ロストバージンからセフレへ 【エロ体験告白】

俺(既婚)には現在23歳、150cm、中肉、DカップのT子というセフレがいます。

T子はつい先日まで「処女」だった子で、処女であることうっかりカミングアウトしてしまい、俺の口車で俺に処女を捧げた子です。

脱処女まで

「彼氏以外とはHしません!」

「そんな子の気がしれない!」

「Hは大事な人でなきゃ!」

とお堅い子でした。

そんな話をしているので、これは持ってき方次第で、、、

と淡い期待を持ちながら、少しずつ

「その歳で処女は恥ずかしい」

「知らないのはもったいない」

「人生変わるよ」

なんてうまいこと言いながらその気にさせていきました。

そして、うまいこといってT子の処女を頂きました。

脱処女はとても痛がっており、思ってたよりHに対して感触は良くなかったようです。

その後は興味がなくなってダメかな?と思ってた数日後

T「俺さん・・・次はいつHできますか?」

少し驚きましたが、どうやら「痛い経験」だけでは嫌だったようで

もしかしたら2回目は違うのでは?と彼女なりに考えたようでした。

それから数日後2回目ということで会いました。

T「あの、、、ありがとうございます、えっと、痛くしないでください」

と恥ずかしそうに言うのが可愛く見え、俺の欲望に火がつきました。

軽くキスをしてDをすると

T「んん、、、あ」

俺「どうしたの?」

T「あれから、色々調べてたんですけど、あの、、、入れる前は気持ち良くて、その、ずっと自分でしたりしてる内に敏感になって、、、」

俺「そっか、自分で勉強してきたんだね」

Dキスを少し激しくするとTの力が抜けていくのがわかりました。

T「ん、俺さん、、、胸も触ってください、、、強めが気持ちいです、、、あ」

Tはオナニーをしている内にHな心が芽生えてしまったようで自分からポイントを指定してきます。

Tの上着、キャミを脱がすとレースのついたピンクのブラ。

T「今日の為に新調したんです、、、見てください、んん」

Dカップの胸は小さめのカップのブラで谷間を強調するタイプでした。

すぐ取るのはマナー違反だと思ったので、隙間から乳首を攻めにいきました。

T「あ、気持ちいい、はぁはぁ、もっと強くいじってください、はぁあ、あ、」

(がっつりM?)と思ったので強めにいじりながら、ブラを外して後ろから揉む形に

胸は俺の手にぴったりのサイズで乳首を撮みながら上下に振ってやりました。

T「あん!いや!それだめです!あ!あ!」

あえて座らずに立ながら攻めてたので、前に周りパンツを下げました。

ショーツもブラとお揃い。

薄いピンクで秘部の部分は透けていて、剛毛を強調してました。

T「透け透けで嫌らしいですよね、、、でもHな下着なんで買っちゃいました」

俺はそのままスケスケの部分を舐めました。

俺の唾液で濡れていき、更に透けて丸見えな陰毛達。

俺「こんなH下着つけて、、、TもHな子だ、お仕置きだな!」

T「はい!ダメなんです、もう!はい、たくさんいじめてください!」

Tは完全にM体質に目覚めていました。オナニーをして内に開花したようです。

それからTの足を少し開かせて、ショーツの上から秘部をなぞりました。

秘部はもうビショビショでアソコの部分もフロント部分と同じくスケスケの素材。

秘部は愛液と俺の唾液でネットリとやらしい感じに。

T「あ!あ!あ!力が、、、座ってもいいですか?ん!ん!ん!」

俺「だぁめ!もっと濡れるまでダメだよ!」

ショーツを脱がして、壁に手をつかせて俺が壁に挟まるよう立たせました。

そして、秘部の穴の周りを回しながら触り、舌でクリを舐めまわしました。

T「そんな、、、はずかしいん!あん!だめだめ!あ!そこ!あ!あ!あ!」

愛液まみれの秘部、、、穴の入口で焦らしているとTは

T「だめです!あ!逝ってもいいですか?あ!あ!あ!いく!いく!」

そこで俺は寸止めしました。

T「え!?やだ、して!して!止めないで!して!もっとしてください!」

俺「すぐ逝っちゃダメだよ!我慢してね」

それから今度は指を秘部に挿入しながら、クリを舐めてあげると

T「あー!気持ちいい!そうです!あ!そこ!強めに!あ!あ!あ!」

Tのポイントは「クリ」「Gスポット」自分から言ってくるのでとてもわかり易い。

Tの足が痙攣し始めました。

T「だめ!あ!あ!もう力が!逝ってもいいですか?もう我慢できない!あ!あ!あ!いく!いく!いく!あー!」

一瞬で逝ったTはその場に倒れ、全身痙攣してました。

(もしかして、1回逝ったらダメなタイプかな?)

