彼のオチンチン握ってキス【セックス体験談告白】

当時、私にはアキラっていう彼氏がいたんだけど、アキラには仲の良い男友達のタカシっていうのもいて…。
でも、タカシとはエッチ話とかあんまりしない仲だったの。
もちろんタカシに好感は持ってたけど、アキラがいるし、好きとかではなかったかな。
それである日、連絡が入ったの。
「俺、タカシだけどさー。ヘルニア悪化して昨日入院しちゃったよ」
詳しく聞いたら、手術までしなきゃならないって。
とりあえず、その翌日にお見舞いに行くことになりました。
病院へ行ったら、タカシの容態は思ったより重そうだった。もう立つこともできなかった。
昨日は公衆電話から電話くれたのに。。 よくよく聞いたら、
「歩行器借りて、あやに電話しに行ったんだよ」って。
なんとなくジーンときちゃったというか。
タカシが私になんとなく好意を抱いているのは感じていたし、彼女も作らなかったタカシが私に一生懸命に電話くれたんだあと思ったら、なんとなく愛しくなっちゃって・・

その言葉を聞いてから、なんとなーく2人の間の空気が違ったというか。。

妙なギクシャク感があったなぁ。 でも私にはアキラがいたし、その日は私の後からアキラもお見舞いに来たりして(2人は友人)、もちろんだけど、私とタカシの間にはそれ以上のことは何も起こりませんでした。

そして、ちょくちょくお見舞いに行くことになり、 アキラがいない時にも私1人でお見舞いに行ったりしてたの。でもお見舞い行ってもベッド脇に座って話すのが精一杯。

カーテン引くのも変だしw、何もアヤシイことは起きませんでした。
ふとした拍子にベッドの上においた手を触れられたことはあったけど。。。

そして、そうこうするうちにタカシの手術日が決まりました。

手術は無事に成功。 痛みもだいぶ減ったようで、数日してようやくタカシも歩行器無しで、歩いてトイレまで行けるようになったの。

でもまだ足元がおぼつかないというか。 少しは不安もあったみたい。
その日、やはり1人でお見舞いに行った私にタカシが言いました。

「あのさ・・あや、悪いんだけど肩借りてもいい?」って。
私、思わず笑っちゃったよ。

だって彼は身長が185センチもあったし、私は160センチ。 どう考えたって私が肩貸してあげても、何の役にも立てないのがわかってたから(苦笑)

でも、パジャマ姿でアキラの前では決して見せない顔で甘えるタカシに、なぜか私も「うん、いいよ・・」なんて答えてしまいました。。

そして、私はタカシに肩を貸して(というよりタカシに抱かれて?)、2人で病院内の男子トイレに向かいました。

男子トイレは入院してた階にももちろんあったんだけど、彼があることを提案してきたの。

「あや、1階のトイレでもいいかな?エレベーターあるしそれなら俺も行けるから」って。 私は何でだろう?って不思議だった。

だって、術後の体でわざわざ大変な思いして1階まで下りていくなんて。。

理由を聞いても「気分転換したいから」って言うので、
私もそうなんだーって頷いて、2人で1階の男子トイレに向かいました。

入院してた階からエレベーターに乗り込むと、誰もいなくて。

時間は夜8時ちょっと前だったかな。 エレベーターのドアが閉まると同時に、私の肩に手を回してたタカシが私のほっぺに手をあてて上を向かせたの。

そして、そのままキスされました。

正直、少し驚いたけど、なんとなく私も予感してたような変な気持ちだった。

アキラに対しての罪悪感とタカシを愛しいと思う気持ちがメチャクチャになっちゃってね。。

でも、エレベーターの中ではそれ以上のことはされず(タカシも体勢が不安定だったのかな) 私たちは何も言わないまま男子トイレに向かいました。

タカシと一緒に誰もいない男子トイレに入ると、タカシがすぐに電気を消しました。

「何で1階にしたか、わかる?ここだとあんまり看護婦さんが回ってこないんだ」
そういうことだったんだ・・・って思ったら、私もなんだかドキドキしてきました。

私は「こっち行こう」って促されるまま、タカシと一緒に暗闇の中、トイレの個室に入りました。 タカシは座ることはまだできなくて、立ったまま私にディープキス。。

舌を入れながら何回も「あや・・してくれる?」って言われて、
すごく不安でドキドキしたけど、私もだんだんとその気になっちゃって。。

多分、タカシがシャワー浴びた後だったから、それも気分的によかったのかも。髪からもシャンプーの香りがしてたし、あんまり不潔とかいう感じがしなかったな。

私はキスしながら「うん、いいよ」ってうなずいて、立ったままタカシのパジャマの下を脱がせてあげたの。

それで、彼のパジャマのズボンを下ろしてオチンチンを握ってみたの。
そしたらずっとガマンしてたみたいで、すごく温かくて硬かった。。

先っぽ触ったら、すでにガマン汁も出てるし。。

私もアキラのことを想像したら、罪悪感から余計に興奮してきちゃって、そのまま、タカシのオチンチンをゆっくりシコシコしたりしちゃいました・・。

「うぅぅ、、マジで気持ちいい・・」って彼が言ったとき、ガチャッて音がしたの!

心臓が飛び出るかと思って、彼のオチンチン握ってキスしたまま静かにしてたらなんとトイレの電気までついてしまって。。

すると「誰かいますか?」っておばさん看護婦さんの声がした。

個室のドアは閉めてあるし、タカシは慌てて「あ、いますいます!」と叫びました。

私はなんだかイタズラしたい気分になってきて(個室のカギは閉まってたし安心しちゃって)、 彼のオチンチンをそのままこすり続けました。

看護婦さんは怪しげに「電気、どうしたの?」と聞き、
彼は「うっ、あの・・腰痛くて電気つける余裕なくて・・」とか言ってたな。

明らかにタカシの声は変だったしw、でも私の手をやめさせようともしないから、私はタカシと個室に隠れたまま彼のオチンチンをシコシコし続けました。

看護婦さんは「電気つけておくからね」と言ってトイレを出て行き、私たちはまたトイレで2人きり。でも今度は電気がついちゃってて。。

私は恥ずかしかったけど、そのままタカシのオチンチンを彼のガマン汁で先っぽだけヌルヌルさせながらこすりつづけてあげたの。

何度も舌を出したり入れたりしながらキスして、 オチンチンをこすり続けてたら、タカシが「そのまましてたら、イクよっ」って小声で叫んで・・。

私はそのまま出されても困るし、、とりあえず中腰になってフェラしてあげました。

私も病院の個室トイレで、彼氏の友達にフェラしてあげてる自分に興奮しちゃって、自分も上半身の服を前だけ脱いで、タカシに上のほうからオッパイ揉まれて・・・。

そして、ついにタカシは私の口の中に出したのでした。

帰りは面会時間が本当に終わってたので、裏口から出て、肩くらいの高さの柵?みたいなのを乗り越えて帰りました。


PAGE TOP