に脅しをかければ、なんとかなるだろう。。。。)

ひそかに有給休暇をとった私は、いつものように会社に行くふりをして家を出た。
しばらく、適当に時間をつぶし、ケーキを二つ買い、10時にマンションに戻った。
家に戻ると、30分間に渡り、上半身や腹の筋肉をパンプアップさせるべく
ビルダーがコンテスト直前にやるようなことを淡々とこなしていった。

上半身を鏡にうつすと、真っ赤に充血していた。
血管もプリプリ状態だ。
体脂肪率は、7から8%程度なので、腹筋もくっきりとわかれている。

軽くシャワーを浴び、仮性包茎のペニスの皮を剥き
恥垢をきれいに取り除き、小さめのTシャツとGパンに着替えた。

「ふううううう」

大きな深呼吸をしたあと、私は彼女の家のチャイムを鳴らした。

彼女は大変驚いていた。
「いやああ、今日、休みをとって暇でしてね。
ケーキがあるんですよ。よかったら一緒に食べませんか?」

スーパーで一度話をしてるので、さして警戒するでもなく
私を中に入れてくれた。
もしかしたら、「確信犯」なのかもしれない。

白いポロシャツから、ブルーのブラジャーが透けてみえた。

はああああああ、たまらん。。。。。。

下は、、、、、ひざが見える程度のスカートに生足だ。
白く、適度な太さで筋肉質。。。。

早くも少し半熟になってきた。

「服部さんって、ガッチリしてますね。何かされてるのですか?」
彼女はコーヒーを飲みながらそう言った。

「空手は20年くらいですかね。合気道もやるようになりました。
でも、この体は、そういうので出来あがったものではなくて
ウェイトトレーニングによるものなのです。
あのブルース リーも、バーベルなどで普通に鍛えていたらしいですから。」

そういながら、私は腕を曲げ、上腕二頭筋の山を築いた。
そのあと、わざとらしく大きく息をして、大きな大胸筋を誇張した。
彼女の小鼻がピクピクとしているのを私は見逃さなかった。

(予想どおり、、、いけるかも。。。。)

「生活が苦しいので、ちょこちょこバイトをやってるのですが
いっそ、地方の総合格闘技大会にでも出ようかなあって。。。
金目当てに出場する喧嘩自慢のヤンキーなどもいるようだし。。

どんなに喧嘩が強くても、ボクシングや空手などをちゃんと習ってる奴には
負けますからね。スピードやテクニックが全然違うし。

ただ、格闘技を本格的にやってる奴に勝とうと思うと大変なのです。
だから、空手だけじゃあ駄目だなあって。
それで合気道もやるようになったのです。

学生時代、友人がある大学の合気道部の主将をやっていて
合気道部員相手に空手で挑んだのですが、まるで歯がたちませんでした。
当時すでに僕は段持ちだったのですが。。。

亡くなってしまったけど、合気道の開祖である植芝盛平翁の高弟子の一人
塩田剛三さんのビデオを見まして、、、すごいなあって。。

それで、総合格闘技を目指すなら合気道もかじっておこうかなあって。
僕は格闘技の世界では、体格も体力も恵まれた方じゃないですからね
テクニックが必要なのです。

ただ、、、、塩田氏いわく
「合気道にはきれいな心が必要だ」とおっしゃってましたから
僕はあまり強くなれないかもしれませんね(笑)

地方の総合格闘技大会で優勝し、ある程度の賞金をもらおうと思ったら
僕の場合、空手や合気道のほかに、寝技や関節技もしっかりと
マスターしたいから、なにかまたやりたいのですが、、、、
今のままじゃあ、とても優勝なんて無理だし。

アマレスは、いまいちのような気がするし、習う場所もないような。
サンボとかあればいいんですけどね(笑)

ふと気が付くと、私が一方的に格闘技論を展開していた。

「あ、すみません。つまんない話でしたね(笑)」

「あのう、ちょっとトイレを借りてもいいですか?」
私はトイレを借りた。

トイレの角に、ある箱がおいてあった。
当然、中を覗いた。

粘度の高い血液と、妙な固形物、そして数本の陰毛が付着していた。

それを見つけたとき、複雑な心境になった。

彼女の使用済みナプキンや陰毛を見ることができたのはよかったのだが、それは同時に彼女が生理中であることを意味していた。

ナプキンをにおいながら、シコシコと少しだけやってしまった。

実は、部屋に戻ったあとのことをあまり覚えていない。

使用済みナプキンを見たときから、私の正常な精神はどこかに飛んでいってしまったからだ。

我に戻ったとき、私は彼女の上に覆い被さり、ポロシャツやブラジャーをたくし上げ、大きな乳房にむしゃぶりつき片方の手は、スカートの中にあり、むっちりとした白い太ももをなで回していた。

ま、それから先のことは、いつものことだ。

最初は、「やめてえええええ、いやあああああああ」と拒んでいた奥さんも

「何、言ってんだよ。大きな声を出したら、あんたが恥ずかしい思いをするだけだぜ。

それに、口ではいやとかいいながら、こんなに濡れてるじゃねえか
ヒーーーーーーヒッヒッヒッ!!!」

私がそういいながら、357マグナム砲をプッシーにぶちこむと「あ、あああーーーーーん」と私にしがみついてきた。

予想どおり、かなりたまっていたようで、私の上にまたがりグリグリと腰を振りまくっていた。

経血が匂いが鼻をついたが、とにかくそそる奥さんだったのでひさしぶりに必死に突きまくった。

次第に射精感が高まってきた。

生理中に中出しというのは、安全なのかどうか知らないが(もう、どうなってもいい)と思ったので
最後は、マンコにドロリとした精液を放出した。

その後、二人でシャワーを浴び、浴室や部屋で夕方までドロドロとした淫靡なファックを繰り返した。

ま、なかなかおいしい奥さんだったので
あと数回ハメてもいいのだが、なにせ飽きっぽい私のこと。

しかも、冒頭に書いたように性に対して、興味が薄れていることを考えると、今後はあまり顔を合わせたくないものだ。。。

そう思った。


PAGE TOP