デパ地下の巨乳店員とのエッチな体験【セックス体験談】

デパ地下に、背が低くて巨乳の販売員がいる。

ずっといいなぁと思って、色々話しまくって仲良くなって

ようやく、飲みに誘うことに成功

社員出口で待ってたら、私服で巨乳の○代が出てきた

ブラウスから乳が飛び出してる。

でかい、制服も結構でかいと思ったが、

私服だともっとでかく感じる。

ブラウスから透けてブラのレースが見える。

二人で居酒屋へ向かうと、すれ違う男共の目線が○代の胸を見てる。

居酒屋の個室に入り、二人で飲み始め○代が頭を下げるたび

胸の谷間が目に飛び込んでくる。

も・揉みたい、乳に挟まれてみたい。

巨乳にザー汁をかけたい。

段々酔いが廻り始めたのか、俺が胸を見てると

○代が、「○○さん私の胸ずっと見てたでしょ。」

「えっ~だって男だったら見ちゃうよ」

「そうなの、昔からずっと見られちゃって、いやだったの・・・でも、今は、あまり気にしないことにしたの」

「いつごろから?」

「中学校ごろから急に大きくなって、それからずっと男の子たちが、いつもからかってきて、すごく嫌ででも初めての彼が、すごくやさしくて、それからあまり気にしなくなったの、もう別れちゃったけどね」

「へぇそうなんだぁ」

居酒屋の個室は、掘りごたつ

○代の足にわざと足を当てて、「あっごめん」

と言いながらも足をずっと触れた状態

○代は足をはずすことなく、ずっと触れたままでいた。

脈ありかなと思って、お酒をチャンポンで飲ませまくり

○代の足に当てたままの足を上下に動かすと

○代の目が虚ろ、太ももの間まで上げた足を奥へ入れると

俺の足を両手で押さえながら「ダメ、感じちゃう」

足に温かみも感じながら「ねぇお店出ようか?」

小さくうなずく

完全に酔いが廻ったのか、俺に寄りかかりながら飲み屋街を歩き

タクシーを拾ってホテルへ

部屋を選び、俺に寄りかかったままエレベーターに乗り、部屋へ

部屋へ入るなり○代を抱えベッドへ運ぶ

ベッドへ下ろすやブラウスの弾けそうなボタンをはずすと

目の前に大きな胸を包み込んでるブラ

胸がドキドキしながらブラに手をかけ

背中に手を回しホックを外そうとすると

「待って」目を覚ました○代が言うと手を俺に回してきて

キスをしてきたが、胸が当たる。

しばらく抱き合ったままキス

○代をベッドにゆっくり寝かせようとすると

「お風呂、 入っていい?」風呂場へ

服を脱ぎ電気を消して風呂へ入る○代

入ったのを見て後から入ると

俺も入ると、「えっダメ恥ずかしい」

「いいじゃん、○代ちゃん綺麗だから、一緒に入りたくて」構わず、湯船に入る。

○代の後ろから抱き手で覆えないぐらいの胸を揉む

「あっぁん」

乳首を指で摘み弾くと体をビクつかせながら感じてる

お湯に揺らめく陰毛、股間へと手を伸ばし花弁へ指を這わせると

「いや、あぁんダメ」

クリを弄りながら、指を花弁の中へと挿入

体を大きく反らし湯船が波打ち溢れる。

○代が急に振り向きキスをしてきた。

二人抱き合い、胸を揉み股間へと手を這わせ

広げた足を抱えマムコを勃起したチムポを擦り付け

濡れたマムコへ挿入

風呂の中で暴れる○代

足を抱えたまま抱き寄せピストン運動

目の前で巨乳が上下に揺れる

巨乳にしゃぶりつきながら、一気に発射

マムコから抜きザー汁がお風呂の中を漂う

洗い場に出てマットに寝せてローションを○代へ塗りたくる

巨乳にローションたっぷり塗り弄ると、乳首が立ち悶え声をあげた

足を広げ股間へ顔を埋めマムコを舐めまわす。

クリを舌で転がしながら指で掻き回すと一気に潮を噴き上げた。

足をピンと伸ばした状態で、体をビクビクしながら痙攣

マットが潮と蜜とローションで溢れすべりまくり

痙攣が治まらない○代のマムコへ息子を挿入

敏感に感じ声を上げ俺の背中に爪を立てて一気に

チムポを咥え込んだまま潮を噴き上げ絶頂

意識の無い○代の体を洗い、意識を取り戻した。

お風呂から出て、一緒にベッドへ

仰向けに寝ても盛り上がったお椀型の胸

一日中体を舐めまくり胸を揉みまくりピストン運動

寝たのは、5時

すぐ起きてまた朝からセクロス12時まで楽しんで帰った


PAGE TOP