と思いながら、Tをベッドに乗せました。

そして、自分もパンツ1枚になり、Tの乳首を舐めてみると

T「あ!いや、あ!あ!あ!あ!」

何回も逝けるタイプでした。

Tに自分で足を持たせてM字に開かせました。

そして、また指を入れながらクリを舐めてみると

T「それが気持ちいい!あ!いい!上の方!あ!あ!」

それからTは2回昇天しました。

T「はぁはぁ死んじゃいます、、、でも気持ち良すぎる、、、今度は私の番です」

と最初は見ることもできなかった俺の息子に手を掛けて、パンツを脱がして口に入れました。

フェラだけだと通算10回目くらいだったので、だいぶ上達してました。

T「毎日練習してたんですよ!同じ大きさのもので!」

俺「オナニーしながらでしょ?」

T「はい、、、」

口を上下させて手を休めることなく、玉をいじったり、竿をズリながら玉舐めと、教えた通りに上達してました。

気持ち良すぎて俺が逝かされそうになったので、主導権を握らせるわけにいかないので

俺「うまくなったね、そしたら入れようか」

T「はい、、、こわいな、、、また痛いのかな?」

前回はゴムをつけている間に急速に秘部の濡れが乾いていたので

(処女が故か、恐怖が先行しまった為)

今回はクリを舐めながら自分で装着しました。

俺「大丈夫!こんなに濡れてるから」

と少しずつ入れていくと

T「痛っ!あん!いた、、、あん!」

いきなり全部は無理と判断したので、入口付近で少し動かすことにしました。

T「あ!はぁはぁ、あ!あ!気持ちいい、、、あ!あ!あ!あ!」

痛がることなく気持ちよくなっていたT。

大丈夫かなと思い、少しずつ入れていきました。

T「あ!入ってる?あ!気持ちいい!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!」

俺「痛くない?大丈夫?」

T「はい!気持ちいいです!動いてください!あ!あ!あ!あ!」

Tはまだ足に力が入っていて、奥まで行けなかったので、手で膝を押して開脚させて奥まで入れました。

T「暖かい!んん!気持ちいい!気持ちいい!気持ちいい!もっと入れてください!あん!あん!あん!」

Tの中はまだ締りが良く、膣の締め付けも良かった。

入口から奥まで大きくピストンしてあげると

T「あ!それは、、、あ!あん!あん!逝く!あ!逝く!」

Tは挿入後すぐに逝ってしまいました。

昇天後すぐ動いてもすぐ感じ始めるTは完全にHモード。

俺もあまりの締めつけて逝きそうになって

俺「俺も逝くよ!出すよ!」

T「ダメ!出さないで!出さないで!」

俺「あれ?そんなに気持ちいいの?」

逝きそうだった気持ちを少し落ち着かせて、ゆっくりピストン。

T「だめ!気持ちいい!はぁはぁ!あ!あ!」

一旦は落ち着いたものの、締め付けが良すぎてやっぱり我慢できず。

俺「だめだ、逝くよ!逝くよ!」

T「だめ!だめ!もっと!もっと!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!」

ゴムをしてたから挿入しながらフィニッシュ。

T「やっぱり2回目は気持ちいいんですね!ヤバイヤバイ!」

俺「うん、Hは気持ちいいものとわかってくれて良かった!俺も気持ち良かったよ!」

T「ホントですか?やった!」

とそんな話しながら帰路について、彼女を家に送っていくと、別れ際に

T「今日はありがとうございました。んと、、、またしてください!じゃ!」

と別れていったT。

Tは完全にHにハマリました!

明日またTと会います!

がどうやら生理らしいのですがk

T「ちょっと試したいことがあるので、、、気持ち良くしてあげますね!」

恐らくフェラの上達ぶりが見れそうです!

明日が楽しみです!


PAGE TOP