不倫という関係に興奮し、人妻のカラダに溺れてしまった私はもう後戻りできません【エロ体験】

私が不倫している相手というのが、

実は近所に住む家族ぐるみでお付き合いしている奥さんなのです。

その人は千夏さんといい、

私より3歳年上の36歳です。

千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。

[adrotate group=”1″]

小●校に通う娘の彩花と、

千夏さんの娘さんと仲が良く、

映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、

お互いの家にお泊りをしているうちに

家族ぐるみでお付き合いするようになりました。

そして、

夏休みに海に行こうということになったんです。

久しぶりに見た妻の真由子の水着姿にも興奮させられましたが、

千夏さんのビキニ姿も思わず見惚れるほどのナイスバディでした。

2人のお子さんを出産したのにあまりボディラインがくずれておらず、

貧乳な妻とは対象的な巨乳でした。
砂浜を走るたびに揺れるバストに釘付けになってしまい、

年甲斐もなくイチモツが大きくなってしまったほどでした。

朝からはしゃぎまくっていた子供たちは夕方前には遊び疲れたらしく、

夕食を前に寝てしまいました。

それで夕食は大人だけで楽しみましょうと、

急遽、宴会場をおさえてもらいお酒を飲みながら

会社やご近所さんたちの悪口を言ったりして、

かなりお酒が入りました。

一旦、お開きになり、酒に酔った妻を宴会場から部屋に連れていき、

私は酔いを醒まそうと、夜の海岸に行きました。

事件が起こったのは、その後でした。 

火照った頬を撫でる海風が気持ちよく、

都会では見られない星空に、

少しいい気分になっていると、

背後から話しかけられました。

振り向くと、浴衣姿の千夏さんがいて、

「もう少しいかがですか?」

と缶ビールを出しました。

旦那さんも酔いつぶれていびきをかいて寝てしまったので、

ふらっと出てきたら私を見付けたということでした。

昼間も夕食の時も妻の手前、

あまり見ることはできませんでしたが、

月明かりの下で見る千夏とても色っぽく、

髪をアップにしたうなじも、

少しはだけた浴衣からチラリと覗く艶かしい太もも、

赤くなった頬、すべてが魅力的でした。

とても、年上の女性とは思えない、

いえ女盛りの大人の女の魅力が溢れている人でした。

私は、そのセクシーで色っぽい千夏さんの体を見ているうちに、

昼間の時よりも、ムクムクとイチモツが大きくなっていくのを感じました。

それと比例するように、

心の奥底に眠っていたスケベ心がふつふつと沸き上がり、

辛抱たまらないという状態になっていました。

ふいに無言になった私を不審に思ったのか、

「どうしましたか?」

と気遣ってくれましたが、

私は隣りに座っていた千夏さんの肩を抱いて、

キスしてしまいました。

しばらくはビックリした様子で、

私の唇を受け止めていましたが、

千夏さんの口に舌を差し伸ばした瞬間、

我に返ったのか私の胸に手を当てて突き飛ばしました。

立ち上がって走り去ろうとする千夏さんの手首を掴むと、

「ごめん、でも、千夏さんのことがずっと…」

と言い、今度は抱き締めました。

千夏さんは「悪い冗談は止めて」

「酔ってるの?」

「私たち結婚しているのよ」

などと私を制止しようとしますが、

固く大きくなったイチモツを千夏さんの下腹部に押し付け

「千夏さんが欲しい」

と言って、再びキスをしました

最初は軽い抵抗をしましたが、

力強くギュっと抱き締めて強引に舌を差し入れると、

千夏さんは震える舌でそれに応えるように私の舌に吸い付いて、

絡めてきました。

私は豊満なお尻を撫でながら唇を強く押し当て、

舌で千夏さんの口内を愛撫しました。

すると、千夏さんも私を抱き締める力を強めてきました。

私たちはお互いの唇を、

舌を貪るように夢中で絡め合い、

唾液を交換し合いました。

私は攻めところと思い、

お尻を撫でながら浴衣の裾をめくろうとすると

「ここじゃいや。ここじゃ…」

と私の手を押さえて、俯き加減で言ってきました。

私はダメかとも思ったのですが、

千夏さんの手を取ると車に乗り、

