10代のヤンキー少女達に殴られながらオナニーwww【セックス体験談告白】

夜中の繁華街ってよくお店の前に
ヤンキーな中~高校生がよくたむろしてますよね?

そのときは、10人前後のヤンキー娘がいたんです。

不良の男は無し、少女達だけのグループです。

深夜といっても繁華街ですので、そこそこ人通りがあるのですが、
意を決してそのグループから車2台分の距離のところで、
なるべく他の歩行者には見えないような形で(全然ばればれでしょうけど)
ズボンとパンツを一気に下ろし、かる~くしこしこしてました。

2~3分は気づいてくれませんでしたが、すぐに一人が気づき、

「おい!あれ見ろよ~!」

「やべ~な、」
とか

「なにしてんだ?こら!」

「ぶっころされて~のか?!」

などといわれ、構わずしこしこしていたら、

案の定、そのうちの5~6人が

「こっちこい!こら!」

などと言いながら、ゆっくりとこちらへ歩み寄ってきます。

完全に計画通りです。

私は、ズボンをあげ、小走りに逃げます。

(あくまでも若い女の子でも追いつけるぐらいの速さで。)

裏の人通りのない、デパートの裏のようなところで止まり、
わざと捕まります。

当然、ぼろくそ言われます。

「この変態野郎!」

とか

「きもいんだよ!かね出せよ!」

とか、そして待っていた言葉を言われました。

「さっきみたいにやってみろよ!」

内心、よし!と思いながら、下着まで一気に下ろします。
さっきと違い、今度はシャツも上まで捲り上げます。

ほとんど裸です。

この時点で、ティムポはギンギンです。

このヤンキー娘たちは顔がめちゃめちゃかわいかったです。
ズボンを下ろした瞬間、ヤンキー娘たちはティムポから目が離せなくなっています。
まじまじと興味深そうにティムポを見ながら、

「早くやってみろ!」

とかゆってきます。

私は言われたとおりしこしこして、
一番その中でかわいい娘を見ながら、オナりました。

ヤンキー娘たちは、目は真剣に私のギンギンティムポを見ながら、

「きも~い。」

とか

「変態だよ、こいつ。」

などと言っています。

ちょっと、蹴られたり殴られたりもしましたが、大して痛くないです。
間もなくして、物凄い快感とともに発射しました。
ヤンキー娘たちは、一瞬あっけに取られたのか、
ポカ~ンとしていましたが、すぐに口々に

「きったね~。何出してんだよ!」

とか言っています。
私は、持っていたティッシュでティムポの先をふき取ります。

また、

「うわ!ふいてるよ。」

とか罵倒してきます。

しこしこし始める前は蹴られたり、
服を引っ張られたりしていましたが、
しこりはじめると汚いのか怖いのかただ見ているだけでした。

しかし、発射しおわるとまた手や足が出てきます。
かなりの快感ですがイッタ後なのでもうどうでもよくなり

「かね出せ。」

とかゆってきて、そろそろカツアゲされそうだったので、もうダッシュで逃げました。
少し、追いかけられましたが、小娘の足に負ける訳はありません。
かるく振り切り家に帰りました。

かなりのスリルと興奮が得られた数少ない成功例です。
こんなにまんまと上手くいくとは思いませんでした。
やはり、ヤンキー娘は

「きゃー。」

とか言って逃げないからイイです。
加えて、

「変態野朗!近づくんじゃねぇ!」

とか

「ちっちぇー。」

「きったね~。」

とか色々ゆってくれるから最高です。
結構、興味津々な娘が多いような気もします。

一度、仲間の男(無茶やりそうな族風)達が
集まってきてしまったこともあり、やばかったです。





PAGE TOP