客にトイレに連れ込まれ犯されました・・【セックス体験談】

私はバイト中に客にされました。某ファミリーレストランで深夜バイトしてるんですが、
とても暇な夜、帽子とマスクをした客が来ました。
たまに咳き込んでいたから風邪だと思ってたんです。
そしたらその人はトイレに行った後、私の所に来て、
「ペーパーがぐちゃぐちゃだから変えてくれませんか?」って言われたんです。
もう一人新人の子がいたから私は紙を変えに行きました。
その時、トイレのドアに「清掃中」のふだがかけてあったんです。
「おかしいな」と思いつつも後ではずそうとトイレに入りました。
確かに紙は水浸しでした。

その人が後ろで見ていたので、早く変えようと個室に入ったとき、
突然その人が入ってきて後ろから抱きつかれ、口にガムテープをはられた後、鍵を閉められました。

「いつも君を狙ってたんだよ、今は清掃中だから誰もこないよね?」
私はさっきふだをはずさなかったことを後悔しました。
「君、脚細いよね」その人は私の両手を便器に固定し、スカートをめくりあげました。
「んんっ!!んーーーーっ!!」どんなに叫ぼうとしても、声が出ません。
そんな私を楽しむように、ストッキングを脱がせ、ふとももの内側をなでさすってきました。

「うわーー、スベスベ。でも君、細身だからオッパイはちいさいかな?」
その人の手はふとももを離れ、胸をわしづかみにしてきました。
そのとたん、その人は「あれっ??あーーっ、結構あるじゃん!」と興奮し、
服の中に手を入れ、ブラをずらし、直接もんできました。
私は必死に抵抗しましたが、手を縛られ、声もだせないので、効果無しでした。
「あーーー・・・やわらけーー!いい乳してんじゃん」その人はめちゃくちゃにもんできます。
私は立ったまま前で手を縛られているので服の中をまさぐる手を防げませんでした。

その人はかなりの時間「おーー・・・いい・・やわらけー」と私の胸をもんでいましたが、
そのうちに上半身全体をなで回してきました。
「すっげーイイ肌してるね、どこもスベスベだよ」といい、服から手を抜きました。
「マジいいよ、犯させてね」といい、ついにパンティーを脱がされました。
「きれいなマンコだね」私はさんざんなめられ、「じゃあ・・入れるね」と、
先をつけられ、必死に抵抗したのに、「いくよ、紀子ちゃん」と、一気に奧まで入れられました。

「うあっっっ!!すっげぇ・・」といい、私の腰をつかむと、
「ほっせー腰だね、掴みやすいよ」と、激しく出し入れをしました。
「ああ・・・気持ちいい・・かわいい子はマンコもいいね・・」と、息を激しくし、
これでもかというほど突き込んできました。「んんっ!!・・んーーーーっ!!」私は呻くしかありません。
「ああーー気持ちいい!!あーーしまるしまるっ」その人のあまりの激しさに、
私の脚をつたって、液が床にしたたっていました。

「あああっっ!!!いくっ!中で出すよ!いくよっ!出すよ!!」
その人は私の奧にめいっぱい突き込むと同時に、私の中で果てました。
「あーー・・気持ちよかった・・・」私はすすり泣いていました。
犯されてしまったのです。
「紀子ちゃんも感じてたんだね、パンティーとブラジャーは記念にもらうね。また犯させてね」
そういうとその人は出ていきました。


PAGE TOP