同じマンションの人妻さん【セックス体験談告白】

今のマンションに引っ越した時期が同じと言うこともあって知り合った人妻の可奈は32歳。
知り合ってから3年半経ち、遂に一線を超えちゃった。

一線を超える1ヶ月ほど前にグループで飲み会をした際に、夫婦の夜の話になったんだけど、
どうやら可奈は旦那さんとセックスレスとのことだった。
25で結婚して7年。
まだ32歳だったら、女としてしたいと思うのは、ごく自然なことだと思った。
「子供の予定は?」と聞くと、「主人の精子に異常があってできにくい」とのことで、
それが分かってから、旦那さんがレスに向かったとか。
不妊治療をして3年経つが、良い結果がでていないということだった。

そんな可奈は、酒も手伝って「不妊は仕方ないけど、抱いてくれないのは女として寂しい」と、
聞き捨てならないことを言った。

その飲み会から数日の間、可奈とメールのやり取りをして、ようやく口説けた。

場所は可奈の家。
同じマンション内ということでリスクはあったけれど、日中はあまり人も多くないし、
逆にいいだろうと言うことになった。

家に上がって、一緒にシャワーを浴びることにした。
互いの体を洗いあっていくうちに、ムスコは硬くなってしまい、その場で口でして貰った。

言い忘れてた。
可奈は150cm位で、肉付きもいい。
決してDではなく、胸はEカップ。
大きい割に垂れていなくて、乳首はいい具合にピンキーな茶色。
アソコの毛は手入れをしているらしく、立っている状態でも厭らしい割れ目が見えるほど薄かった。

さて、シャワー中は口ではいかないようにコントロールして攻守交代。
今度は私が可奈のアソコを弄る番だ。
指を這わすと既にねっとりとしていて、その指を可奈の目の前にやると
「だって感じちゃうから」と嬉しい言葉。

最初は足を閉じたままで指を滑らせていたけれど、可奈がMなのを知っていた私は、足を広げさせ、
身長と同じように小さなオマンコの中に指を入れた。
直ぐにムスコを入れたいくらいだったが、ここはガマン。
指での攻撃の後、「続きはベッドでしようよ」と言って、裸のままベッドへ。

可奈の寝室は、夫婦一緒じゃなかった。
うちが一緒だったせいもあるけれど、心の中で「寝室が別だと、そりゃセックスレスにもなるな」と
納得できた。

ベッドに入ったら遠慮はいらない。
事前にバスタオルを下半身のあたりに敷いておき、指と舌で可奈を責めた。
指と舌で2回イカセルことができた。
可奈はだいぶ感じてきている。
私もタワー型マンションの2○階で、真昼間から人妻を抱く。
しかも知り合い。
そして可奈の部屋というのが、より一層興奮をさせた。

そして、ゴムを装着して挿入。
可奈のオマンコは小さめで、締めつけも良かった。
遅漏気味の私も久し振りに気持ちよさが高まって最高だった。
可奈は上に乗るのが好きらしく、下から小さな可奈の大きな胸を眺めるのは、
なんだかロリっぽさもあって、興奮が収まらなかった。

私がイッた後は、更に指&舌攻めをして、もう一度可奈をイカせて終了。
11時くらいに可奈の家に入ったのに、時間は2時を回っていて、満足できたこともあり、
その後は遅めのランチを食べに、一緒に外出。

でも、ここでマンション住人に見付かっては、今までの苦労が台無し。
気分的にリスクがスリルに変わっていたけれど、待ち合わせ場所を決めて一人ずつ出ることにした。

ランチの時間が中途半端と言うこともあって客が少なかったので、
店内でも可奈の胸やスカートの中に手を入れて弄ったりした。
どうやら学生時代の彼が露出好きだったらしく、可奈は抵抗なく受け入れた。
ベッドでは写真を撮れなかったけど、店では何枚か写真を撮れたので、次回会うまでのオカズに
するつもり(笑)

長文を読んで下さり、ありがとうございました。


PAGE TOP