少し離れたモーテルに移動しました。

車内は無言のままでしたが、

私たちはずっと手を握り合っていました。

 部屋に入ると、千夏さんは少し照れた様子を見せましたが、

手を引くと私の腕の中に身を寄せて、再び唇を重ねました。

優しく抱き締めると、耳やうなじに指を這わせ、

首筋にキスをしました。

そのまま浴衣の前をはだけようとすると、

「あ、で、でも…」

と戸惑いを見せましたが、

私は浴衣から露出した白いブラの谷間に顔を埋めて

ミルクのような甘い香りを胸いっぱいに吸い込みました。

「あぁ、千夏さん…」

ブラを押し上げると、

Fカップはありそうなおっぱいに私は年甲斐もなく、

まるで子供になったようにむしゃぶり付きました。

千夏さんのバストは、妻のそれとは比べものにならないくらい見事なもので、

陽に焼けて赤くなった肌と水着で覆われていた部分のコントラストがたまらなく、

そして子供2人を育てたと思えない小振りでピンク色の乳首が一層興奮させました。

千夏さんは乳首が感じるようで、

軽くつまみながら指先でこねてあげると、

体をヒクヒクさせながら艶やかな声を震わせます。

私は千夏さんの体にキスをしながら唇を下ろしていき、

へそやわき腹を舐め、しっとりと湿ったショーツの上から

一番敏感な部分に鼻を押し付けました。

深く吸い込むたびに、千夏さんから発散される甘酸っぱいような、

少し生臭いような、それでいて私を興奮させる香りが

鼻腔いっぱいに広がっていき、そのままイチモツへ伝えていきました。

私は千夏さんの香りや反応、

喘ぎに初体験の時のような、

異常なほどに興奮していました。

イチモツは完全にエレクトし、

先っぽからはガマン汁が溢れていました。

鼻を押し付けながらショーツの上から千夏さんの敏感なところに舌を這わせたり、

舌先で突付いたり、

時には指先でバイブレーションさせたりしました。

「ああ、恥ずかしい…。あ、あ、そ、そこ、あぁぁ、そこが、き、気持ち、いいい、あーっ!」

私の愛撫で感じた千夏さんの口からは、

清楚な顔立ちからは想像できないような

淫靡な喘ぎが発するようになってきました。

私は完全に千夏さんの前に跪き、

ショーツを下ろすと激しく貪りつきました。

ネトっと潤ったワレメを舌で小陰唇をこじ開けるように往復させ、

クリトリスに吸い付くように舐めました。

「あっ、ああぁ、感じちゃう…」

私は千夏さんの反応に合わせて、

過敏な反応を示した性感帯を強弱をつけて愛撫し続けました。

膣の中を指でかき回すと、

ジュブジュブと卑猥な音を出し、指の出し入れを続けると、

「だ、だめ、あ、で、出ちゃう、出ちゃうわ、あぁぁぁー!」

と絶叫しながら私の目の前で潮をふきました。

その瞬間、ガクンと膝を落し力なく崩れました。

千夏さんを抱き上げてベッドに運び、

股を開くと固く反り返ったイチモツを挿入させました。

エクスタシーの余韻に浸っていた千夏さんは、

一気に現実に引き戻されたようで、

髪を振り乱し、また激しく喘ぎ出しました。

千夏さんの膣の中は焼けるように熱く、

肉壁がサオに絡み付いてくるような感じでした。

すでに爆発寸前だった私には耐えられないくらいの名器です。

私はゆっくりと腰を動かして持たせようとしたのですが、

「もっと、激しく…奥まで、奥までお願い、もっと、もっと、あぁぁー!」

と私の腰を引き付けるので、

一気にスピードを上げていきました。

もう限界だ!というときに、

「いっちゃう、あ、あ、い、いっちゃう、また、いっちゃうのー」

と絶叫しながら体を仰け反らせるので、

それに合わせて私も射精させてしまいました。

それも情けないことに、イチモツを抜く余裕がなく、

そのまま千夏さんの膣内に出してしまいました。

しばらくの間、放心状態になっていましたが、

急に我に返り、急いでシャワーを浴びて旅館に戻りました。

幸い、私の妻も千夏さんの旦那さんも熟睡していたので、

バレてはいないようでした。

それ以来、私たちはお互いの家族の目を盗んでは愛し合う時間を持つようになり、

さらに深い関係になっていきました。

妻や娘には申し訳ないと思っていますが、

不倫という関係に興奮し、

千夏さんの体に溺れてしまった私には

もう後戻りできなくなってしまいました



PAGE TOP